風俗バイトの身分証は悪用される?提示できなかった時はどうする?

 記事のURLとタイトルをコピーする

どんな仕事でも自分の住所や電話番号が書かれた履歴書を書くものですが、風俗店の面接で避けて通れないのが「身分証明書」の提示。

風俗という業界のイメージから「個人情報を悪用されそう」「身分証を見せるのは抵抗がある」という女の子も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、風俗店の面接でなぜ身分証が必要なのか?身分証がない場合の対処法や悪用されないかの注意点などをまとめてみました!

風俗のバイトはなんで身分証がいるの?

必ず行う「年齢確認」のため

そもそも、風俗店ではなぜ身分証の提示を求められるのでしょうか?

この理由はとてもシンプルで「年齢を確認するため」です。

というのも、風俗店に勤務できるのは18歳以上(高校生不可)の女性のみで、これは風営法と呼ばれる法律によって定められています。

各風俗店では、顔写真付きの身分証明書を提示してもらい、面接に来た女性と公的書類との年齢情報が一致しているかを確かめる必要があり、本名や住所よりも年齢の詐称をしていないかを気にしているのです。

そのため、仮に県外から出稼ぎに来ていてお店の住所から遠く離れた住所が記載されていても特に気にされることはありませんし、入店してしまえば本名で名指しされることもありません。

ただ、この身分証提示の目的として

  • 顔写真
  • 年齢
  • 公的機関が発行している書類かどうか
  • 本人の顔

これらをしっかりと確認しているので、顔付きの身分証がない場合には書類の不十分とみなされてしまうので注意が必要です。

【関連記事】風俗嬢にも年齢制限ってあるの?何才から何歳まで働ける?

従業員名簿に登録するため

風俗店といえども、一般的なお店のように営業許可証が必要です。

そのために「従業員名簿」を作成し、在籍している女性1人ひとりの情報を管理するために身分証が必要になります。

つまり、本籍が書かれた書類の提示が必要になるため、公的機関が発行した身分証明書を求められてしまうのです。

顔写真がついていて年齢確認もクリアできるからと言って「taspo(タスポ)」を提示しても追い返されてしまうので要注意ですよ!(^^;

面接時に必要な身分証明書の組み合わせはどれ?

お店によっては必要になる書類も変わるため、面接へ行く場合は事前に確認と準備が必要です。

特に多い組み合わせとしては

  1. 運転免許証
  2. 運転免許証+本籍地が記載された住民票(またはそのコピー)
  3. 運転免許証+本籍地が記載された戸籍謄本(またはそのコピー)
  4. 運転免許証+本籍地が記載された戸籍抄本(またはそのコピー)
  5. 運転免許証以外の顔付き身分証明書+住民票(またはそのコピー)
  6. パスポート

パスポートや運転免許証を持っている場合、お店によってはそれだけで入店の手続きが終わりますが、住民票や戸籍謄本などの書類も同時に必要になる場合があるので、有効書類を確認しておきましょう。

ちなみに、直筆のサイン(というか簡単な履歴書)があれば手続きしてもらえるので、実印やシャチハタなどのハンコは持っていく必要はありません。

面接へ行くと履歴書の用紙を用意しているお店も多く、一般的なバイトと違い経歴なども略式で書くことも多いので身分証だけを気を付けておけば間違いはないでしょう。

「本籍入りの住民票、または写し」って何?

そもそも「本籍(ほんせき)」とは戸籍がある場所の住所のことで、「東京都〇〇区●●何番地」というように番地までが書かれている公的書類のことです。

住民票を取得する際に、役所の窓口で「本籍はどうしますか?」と聞かれた場合は「付けてください」というと、簡単に”本籍入りの住民票”を取得することができます。

また、自分の本籍がある自治体によってはコンビニから取得することもできるので、自分の本籍がある自治体の公式HPから取得方法を調べてみましょう。

「なんだか難しそうだな」「イマイチ良く分からない」という風俗店の面接希望の女の子は、あなたの本籍入りの住民票を取得する方法もご紹介できるのでRibbonに相談してみてくださいね。

風俗面接で必要な身分証はコレ!

公的機関が発行している顔付きの身分証にもさまざまな種類がありますが、有効なものはどんなものがあるのでしょうか?

車の免許を持っていないという人も免許証以外でも条件を満たす身分証はあるので一緒に確認してみましょう!

運転免許証

まず身分証として間違いがないのはなんと言っても「運転免許証」です。

ただし、運転免許証には有効期限が乗ってあり、記載されている期限を過ぎている場合には無効とされてしまう場合があるため、きちんと更新された有効期限内の免許証で面接へ挑みましょう。

パスポート

パスポートもかなり有効な身分証のうちのひとつで、運転免許がない女の子でも海外旅行に行ったことがあるこであれば持っているという人も多いのではないでしょうか?

ただしこちらも有効期限があるため、古いパスポートでは受け付けてもらえない場合もあるため要注意。

また、10年パスポートや学生時代に作ったパスポートの場合は現在の顔と顔写真の顔が違って見えるということもありますよね。そんな時には健康保険証やその他の身分証とセットで見せることでOKを貰えることもあります。

写真が少し古いかも…と気になる人は、念のためにもうひとつ身分証を持っておくと安心ですよ!

マイナンバーカード

マイナンバーは国民1人1人が持っている番号ですが、マイナンバーカードを持っているという人もいますよね。

こちらも国が発行しているものなので身分証としては有効ですが、注意すべきは顔写真の有無。

実はマイナンバーカードには顔付きのカードと顔写真なしのカードの2種類があり、風俗の面接で有効なのは顔写真が付いているタイプのマイナンバーカードです。

顔写真がついていないタイプしか持っていない場合は、他の顔付身分証明証を持っていくしかなさそうですね。

【関連記事】風俗でマイナンバーの提示は必要?セクキャバは家族や会社にバレるかも…?

住民基本台帳カード(住基カード)

マイナンバー制度が始まる前には、運転免許証を持っていない人のための顔付き身分証明証として「住民基本台帳カード」(通称:住基カード)の発行を行っていました。

住基カードにも有効期限はありますが、期限内のものであれば風俗店の面接でも通用する書類となります。

ただし、マイナンバーカードが始まって以来、現在では住民基本台帳カードの発行は廃止されているため、新しく作ることはできません。

発行ができた最後の年に住基カードを作った人であれば2025年までは有効期限があるはずなので、運転免許証代わりとしてまだまだ使える身分証ですよ!

社員証

風俗のアルバイトをお休みの日の副業として始めたいという女の子も多いですが、会社から社員証を交付された人の場合は身分証として使うことができるお店もあります。

ただし、お店によっては社員証では受け付けてもらえなかったり、保険証などの他の身分証とセットで提出したりと条件も変わるので、入店希望先のお店に確認しておくと安心です。

学生証

お店によっては「顔写真付きの学生証明証でもOK」というところもあり、どうしてもk法的身分証明書を持っていない学生の女の子にとっては、お店選びの判断基準となるかもしれません。

ただし、数ある風俗店の中から学生証の提示だけで条件をクリアするお店を探すのは非常に困難なので、風俗の求人仲介サービスに頼ってみるか、これから書く対策法を試してみるほうが良いかも知れません。

有効な身分証がない!代替案や対処法は?

「持っていこうと思っていた身分証の有効期限が切れていた!」
「顔写真付きの身分証が1枚もない…」

こんな時には、風俗店でのバイトは諦めるしかないのでしょうか?

答えは「NO!」で、緊急時の解決策や風俗店ならではの柔軟な対応策も存在しています。

原付免許証を取得してみる

どこのお店に行っても必ず通用する身分証である「運転免許証」は1番有効な公的書類とも言えます。

この運転免許証は「原動機付自転車免許」でも顔写真付きの免許証として発行されるため、原付バイク(いわゆる原チャリ)の免許を取得しに行くのもひとつの手です。

原付免許であれば自動車の免許に比べてはるかに安い金額で受講することができますし、1日2日あれば免許が取得できてしまうため忙しい人でも簡単に取ることができます。

ちなみに、原付バイクを所持していなければ免許が取れないということはないため、免許さえとってしまえばペーパードライバーでもOKです。

なにより、顔写真付きの身分証がないとなると風俗店の面接どころか日常生活でもなにかと不便ですよね。

定期的に免許の更新料は払うことになりますが、一度取得すればずっと使い続けることができる身分証のひとつでもあります。

約1万円の費用を出すだけで最短1日で入手できるので、マイナンバーカードやパスポートに比べてスピーディーに入手できますよ!

卒業アルバムで行けるお店を探す

お店によっては自分の卒業アルバムを使って名前と年齢の確認をしてもらうことができるおみせもあります。

最近では非常に稀にはなってきましたが、やむ負えない事情がある場合やどうしてもという時は卒アルの提示でもOKかどうかを相談してみるのもアリです。

ただし、こちらもパスポートと同じく写真と本人が明らかに別人の場合はNGです。

また、「後日、公的身分証を提出してね」という風なお店側の一時しのぎとしての対処法である場合もあるため、入店できても公的身分証の発行は行うようにしましょう。

期限が切れた身分証が使えるお店を探す

卒アルよりも可能性があるのは期限切れの身分証の提示で採用してもらえるお店を探す方法です。

この方法だと卒アルの裏技よりも柔軟に対応してもらえるお店の数も増えるので、面接に行く前に電話やLINEなどで事前に確認してみましょう。

風俗面接の身分証提示に潜む危険とは

風俗というお仕事は業界を経験したことがない女の子にとっては危険なイメージや怪しいイメージもあるかと思います。

身分証のような個人情報を悪用されたりすることはないのでしょうか?

提出した身分証は悪用される?

面接で身分証や住民票を提出すると、お店の人がコピー機でコピーを取ることがありますが、悪徳店ではない限りその情報が外部に洩れたり悪用されることはありません。

また、住所がバレたからと言って自宅や実家に通知や電話がいくこともないので心配はいりません。

そして、もしも顔写真付きのマイナンバーを身分証として提示した場合も、マイナンバーとお店への在籍が紐づけられることはないので、職場や家族に風俗のお仕事をしていることがバレることもありませんよ!

ちなみに、マイナンバーで年収がバレるのか?家族にバレるのか?という疑問に対してはこちらの記事に記載しているので、副業として働きたい人や扶養に入っている人で気になる人は一度読んでみてくださいね!

身分証提示がいらないお店には要注意

一方で、「うちの店では保険証で大丈夫だよ!」というお店に面接に言った場合、速やかに面接を中断してお店を去ることをおすすめします。

この記事の最初でも言ったように、風俗店では各お店が従業員名簿を作成して営業許可を取っているので、保険証1枚で入店させてくれるようなお店は違法営業の可能性が非常に高いです。

違法営業がバレると「摘発」と呼ばれるガサ入れが入り、警察から事情聴取をされたりお店の従業員が逮捕されてしまうなどの事件に巻き込まれる可能性が非常に高くなります。

万が一摘発を受けても在籍している女の子が逮捕されるケースはありませんが、仕事を失ったり面倒くさいトラブルに巻き込まれることにもなるので「身分証の提示を求めるお店のほうが信用できる」と理解しておきましょう。

まとめ

風俗店のバイトに面接に行くと顔写真付き身分証明書の提出は必須です。

公的な身分証は発行するにも数週間~3か月と期間がかかるため、面接に行こうと思っている女の子は早めに準備しておくのが安心です。

もしも自分の持っている身分証で大丈夫か自信がない場合は、あなたの持っている身分証で面接を受けることができるお店のマッチングもできますよ!