風俗エステ|仕事内容・給料相場を解説!回春・性感とはどう違う?

 記事のURLとタイトルをコピーする

テレビなどを中心にメディアで取り上げられてから人気の職業に成長したメンズエステ。

しかし、その反動で競争率も高く、お店に求められるレベルも年々厳しいものになっています。そこで代用サービスとして「風俗エステ」の人気が上昇中です。

この記事は「風俗エステの仕事」について説明しています。「どんな内容のお仕事だろう?」「給料はどれくらいだろう?」といった一般的な質問から、細かい仕事の流れまでを徹底的に解説してみました。

【風俗エステ】お仕事の特徴とは?

風俗エステのお仕事の特徴は何といっても性的なサービスがカジュアルな点です。

「舐めない・脱がない・触らせない」といったコンセプトを掲げる店も多く、マッサージ+ハンドフィニッシュ(手コキプレイ)が主なお仕事内容。

オプション次第ではアダルト方面に移行できるお店も存在し、ロングタイム(120分以上の指名)が入れば大衆デリヘルレベルを超えるバックを手にすることも夢ではありません。

マッサージ+性の興奮を促す【性感マッサージ】や、男性の春を取り戻すことを目標とした【回春マッサージ】との相性も抜群。高齢社会が進み、需要がじわりじわりと増加傾向にあるお仕事です。

【風俗エステ】のお仕事は種類がある?!

風俗エステといっても業種は多岐に渡り、お店によっては定義が曖昧になっていたりもします。この項目では、各業種の説明やサービス内容について説明していきたいと思います。

風俗メンズエステ

街にあるメンズエステ店との違いは、メンエスはそもそも風俗ではなくマッサージのみに特化したマッサージ店だということ。

風俗求人におけるメンズエステの解釈としては「マッサージ+ハンドフィニッシュ(手コキ)」といった認識で問題ありません。

風俗ではかなりソフトなサービスですが、【風営法の認可店】で働かないとトラブルに巻き込まれる可能性があります。

予防対策として法律に引っかからない【認可店】かどうかを必ず確認しましょう。

マッサージ 性感マッサージ 手コキ 乳首舐め オールヌード
 △  △ オプション

 

性感エステ

性感エステは風俗メンズエステと回春エステの間のサービスです。回春エステと並行で営業していることもあります。

主な仕事内容は「リラックスするような全身の性感帯を中心としたマッサージ+ハンドフィニッシュ(手コキ)」といったサービスになります。

お客さんに密着するマッサージや、睾丸マッサージなど少しハードな風俗メンズエステといった立ち位置です。ソフトサービスよりも少しだけ性的サービスがプラスされるのでそこそこの高収入も稼ぎやすくなります。

マッサージ 性感マッサージ 手コキ 乳首舐め オールヌード
オプション

 

回春エステ

回春エステは風俗メンズエステでは最も過激なサービスです。

過激といってもデリヘルよりかはかなりソフトなサービスで「洗体マッサージ+全身マッサージ+足の付け根のリンパマッサージ+手コキ」といった内容になります。

前立腺マッサージなど需要のある特殊なマッサージをマスターすることでさらなるお給料アップも。
男性に密着したサービスが基本となるので抵抗のある女の子はもう少しソフトな風俗メンズエステから初めてみることをオススメします。

マッサージ  性感マッサージ 手コキ 乳首舐め オールヌード
オプション

 

ハイブリッドエステ

ハイブリッドエステは「ヘルスサービス+全身マッサージ」や「ヘルスサービス+回春マッサージ」などデリヘルと風俗エステが併さった風俗店です。

都市部を中心として今密かにブームにもなっています。

「デリヘルプレイの後に何を喋ったらいいんだろう?」と喋ることが苦手な女の子に特に人気の職種です。

基本的にはヘルス60分+マッサージタイムとロングタイムで利用するお客さんが多いので体力面に不安な女の子も高収入が期待できます。

マッサージ 性感マッサージ 手コキ 乳首舐め オールヌード

 

【風俗エステ】お仕事の流れを説明

待ち合わせ場所に移動

店舗型ならお客さんが待つお部屋へ。

無店舗型なホテル近くの待ち合わせ場所・お客さんの自宅など待ち合わせ場所に移動します。

風俗エステは主に無店舗型が主流です。

お店のスタッフがあらかじめお客さんに服装や持ち物の特徴を電話で聞いているので、それとなく挨拶してホテルへ移動します。

部屋へ到着したらお店に電話(インコール)し、お客さんにプレイ時間を聞き料金を戴きます。

シャワータイム

タイマーをセットしたらいよいよシャワータイム。風俗エステの基本的なコスチューム(上下下着セットの上にキャミソール・ベビードールが一般的)に着替え、男性の洗体をお手伝いします。

他の風俗業種との違いは、女性側はシャワーで自分の身体を洗わないといった点。

また、シャワーはお客さんだけ入ってもらい、その間にマッサージに使う道具をセッティングするといった場合もあります。

ノーマルマッサージ開始

シャワータイムが終わったらベッドに大型のタオルを敷いて、汚れないようにカバーします。

マッサージ内容にあわせてオイル・ローションの準備も忘れずに。マッサージの用意が整ったらベッドに横になってもらいお店が推奨しているノーマルマッサージを開始します。

では、この項目で行うノーマルマッサージについて解説していきましょう。

オイルマッサージ

ホホバオイルやナッツオイルなどのキャリアオイルを使用して、背面→全面→足の付け根を中心とした全身のトリートメントを【オイルマッサージ】といいます。

これは、風俗メンズエステの初歩的なマッサージのひとつ。

マッサージによるリラックスとオイルの香りで心身ともにリラックスしてもらいましょう。力を入れすぎず全身の流れを意識するのがポイントです。

パウダーマッサージ

オイルマッサージの香りや触感が苦手だというお客さんに向けて【パウダーマッサージ】を代わりに行うこともあります。

ベビーパウダーのような細かいつぶ状のパウダーを全身に塗広げて、身体に触れるか触れないかのフェザータッチで指の小さな刺激を楽しむマッサージです。パウダーは簡単に拭き取れるので自宅やホテルに派遣されても後処理に困りません。ポイントとしてはとにかく柔らかいサービスを意識することです。

性感マッサージ

ノーマルマッサージで全身の血流を巡らせながら、次にハンドフィニッシュに向けた性感マッサージにシフトチェンジしていきます。

「回春エステ」や「性感エステ」といった少しハードなサービス内容も含めて書いています。

「これはできないな!」と思うことは面接時にスタッフの方に確認しておきましょう。

リンパマッサージ

アロマオイルや精油などを用いて首の付け根辺りに位置する「頸部リンパ節」や、足の付け根に位置する【鼠径部リンパ節】(:そけいぶりんぱすじ)など各リンパを手順に沿って、老廃物の排出を促すマッサージを【リンパマッサージ】と呼びます。

欧米ではセルフマッサージとしても愛用されていてアロマオイルや精油の癒し効果を楽しむというよりかは手技によるリラックスを堪能するマッサージです。

睾丸マッサージ

オイルにて睾丸を両手で温めてあげたり、柔らかなタッチでマッサージする睾丸マッサージ。

睾丸だけでなく周辺の太ももから鼠径部(足の付け根)までかけて血流を活性化させ勃起を促します。

睾丸自体は性感帯では無いので、皮膚の摩擦や微妙な変化の刺激が大切です。強く握らずに半熟卵を扱っているような丁寧なマッサージが求められます。

前立腺マッサージ

「性感エステ」や「回春エステ」ではオプションで男性の前立腺をというGスポットの一種を刺激してあげる前立腺マッサージがあります。

ほとんどの場合はオプションサービスとなりそれなりの技術が必要です。「ドライオーガズム」という射精とは違った快感が得られるため、リピーターが多いサービスということもあり注目を集めています。

ハンドフィニッシュ(手コキ)サービス

ノーマルマッサージ・性感マッサージで高まった興奮をハンドフィニッシュで沈めてあげましょう。

オイルやローションを使用した手コキサービスで射精を促します。ドライの状態だと摩擦で痛みを感じることもあるので竿全体に満遍なく塗りこんでからサービスを開始するのがいいでしょう。

アフターサービス

フィニッシュを迎えたあとはタイマーの残っている時間で余すことなくアフターサービスをおこなうと本指名・リピーターに繋がりやすくなります。

肩やコリなどのドライマッサージやハンドマッサージだけでなく、会話や雑談を楽しむのも一つのサービスです。帰り際には名刺にメッセージを添えてお客さんに渡しましょう。

風俗エステの仕事は稼げる?給料の相場とは

風俗エステの給料の算出方法は【プレイ料金×バック率+オプション料金】といった計算方法が使用されます。

オプションはほとんどのお店でフルバック(100%バック)されます。給料の相場は風俗の中でも単価が安いので、オプションが鍵となります。

1本当たりの相場(60分) 平均のお給料(8時間)
風俗メンズエステ 6,000円 25,000円
性感エステ 7,000円 28,000円
回春エステ 7,500円 32,000円
ハイブリッドエステ 10,000円 40,000円

データはあくまで平均の相場なのでお昼や暇な時間帯なども含まれています。

またオプションをプラスすることにより給料の上乗せが期待でき、超売れっ子嬢になるとフルタイム出勤で50,000円以上持って帰る女の子もいます。

風俗エステで仕事をするメリット

風俗エステでの仕事の魅力はかなり多いです。

そのままセラピストとして一般職に活かすことができたり、性病リスクもかなり低く、何よりもキスや口でのサービスが無いので(ハイブリットエステは別)精神的にも肉体的にも「楽」な傾向といえるでしょう。

風俗エステのメリット1 ソフトサービスなので精神的な負担が少ない
風俗エステのメリット2 エステ資格を取得させてくれるお店がある
風俗エステのメリット3 性器同士の接触が無いため性病の心配が少ない
風俗エステのメリット4 ロングコースが多いので身バレ対策に繋がる
風俗エステのメリット5 生理中も仕事できるのでコンスタントに稼げる

 

風俗エステで仕事をするデメリット

風俗エステのデメリットは何といっても収入面です。

どうしてもエステサービスにほとんどの時間を費やしてしまうので仕方ありませんが、オプションを増やすことで対策は可能です。

風俗エステのデメリット1 マッサージがあるので講習時間が長い
風俗エステのデメリット2 ソフトサービスなので仕事の単価は安め
風俗エステのデメリット3 マッサージがメインなので体力面の負担が多少ある
風俗エステのデメリット4 派遣型が多いので稼働時間が短くなる

そして、オイルやローションで手が荒れる…という方は向いていません。

しかし、パウダーマッサージ専門店や代用できるサービスがあるのでプロにご相談していただくことでよりフィットする仕事が見つけられるかもしれません。

最後に、「風俗エステ」で仕事をする人への注意点

「風俗エステ」のお仕事の魅力はもう伝わったかと思います。

でもちょっと待ってください!都内や関東近郊には沢山のお店が存在しその中から優良店を探すのは一苦労ですよね?注意点は「お店探しを絶対に間違えないこと!」です。

派遣型には犯罪まがいのひどい業者も…。

弊社はカウンセリング式の求人サイトなので女の子の要望を伺いながらお店探しを手伝うことができます。ラインや電話での無料相談も行っていますので気軽にご相談下さいね。