2020.04.04

メンズエステの仕事内容とは|ヌキはあり?なし?徹底調査してみた!

 記事のURLとタイトルをコピーする

高収入のバイトを探していると求人広告でメンズエステのお仕事を目にしませんか?「給料が高いのにエッチなマッサージはなし!」「触られるどころか男女ともに脱ぐことがない!」など、良いことばかり書いてますよね。

「怪しい!」「この仕事内容はホント?!」と疑いの心を持ってしまうのも無理ないと思います。そんなおいしいアルバイトがあるはずがない!

この記事では、そんなメンズエステの仕事についてを徹底検証してまとめました。

  • メンズエステの仕事内容
  • メンズエステのマッサージ内容
  • メンズエステの報酬システム

といったことを分かりやすく網羅してます。収入アルバイトやメンズエステに興味ある方はこのページを一読するだけでパッと理解できること間違い無しの内容です!

メンズエステの仕事とは

 

メンズエステの仕事は主に2種類あります。一つは男性の美容や外見を磨きにかけるエステサロン。脱毛や、お肌の手入れからボディメイクなど幅広い施術を行います。お肌すべすべの雑誌の裏に掲載されているようなフェイシャルエステもメンズエステと呼ぶことがあります。

しかし、この記事で触れているのはエステがメインのメンズエステではありません!残念ですけどエステサロンは一般職なので、経営者クラスじゃないと高収入に届きにくいのが現実。

本日、お話するのは女性が男性をターゲットにしたリラクゼーションサービスのメンズエステのお仕事についてです。

メンズエステの仕事はリラクゼーションサービス

今回取り扱っているメンズエステのお仕事内容は、非風俗のリラクゼーションサービスの提供です。お客さんにマッサージをしながら会話をしたり、癒やしを楽しんでもらおう!というのがお仕事の表向き。

本当は少しセクシーな衣装を着用して、密着しながらのマッサージがウリの業種です。

【関連記事】メンズエステの衣装は過激?メンエス嬢の服装が気になる!

ただし、風俗店ではないので

  • 男性から女性のお触りは厳禁
  • 男性も女性も性器の露出は禁止
  • 性的サービスももちろんありません

メンズエステ店は届け出が風俗特殊営業ではないので、性サービスを想定させるような行為は全てNGです。上記のルールを破ると犯罪行為に該当してしまいます。

フェラや本番だけでなく、ソフト風俗サービスの代表格「手コキによる射精」ももちろんダメ!お店側も「バレなければ…」と営業してチクリが入ると営業停止だけでなく、違法営業により潰れてしまう恐れがあるんですよ。そんなリスクをとる経営者はなかなかいませんよね。

メンズエステはグレーなバイトと噂されますが、実際は一部の悪質店をのぞいてほとんどが普通のホワイト営業をしているといわれています。

メンズエステのお仕事は「派遣・店舗・マンション型」のどれか

メンズエステのお仕事ですが、働く場所は主に「派遣・店舗・マンション」の3種類のうちのどれかを選びます。それぞれに一長一短がありますのでここでは少しだけ説明します。詳しくは「メンズエステ|マンション・派遣・店舗どこで働く?」で解説しているので気になる方はチェックしてみて下さい。

店舗型メンズエステ

繁華街の貸しビルなどにテナントとして入っている店舗型のメンズエステ。店員さんが受け付けに常駐しているため、何かあってもすぐに対応してくれます。

場所代や光熱費に人件費もかかるので店舗型メンズエステは給料が低い傾向にあり、時給制といった稼ぎにくいシステムを採用しているお店も存在するようです。危険はなるべく回避したい…といったセラピストにおすすめです。

派遣型メンズエステ

店舗を構えずマンションの一室や雑居ビルに事務所を構えて、お客さんの滞在するホテルや自宅にデリバリーする派遣型のメンズエステ。

余計な出費がかからないため、給料に反映しやすいのが最大の特徴といえます。しかし、お客さんの自宅やホテルなど、スタッフの手が届かないテリトリーに派遣されるため安全性は少し低いといえます。とにかく稼ぎたいぞ!という方におすすめです。

マンション型メンズエステ

最近、メキメキと頭角を現しているのはマンション型のメンズエステ。ワンルームや2LDKなどのお部屋を借りて、一室に一人の女の子が待機してお客さんを接客します。

マンションは事務所から近い位置にあることが多く、スタッフがスペアキーを所持しているため安全性も確保され、人件費や維持費もあまりかかりません。店舗型と派遣型の良いところを併せ持っているため、バランス型といえるでしょう!

メンズエステの仕事内容とは

メンズエステの仕事を簡単にまとめると、「セクシーな衣装のセラピストがマッサージをするお仕事」「風俗ではないけれど高収入バイト」といったところでしょうか。

さすがにまだまだ信用できないかも!というあなたに向けて具体的な仕事内容を解説していきますね。この項目ではメンズエステの仕事内容を

  • マッサージの内容
  • 給料形態の仕組み
  • 一日のお仕事の流れ
  • 接客の流れ

と4つに分けて解説しています。実際にメンズエステで働いている自分をイメージしやすい内容になっていますので興味のある方は読みすすめてみてください。

メンズエステの仕事内容その1|マッサージの内容

メンズエステはリラクゼーションサービスという、「癒やしを与える」のを目的としたサービスなので、マッサージの資格はとくに必要ありません。あお客さんにリラックスしてもらうためのマッサージを提供するのが主なお仕事内容です。メンズエステで使うマッサージには

  • アロマトリートメント
  • ディープリンパマッサージ
  • 洗体エステ
  • パウダーマッサージ
  • 密着マッサージ

といった種類があります。全体的にアロマオイルやローションを使って、体を流すようなマッサージを施します。オイルにアレルギーがあるお客さんには代わりにベビーパウダー(パウダーマッサージ)やボディーソープ(洗体エステ)で代用する場合もあります。

ディープリンパマッサージとはメンズエステにおいては、お股の付け根の鼠蹊部を集中的にほぐすマッサージを指します。股の付け根を焦らしながらマッサージするだけなので性的なサービスではありません。

密着マッサージとは男性の背面から正面側をマッサージする姿が密着しているような形になっていることから名付けられたようです。

初心者の方は「うわ!マッサージなんて難しそう」と感じるかと思いますが、ほとんどのお店ではお店の先輩セラピストやプロのセラピストが実技講習でキチンと教えてくれるので安心です。

再度、確認しときますが性的なマッサージは一切ありません。セラピストはお客さんの癒やしをお手伝いするということが最優先のお仕事と覚えておくといいかもしれませんね。

【関連記事】メンズエステマッサージとは|やり方・種類・流れ

メンズエステの仕事内容その2|給料形態

メンズエステの仕事といえばなんといっても「高収入アルバイト」という魅力的なキーワードが気になりますよね。給料形態が普通のお仕事とは違うので少しわかりにくいですが、

この項目では「本当にメンズエステは稼げるの?」といったお仕事をするに当たり、まずは知っておきたい給料形態の内容を解説していきます。

時給制ではなく歩合制

メンズエステのお給料は一般的な1時間〇〇円といった時給制や1ヶ月〇〇円といった月給制ではありません。施術料金をお店側がお客さんから受け取り、女の子とバック率をもとに山分けする歩合制になります。

時給制や月給性はお客さんが来なくても給料を貰えますが、歩合性のメンズエステ店はお客さんがゼロならお給料も0円です。

一見、「それって全然稼げないじゃない!」と考えてしまいますよね?しかし、メンズエステはお客さん一人あたりにつき報酬がだいたい【60分6000円〜7000円】くらいといわれています。

時給1200円と換算しても約5時間分の稼ぎが、60分の接客で報酬として受け取れる計算になりますよね。稼ぎはすべてセラピスト次第ってことになります。

メンズエステが高収入アルバイトとして取り扱われる理由の根本は歩合制のシステムにあるといっても過言ではないようです。

メンズエステの稼ぎは即日現金払い

一般のお仕事は、1ヶ月に1度決まった日に給料日が設定されていて、お給料として受け取ります。今日働いてもお給料を受け取るには時間がかかりますよね。メンズエステはなんとほとんどの店舗は今日稼いだ金額を今日貰える、即日の現金払いがOK!

例えば体験入店で一日働いたとしても、そのままお給料が持って帰れるので、有り難いシステムではありませんか?お店によっては月二回払いなどに対応してくれることもありますので、「すぐにお金を使ってしまう…」といったセラピストは報酬をプールしておいてくれるお店を選ぶのもいいかもしれません。

メンズエステの給料形態には様々なボーナスや特典がついてくる

歩合制でお店と山分けする報酬の他にも、メンズエステで働くうえでさまざまなボーナスや特典があるのをご存知したか?お店によってあるお店と無いお店がありますが、

  • パネル指名バック
  • 本指名バック
  • セラピスト紹介料ボーナス
  • オプションバック

などボーナスや特典で稼ぐことができるるといったポイントは抑えておきたいところ。とくに指名やオプションなどの付随するボーナスは単価は【500円〜2000円】とあまり高くないですが、人気がそのままお給料に反映されやすいのでモチベーションUPにも繋がりますよね。

お友達を紹介するとセラピスト紹介ボーナスが貰えるお店もあります!(リボンでもお友達を紹介していただくと紹介料を謝礼させてもらうキャンペーンをやっています)

高収入アルバイトとは言いますが歩合制なので人気がないとゼロです。指名が返ってきたりリアクションに対してお店が還元する給料システムなので一概に「儲かる!」と過信しないように気をつけたい所です。

もっと、メンズエステのお給料の給料例や詳しいボーナス解説について知りたい方は【関連記事】メンズエステ給料の相場|時給換算すると風俗もビックリの高収入!? で詳しく掲載しています。

メンズエステの仕事内容その3|接客の流れ

 

メンズエステの具体的なマッサージ内容・給料形態が理解できたところで、お仕事内容の大半を占める「接客の流れ」について一緒に確認していきましょう。

顔合わせ・精算

ホテル前や自宅、お店の一室でまずはお客さんと顔合わせをします。マンション型の場合はお店から電話で「予約入りました!」と連絡が入り、お客さんがマンションのインターホンを鳴らします。

どのお店でも共通することはメンズエステを利用するお客さんはシャイな方が多いので、顔合わせしたらセラピストから積極的に話しかけてあげましょう。

施術場所に着いたら、お店に金額と時間を確認して、お客さんから料金を受け取ります。お釣りが足りない場合はスタッフに持ってきてもらうようにしましょう。

洗体

マッサージに入る前にお客さんにシャワーを浴びてきて貰います。メンズエステは風俗ではないのでパンツの着用が義務付けられています。お風呂に誘導してあげるときに、タオルと一緒に紙パンツを手渡しましょう。

紙パンツは全体を覆うフルバックタイプと、Tバックタイプがあるのでお好きな方を選んで貰います。洗体前に足湯などでコミュニケーションをはかるお店もあります。

マッサージ

オイルやローションを手に塗りこみ背面からマッサージしていきます。背後から密着する形で脚部かじっくりと流していきます。

背面のマッサージが終わると、お客さんに仰向けになってもらい正面のマッサージをします。鼠蹊部を中心に会話を楽しみながらマッサージしていきます。

お店によってマッサージのルールや内容は違うので、実技講習してくれるセラピストに詳細を確認するといいでしょう。

洗体&片付け

マッサージの終了時間がきたら、お客さんにもう一度シャワーを浴びてきてもらいましょう。お客さんが洗体している間に、セラピストは使用したタオルやオイルなどを片付けます。片付けが終わったらセラピストもオイルの汚れを落として、お客さんのシャワーが終わるのを待ちましょう。

お見送り

お客さんがシャワーが終わったら、店舗やマンション型ならお茶出しをしてギリギリまで会話を楽しみましょう。時間が来たらお見送りをして接客終了です。

メンズエステの仕事内容その4|一日のお仕事の流れ

メンズエステの仕事内容の最後の項目は、「メンズエステ嬢は一日どんなことをしているんだろう?」という具体的に自分がメンエス嬢になったら…といった視点から一日のお仕事の流れを解説していきたいと思います。

事務所に出勤

出勤する◯時間前にお店に出勤確認の電話をしてから、事務所に出勤して出勤確認を行います。ます。店舗型の場合は直接店舗に行きます。お店に着き点呼が取れたら

  • ローション
  • オイル
  • タオル
  • 紙パンツ

といったリラクゼーションマッサージで使う、「通称:お仕事バック」を持って勤務場所へ移動します。

勤務場所に移動

マンション型はお店が指定するマンションに徒歩で、派遣型は仕事が入ったらお客さんの待つホテルや自宅に専用ドライバーの送迎で向かいます。出勤と同時に予約が入ってない場合は待機場所で予約が入るのを待ちましょう。

お客さんを接客

予約が入るとお客さんと対面して接客します。時間が来たらお客さんと別れ、次のお客さんを迎えましょう。休日た繁忙期など連続して予約が連なることもあるので、飲み物など必要最低限のものは準備しておくといいでしょう。予約が入っていないと待機室に戻ります。

待機室で待機

接客が終わると各々のお店で定められている待機室に向かいます。待機方法は主にセラピストが部屋に一人で待機する【個室待機】と複数のセラピストが一同に待機する【集団待機】の2種類です。店舗型やマンション型はそのまま施術スペースのリラクゼーションルームで個室待機することも結構多いんですよ。

反対に派遣型は事務所と併設されている待機室に集団待機することがほとんど。待機中はWi-Fi を繋いで動画を見たり、お喋りしたりわりと自由です。風俗の待機室に似ているのでコチラの記事の印象に近いかと思います。

退勤

接客→待機を繰り返して、退勤時間を過ぎると事務所に戻り精算作業に入ります。一回一回お店にお金を渡したり、ドライバーにお金を預けたりと店によってルールはさまざま。一日の売上の集計をもとにお給料が計算されて手渡されます。

どんな場合でも、お店とトラブルにならないように、お客さんから受け取った金額と施術時間を控えるようにしておきましょう。給料を受け取ったら、次の出勤日を確認して速やかに退勤しましょう。

メンズエステの仕事のメリット・デメリット

 

メンズエステの仕事内容はそこまで難しいものじゃありませんし、違法性もかなり少ない仕事ということがわかってきました。しかし、どんな仕事にも良い部分と悪い部分が存在しますよね?メンズエステの仕事におけるメリット・デメリットを紹介していきます。

メンズエステの仕事のメリット

性サービスがない割に高収入

メンズエステの仕事の一番のメリットは、やはり風俗じゃないのに高収入といった点じゃないでしょうか。人気のメンエス嬢で指名が入ると風俗嬢クラスに収入を得ているセラピストもいるようです。性

サービスがない夜のお仕事ではかなり稼ぎやすい職種なのではないでしょうか。また、即日の日払いという事を考慮したら収入面ではかなり頼れる仕事といえるでしょう。

単独行動なので人間関係の悩みが少ない

基本的にメンズエステの接客は単独行動でやるので、個人事業主と似ています。自分の仕事で自分の足を引っ張っても、他人の仕事で自分の足が引っ張られる事はありません。そのため、セラピスト同士は経営者同士のようなもの。

こうしたらうまくいった…などの情報交換はあるものの、仕事自体を共にすることはないので、団体で仕事をするナイトワークよりはるかに人間関係の悩みは少ないといえるでしょう。

顔出し写真が少ないので顔バレしにくい

風俗は顔出し写真を使えないとなかなか稼げません。理由は風俗のパネル写真は顔出しが基本なので、顔を出さないと一つマイナスポイントがつくことになり人気が出にくい流れに陥りがち。といったことが考えられます。

反対にメンズエステは顔出しパネルを使用する女の子の方が珍しいお仕事です。副業や学生で「顔バレしたくない!」といった条件に当てはまるため幅広い層から人気のあるお仕事といえます。

【関連記事】メンズエステは身バレの危険性あり?後で後悔するってホント?

メンズエステの仕事におけるデメリット

エロ目的の客が一定数いる

「一切の性的サービスはありません!」とお店が断言していてもお客さん側からすると「個室空間に二人きり…ワンチャンスあるかも?」といったエロ目的の客が一定数います。

ただし、犯罪行為なので女の子には拒否する権利があります。成るべく優しく断りつつ、しつこいようなら「NO!」としっかりとした意思表示を伝えることも大切。

そういったエロ目的のお客さんを乗りこなしていくスキルが問われる職業ではあります。

グレーバイトでもなるべく他人にバレたくない

いくら、メンズエステ店がグレーバイトでも彼氏や家族にはなるべくバレたくないのが本音ですよね。日頃からLINEの通知設定や電話の履歴を気をつけることで予防することができます。ただし、もしバレても「なにもやましくない!」「わたしが働いてるお店は健全なリラクゼーションスペース!」と突っ返すことも業種的には可能。でも、なるべくバレたくないのであくまで最終手段に考えておくくらいにしたほうが妥当でしょう。

悪質な風俗まがいのお店も存在する

一番厄介なデメリットがメンズエステを謳っているのに悪質な風俗まがいのお店も中にはあるということですね。まずはセラピストが勝手にヌキのサービスをしてしまい、ヌキが定着してしまったお店。そして、タチが悪いのが積極的に性サービスをさせようとするお店です。

そういったお店は求人内容からは読み取れませんし、友人の情報網くらいしか探れないのでなかなか判断が難しい傾向にあります。

メンズエステにヌキありのお仕事があるってホント?

実は悪質な風俗まがいの仕事が存在するメンズエステですが、メンズエステのマッサージにヌキありのサービスを追加した仕事もあるんです。。

ヌキあり|メンズエステに似ているお仕事「風俗エステ」

まず一つ目は、メンズエステのようにオイルやローションを使いながらリラクゼーションを提供し、フィニッシュに手コキで射精を誘導する「風俗エステ店」。

地域によるとこの風俗エステを流行に便乗して、「メンズエステ」として売り出してるところがあります。

注意点は二つだけ!

風俗エステ店は男性側のHPに「性的サービスは一切ありません!」という文言がなく、風俗営業届出などの表記が小さく書いてることが多いです。

またオプション欄に「ハーフヌード」「ヌード」といった脱ぎのサービスがあると風俗エステの疑いが強くなるのでメンズエステの仕事を探すときには確認してみましょう。

ヌキあり|メンズエステに似ているお仕事「回春エステ」

鼠蹊部マッサージやディープリンパといったマッサージの本家は風俗の回春エステからきてます。回春というのは「男性に春を取り戻す」という意味で平たくいえば「性を取り戻すマッサージ」と捉えて問題ないです。

性を取り戻すということは当然フィニッシュは射精になり、マッサージ内容はメンズエステに似ていますが、回春エステも立派な風俗。マッサージ名で検索する場合は、注意してみておくと良いでしょう。

【関連記事】風俗エステ|仕事内容・給料相場を解説!回春・性感とはどう違う?

ヌキなしのメンズエステの仕事を探すにはどうすればいい?

ヌキなしのメンズエステのお仕事を探すには「お店選び」をキチンとすることである程度は回避できます。男性側のHPでオプションをチェックしてみたり、TwitterやInstagramでお店の女の子の情報を集めるのも役に立つ方法です。

【関連記事】グレーな非風俗メンズエステ|違法な性的サービスは本当にないのか?!

しかし、やはり業界に精通している人間でも内情を探るのは難しいもの。確実にヌキなしのお店を探しているならやはり友人を頼るのが良店に出会える可能性は高くなるでしょう。

リボンでもメンズエステの案件はいくつかあります。他の求人サイトと違うのは少数精鋭のカウンセリング型求人なので一人一人にあったお仕事を細かい条件までリサーチしてお手伝いするところでしょうか。

もしヌキなしのメンズエステ店を探している場合は「ヌキなし メンズエステ」とLINEやメールに記載していただけると実際に店舗で働いている女の子の情報から探すことも。

他にも些細な悩みからお仕事検索できますのでお気軽にお問い合わせ下さい!♪