2021.09.18

風俗の”細客”ほど使えるものはない。貧乏人と頭は使いよう、な業界裏話。

 記事のURLとタイトルをコピーする

今回は風俗を利用する男性にとっては少し挑発的なテーマかもしれません。嬢にとっては、コロナ時代にもしぶとく生き残り稼ぎ続けるためには手段を選ばないノウハウも必要です…。

「細客」と聞くとネガティブなイメージを持つ方は多いと思います。が、ここでお話したいのは『細客様も嬢にとっては立派な強い見方になる』ということです。

この記事でわかること
・細客の特徴やクソ客との違い
・細客の本当のデメリットと意外なメリット
・細客を利用した上手な集客術

細客が多いと嘆くそこのあなた、これは朗報です。「自分は細客かもしれない」と肩を落としている男性方、そんなに落ち込まないでください。

炎上覚悟でRibbonが伝えたい、細客のすゝめ。ぜひご一読してみて「細客」に対して前向きでポジティブな思考になってください。

風俗に来る細客の特徴

風俗の細客というと「独身貧乏」「既婚者貧乏」「とにかく貧乏」、とにかく一言で表せば『ケチ』というイメージで考えていませんか?確かに細客さんの最大の特徴には

  • 来店頻度が少ない
  • 来店しても短いコースで遊ぶ
  • チップやプレゼントはおろか差し入れもない

こんな、お金にシビアな男性が当てはまると思います。本人が高収入・お金に困っているなど関係なく、とにかくお店や嬢に落として帰る金額が低い方は更衣室で”細客”呼ばわりされている可能性は大いに高いです。

細客とクソ客には違いがある(←これ重要)

「リピーターが細客ばかり…」「俺はオキニにとって細客かもしれない…」画面の向こうでこんな風に思っている方々、そんなに肩を落とさないでください。

Ribbonが声を大にして伝えたかったのは『細客=クソ客ではない』ということ。

クソ客といえば「痛い・キモイ・乞食」など散々な言われようですが、細客さんが全てクソ客に当てはまるとは限りません。

例えば、キモ客と認定されやすい人は「ねっとり濃厚なサービスを求めがち」「見た目や趣味嗜好、性癖が気持ち悪い」というような特定の条件があります。が、細客だからといってキモイわけではありませんよね。また、乞食客認定を受ける男性も「払った料金以上のサービスやクオリティーを求めてくる」という条件が当てはまるハズです。

ここで伝えたいのは、『嬢にとって良いお客さんなら細客でも気にするな』ということ。これは働く女性側にも通う男性側にも強く強調しておきたい重要なポイントです。

たとえ細客であってもキレイに遊んで帰る、嬢の負担やストレスにならない”箸休めのような存在のお客さん”なら細客も強い見方になると考えれば、細客という言葉のイメージも変わってくるのではないでしょうか。

風俗で細客が来るデメリットおさらい

細客についてのネガティブなイメージを少し拭ったところで、一旦冷静になってみましょう。風俗に限らず、ナイトワーク全般またはその他業界でも細客は嫌われやすい存在なのは変わりありません。それはなぜか。改めて確認していきましょう。

※記事を読んでいるのが男性の場合は、細客が嫌われがちな理由を知って事前に対策をすればオキニからのマイナスな印象を変えるキッカケになるかもしれません。参考にしてみてください。

来店日時が不安定

嬢としては安定的な指名数、ひいてはできるだけ安定したお給料を持って帰りたいという願望がありますよね。

細客さんは不定期来店の日時も予定も検討が付かないため、リピーターさんでも特別感が薄れてしまったり気持ち的に少し雑な扱いにされがちです。

一回分の稼ぎやバックとしては少ない

細客さんが一度に遊ぶ時間は短めが多く、嬢のもらえる手取りとしては少し頼りないのがネガティブなイメージに拍車をかける原因になっているようです。

お店に落とすお金が少ないぶんオプションの追加やチップなど、高額報酬ははなから期待できません。

音信不通や切れるリスクもある

細客さんの来店頻度は人によってはバラバラですし、こまめに連絡を取って次の来店に繋げようとアフターフォローを怠る嬢も少なくはないでしょう。そもそもLINEや連絡先の交換すらしていないといきなり音信不通になってしまうケースもあります。

本当になけなしのお金で遊んでいる収入不安定型の細客さんも「風俗で遊ぶお金が調達出来なかった」となると突然切れてしまいがちに。突然の音信不通は細客さんに限った話ではありませんが、確率が高くなるという理由で残念ながら信頼性には欠けてしまいます。

風俗で細客が”役立つ”メリット

風俗嬢としては細客さんの使いどころに着目してみると”良い駒”として評価ができます。メリットも多いので、『あえて細客を狙う』くらいの強気な姿勢で利点を活かしてみましょう。

出勤枠を確保できる

風俗業界は人気商売ゆえに自分が希望する出勤日数や出勤枠を確保できないこともありませんか?

細客さんとコンタクトを取ることは面倒ですが、次にいつ来るかを把握しておけばお店も優先的に出勤をさせてくれるなんてこともあります。

指名本数の数が稼げる

太く長いお客さんも1本は1本、もちろん細く短い細客さんであっても指名本数としては貴重な1本です。

たとえば、一日の予約がロングの太客さんで埋まるのと短時間の細客さんがたくさん来て枠を埋めてくれるのとでは指名本数も変わりますよね。もっといえば、なぜか細客さんばかりで埋まってしまった方が儲かったという”給料の逆転現象”も起きてしまいます。

サービスや接客の質へのハードルが低くなる

太客さんは高いお金を支払い貴重な時間を割いてくれているぶんサービスの質や接客レベルを気にしてしまうもの。基本は温厚な方が多いのでトラブルやクレームも少ないですが、一方で少しミスをしてしまうだけで信頼関係に亀裂が入りやすいのがデメリットでもあります。

その点、細客さんでも良客な方であれば少しくらい質が低くなってしまっても最低限のサービスや接客をクリアしていればOKという方も多いようです。

  • 敬語や言葉遣いが気になる子
  • ついつい友だち接客になりがちな子
  • 初心者で仕事に慣れていない子
  • 難しい技ができない子

こんな女の子たちにとって細客さんはお客様としてのハードルも低くなるのでメリットに感じるのではないでしょうか。

ライバル嬢に取られにくい

細客さんは他の嬢にとってそれほど魅力的に感じられないぶん、接客やサービスで手を抜かれたりと色々と損も多いようです。そんな少し可愛そうな風俗体験をしている男性に一度気に入ってもらえると「この子はいい子だ」と好印象を持ってもらえやすいようです。

また、『お店で遊ぶお金をケチっている=あまり冒険家にもなりにくい』という理由から他の嬢への浮気を心配することも少ない相手とも取れます。

細客でも良客なら精神的にも楽

細客さんでも気の合う男性や相性の良い男性が相手であれば短いコースでのお遊びも気分的には楽に感じられるのもメリットのひとつ。いい意味での”箸休め”になってくれるので気分転換にもなりますし、なにより精神的に安心できる時間を確保できるのは大きなポイントですよね。

「知らない太客よりも気の知れた細客」…お仕事をする嬢によっては意見が分かれる部分かもしれませんが、悪い人でなければ短い時間でも嬉しいという子もいるようです。

風俗で細客を利用した集客方法の例

細客さんは駒として使えば”集客のお伴”として活躍してくれます。頭を使って柔軟な発想をすれば、「細客だから…」と馬鹿には出来なくなってきますよ!

姫予約で出勤枠と指名本数を同時確保する

細客さんでも曜日固定の方や時間がある程度決まっている方もいますよね。来店の予測が立ちそうなお相手なら、いっそのこと連絡先を交換して姫予約を取ってあげるのも手です。

お相手にとっては姫予約という行動は特別感が湧きますし、嬢としては出勤日や指名本数の確保が事前にできるのでwin-winの関係になれるのではないでしょうか。

お礼日記や予約合戦で新規客向けに人気を装う

細客さんも本指名としてたくさん来てくれれば箔が付くもの。写メ日記での御礼で「本指さん」として触れれば、他の男性客に「人気嬢なのかな」と注目してもらえるチャンスになります。

また、平日閑散期などに電話予約やネット予約で枠を埋めてくれる要員になってくれるのも「あの子は枠が埋まりやすい」という印象操作にも一役買ってくれます。

口コミの力に協力してもらう

カジュアルな気分で風俗遊びを楽しむ細客さんパターンの男性には口コミで仲間や知り合いにプッシュしてもらえることもあるようです。嬢に一途な男性ほど『オキニ被り』を嫌がりますが、フランクな関係の細客さんであれば「〇〇店の◎◎ちゃん良かったよ」と惜しげもなく知り合いに言える方も。

短いコースや安い料金でも笑顔で接客してくれる女の子はありがたい存在。嬢の情報を口コミで宣伝してくれる男性はある意味広告代わりになってくれるかもしれません。

まとめ

「細客」という言葉はネガティブなイメージも強いですが、この記事を最後まで読んで下さった方なら細客に対する印象が180度変わったのではないでしょうか。

『細客と頭は使いよう』。メリットやポジティブな要素を上手く利用すれば細客さんも大切なお客様としてみることができますよ!