振替店の意味とは?風俗客が激怒で99%ブチ切れる理由を解説してみた!

 記事のURLとタイトルをコピーする

「風俗で指名したら全然ちがう女の子がやってきた!」というような男性のお話をきいたことありませんか?!それは、振替店という派遣系によくあるお店かもしれません。

女性のナイトワーカーには一見関係ない…ようなお話ですが、出稼ぎ先に行ったお店がもし振替店だったら?!今度面接が決まっているお店がもし…と考えると少し怖いですよね。

この記事では

・振替店ってどんなお店か?
・振替店の特徴や嫌われる理由

について解説していきたいと思います。

振替店の意味とは

同じ女

まず、振替店がどのようなことをしているか?ということをお伝えします。結論的にいえば、「どんなお店でどんな女の子を指名してもお同じ女の子を派遣する」といった詐欺まがいのお店です。

例えば、A店に

身長:160cm
バストサイズ:Eカップ
年齢:20歳
プロフィール:黒髪ロングで、涙袋メイクが可愛らしいヤセ巨乳の女子大生

という女の子プロフィールを掲載します。そしてB店に

身長:168m
バストサイズ:Dカップ
年齢:25歳
プロフィール:爽やかな細身の意識高い系会社員

といったプロフィールを掲載しているとします。A店の女の子もB店の女の子もタレントやモデル顔負けの抜群のルックスです。しかし、いざ男性客が対面したのは…

・推定年齢:35歳前後
・体型:ブヨブヨ
・バスト:Bカップ

だとしたらどうでしょうか?それは、「詐欺にあった!」「呼んだ女の子とぜんぜん違う!」とお客さんは衝撃を受けますよね。

お店に電話しても「パネル写真は加工していますので…」という説明。

お店側は集客力もないため色んなホームページを作りあたかも違うお店のような顔をしているけども実在するのは一店舗のみ。それが、振替店の実態なのです。

振替店の6つのデメリット

振替の罠

「ちゃんと働いて稼ぎたい!」と覚悟を決めている女の子にとっては、振替店は百害あって一利なし!振替店の数あるデメリットを紹介していきます。

お客さんの怒りをマトモに受ける

お店側は電話応対を行うだけで、現場にはドライバーが付き添います。いざ、玄関のドアを開けるのはキャストです。「指名した女の子と違う!」「ちょっとお店に確認してみてくれないか?」など実際に対面して応対するのも女の子の仕事。

時には罵声を浴びさせられたり、こころが傷つくような言葉を浴びせられることもあるかもしれません。そんなお店で働いてみたいと…本当に思いますか?

時間のロスになる

派遣関係のナイトワークではだいたいが、「一度目のチェンジ無料!」といった内容が記載されています。チェンジというのはお客さんが女の子を気に入らないと変更できるというシステムを指します。

わざわざお客さんの元に送迎されて、チェンジを言い渡されて、また次のお客さんの元へ…となると完全歩合制の業種では時間のロスになります。キャストは一人でも多くお客さんについて稼ぎたいところと考えるのは当然ですよね?

基本的にどんな状況でも客の機嫌が悪い

ただでさえ、風俗業は負担の大きい職種です。知らない人の家に派遣されるデリ系は初めは不安の気持ちでいっぱいでしょう。振替店で例えお客さんがチェンジしなくてもどんな気持ちで応対するのでしょうか?

・想像していた女の子と違う
・お金の無駄だ

とモヤモヤ機嫌が悪く気まずい時間になることがほとんどでしょう。もちろん、そのストレスはキャストが受けるのです。考えただけでもゾッとしますよね。

リピーターがつきにくい

悩む客

風俗嬢が少しでも負担を「楽」にする方法は良質なリピーターにロングタイムで入ってもらうことです。中には「ちょっと休んでおいていいよ!」と一人にしてくれるお客さんや何もせずにお喋りだけ楽しむお客さんもいます。

振替店ではそもそものスタートがお客さんがイメージしている女の子とは違うキャストが来ます。

そんな状態でリピーターにするのは相当ハードルが高いのではないでしょうか。

また自分が休日の日に指名が入ると、「本日はお休みで…」と対応するのではなく振替のキャストが向かう場合も。リピーターを付けるのは至難のわざですよね。。

振替店は悪評が立ちやすく潰れやすい

振替店は男性にとっては詐欺店といっても過言ではありません。現在は完全なネット社会です。被害にあった人はネット掲示板やSNSに早速「クソ店発見!」「〇〇は振替店なので注意!」といった投稿を行うでしょう。

近頃のお客さんはSNSや掲示板を前もって確認し「このお店大丈夫かな?」と情報を集めたうえで派遣を呼ぶといった流れが一般的です。

悪評は回りやすく、振替店は潰れるのも時間の問題。しかし、お店側は屋号を取得し直し、新しいキャストやドライバーを雇うことで再スタートは難しくありません。

誰が損をして誰が得をするのか?は明白ではないでしょうか。

女性キャストとの扱いが雑

一般的なお店は女性キャストがお客さんを集め、人気が出ることでお店の収益が確保されます。

つまり、一人一人のキャストが大切であり、お店にとっては辞められると困る存在です。そのため、しっかり対応しよう!と心がけるお店は少なくありません。

しかし、振替店は女性数人に対して、店舗数を持て余している状態です。要するにシステムで収益を上げているため女の子は二の次です。

辞めても「また人材を補充すればいいや・・」といった感覚。そんな経営者がキャストを大切にするでしょうか??

一般的なお店よりも扱いが雑になることが多いのは事実ではないでしょうか。

振替店の見分け方とは

振替店 見分け方

振替店のデメリットは嫌というほどわkりましたよね…。しかし、振替店がスカウト求人でわざわざ「当店は振替店です!」なんて言うはずありませんよね。

自分の身は自分で守らないといけなさそう。この項目では振替店の見分け方を伝授します!

写メ日記の更新頻度に注目!

風俗店にとってはもはや接客の一部でもある写メ日記の存在。「一日◯回は更新」「〇〇のような写真を使うこと!」といった詳細ルールまで設定されることもあります。風俗店の生命線ともいえる写メ日記ですが、振替店は雑なケースが多々あります。

  • 写真はプロフィールアイコンのみ
  • お礼や出来事のディテールが雑
  • 全部の文章が短文

など明らかに不可解なポイントが。振替店だけでなく悪質店や人気がないお店など写メ日記を確認することで「どういったお店か?」と判断材料になるのでお店探しの際はチェックするクセをつけておきましょう。

プロフィール写真のバラツキが大きい

一般的なお店はプロフィール写真を撮影するスタジオを統一したり、持ち込みでも他のキャストの写真と違和感がないように色味を調整するといったことを行います。また、近年はナチュラル志向で大きく写真を加工しないのが主流です。

しかし、振替店のプロフ写真には違和感をかんじることが。

・バックの背景にバラツキがある
・写真の画素数が全体的に合っていない
・写真枚数が少なく動画投稿がほぼない

など一定的な特徴があります。WEB制作にもお金がかかるので一つ一つのお店が手抜きになっているということです。

盗用写真が使われることもありますので、自分の写真が無断使用の対象になっている場合はただちに在籍店申し出るようにしましょう。

まとめ

振替店にほとんどメリットがないことがわかりました。ただし、地方では振替店がトップに君臨しているお店もあるため100%女性にとって悪質店か?というと、そうでないこともあります。

地域性をしっかりと確認し、バランス感覚を養ったお店選びが求められます。

●振替店が男性客に嫌われる理由

・写真と違う女の子がくる
・指名しても同じキャストにあたる
・詐欺被害にあった憂鬱な気分になる

●振替店が女性キャストに嫌われる理由

・お客さんとのトラブルが多い
・流行りのお店で振替店なんてほぼない
・まともなリピーターがつきにくい

 

リボンでは未経験者や新人さんにもわかりやすいナイトワーク探しのお手伝いを行っています。

カウンセリング型の求人サイトなのでエリアだけではなく「〇〇のプレイはしたくない」「〇〇の業種ってどんな業種?」といったような些細な質問も受け付けています。

お気軽にLINEやお問い合わせからご相談くださいね♪