風俗嬢の身バレする原因は?顔バレ対策完全版!お店で鉢合わせってあるの?

 記事のURLとタイトルをコピーする

風俗でお仕事をするとなると、できることなら身内や知り合いに身バレや顔バレはしたくないですよね。

実際に「バレた!」という話もあるため、すでにお仕事をしている人もそうでない人も気を付けておきたいものです。

そこで今回は、風俗でお仕事をする嬢たちが身バレや顔バレをしてしまう原因と対策方法についてまとめてみました!

身バレや顔バレはどうやって起こる?

原因1:自分発信の自爆パターン

身バレを経験した女性に多かったのは、意外にも第三者へ自分からカミングアウトをする場合です。と言うのも、風俗のお仕事は仕事内容がハードだったり、拘束時間も長く、知らない男性のお相手をすることからかなりストレスを抱えてしまう位がちな職業でもあります。

また、同じ職場の人間関係や人気ランキングや報酬などへのプレッシャーなど、悩みが尽きずについつい愚痴をこぼしたくなってしまうもの。そんな時に同じ職場や職種に悩み相談や愚痴を言い合える中の友人がいると助かるのですが、そうは言ってもなかなか友だちや仲間ができないのも風俗のお仕事ならではかもしれません。

そこで、自分が風俗でお仕事をしているということを知らないプライベートの友人に仕事の悩みや相談、愚痴をポロッとこぼしてしまうこともあります。また、口が硬いほうであっても、身に着けているものや羽振りの良さから人間は疑ってしまうのです。

何気ない会話から風俗でお仕事をしているのがバレてしまい、結果的に人づてに噂が広まりバレていくようで、本人が気付いていないということもあるため気を付けましょう。

原因2:写メ日記からバレる

写メ日記はお客さんを呼び込む大切な営業ツールでもあり、報酬にも影響が出てくるため、一生懸命更新をしているという女の子も多いのではないでしょうか?ですが、そんな写メ日記も時として身バレや顔バレの原因にもなってしまいます。

写メ日記からバレてしまうパターンとしては、原因は2通りあります。

服やアクセサリー、部屋の写真や背景でバレる

出勤前などに更新する写メ日記や、休日の何気ない写真から個人が特定されてしまうことが多いのを知っていましたか?

実際に、プライベートでも愛用している服を着ていたり、家の周辺が特定できる場所での撮影などで身バレを起こしてしまうようです。特に写真に映っている背景は身内や知り合いだけでなく、お客さんにとっても個人情報を特定しやすいヒントに繋がってしまいます。

身体的特徴からバレるパターン

最近では写真の加工アプリの種類も増えたので、雰囲気をガラリと変えることができるようになりましたよね!

ですが、ホクロやアザ、タトゥーなどの身体的特徴から身元が割れてしまうことにも繋がります。また、顔の加工ができていると自分で思っていても、「似たような顔の人が似たような服を着て写真を撮っている」というだけでも人はイメージをリンクさせて「怪しい」と疑うこともあるので注意が必要です。

原因3:持ち物からバレる

風俗でのお仕事では、自分の衣装や仕事道具を自分自身で用意することが多いため、自宅やバッグの中に仕事に関係する道具を入れていると、気付かぬうちに人目に止まることも。特に、サブ携帯(スマホ)やお店の名刺、コンドーム、タンポン型の仕込みローションなどはサイズも小さく私物に紛れ混みやすいため注意が必要です。

また、コンドームやローション、ボディーソープやイソジンなどの仕事道具をアマゾンなどのネット通販で購入する場合も、家族と同居している人は身内が勝手に箱を開けて中身を覗かれないようにしましょう。

原因4:外でばったり出くわしてバレる

お店で働いている時にお客さんとして知り合いや身内が来るということは雷に打たれるほどの確立とも言えますが、気を付けておきたいのはお店の周辺で人目に付くということ。

地域によっては周辺地区一体が風俗街ということもざらにあるため、お店から出てくる所を見られてしまったり、風俗街の中を歩いている所を見られて噂をされるということも考えられます。

原因5:業界用語や玄人特有の”クセ”でバレる

ヘルスやソープなどの風俗にも内部の人間しか使わない業界用語が存在します。

風俗の業界用語の一例 普段の生活での注意点
「おはよう」、 「おはようございます」 時間帯に関係なく「おはよう」はNG。
「60分」 一般の人は「1時間」と言います。
「性検」(性病検査の略) 産婦人科に行っていたことを「性検に行った」と言ってしまう

また、言葉遣いだけに留まらず、普段の行動としてやってしまいがちな玄人特有のクセもバレる原因になることも。

例えば、

  • 恋人や夫とのプレイで接客のクセが出る
  • 頻繁なタクシー移動などの金遣いの粗さ
  • 出勤確認の電話やサブケータイの所持

普段の生活のちょっとしたことで風俗でのお仕事を連想させてしまうのです。

身バレや顔バレを防ぐ方法は?

身バレや顔バレは自分自身で対策ができる方法と、在籍しているお店に相談して防ぐ方法の2通りがあります。

自分でできること

友人や身内と一緒にいる時は身バレや顔バレに繋がりそうな行動を見直し、振舞い方や言葉遣い、金銭感覚に注意するようにするのが基本です。その他にも自分で対策ができる方法があるのでご紹介しますね。

写メ日記の写真写りと加工で対策!

写メ日記はどうしてもお客さんに自己PRをするツールなので、お給料を上げたい女性にとってはマストアイテムでもありますよね。

顔バレを防ぐには

  1. 顔を写さず体だけ写す
  2. 背景や個人を判断できるものはスタンプで隠す
  3. 仕事とプライベートで服や下着、アクセサリーを分ける
  4. 場所が特定できる発言を控える

この4つのポイントを意識して写メ日記用の画像や文章を投稿しましょう。

取材やランキングを辞退する

風俗でお仕事をしていると、お店のランキングの上位にランクインしたり、風俗情報誌などの雑誌の取材やグラビアのお話がくることもありますよね。

身バレや顔バレを絶対にしたくないという人であれば自分から辞退し、極力目立たないようにしましょう。

通勤時はマスクやサングラスをして変装する

出勤の時にお店の周辺で知り合いに見られることを想定して、あらかじめマスクやサングラスなどの身バレ対策グッズを事前に用意し持ち歩く用にしましょう。

「私は送迎だから大丈夫」と安心している人もいるかもしれませんが、いかにもボーイさん風の運転手が運転する車から乗り降りをしている姿を見られるのも身バレに繋がるので、油断は禁物です。

仕事道具はポーチやチャック付きのバッグに入れる

コンドームやおもちゃなどのお仕事道具は、中身が分からないデザインのポーチやバッグに入れておくことで、急な来客の時にも人目に触れません。

また、家族や恋人と同居していて仕事道具をネットショッピングで購入する場合は、自分が荷物を取りに行ける店舗に”営業所留め”をすることで怪しまれずにすみますよ!

お店に協力をしてもらえること

お店は女性キャストの身バレや顔バレを防ぐために対策を行っている所が多いのが特徴です。

必要であればボーイさんや店長さんに相談すると親身になって協力してくれるので、どのような対策をしているのかを一度聞いてみるのがオススメです。

パネルの顔バレ対策

お店によってはパネルに使う宣材写真を加工してくれるので、「ホクロやアザを消して欲しい」「口から下だけの写真がいい」と具体的に相談すればリクエストに応えてくれます。体型を変えたりすることもできますが、あまりやりすぎるとお客さんから「パネマジだ!」とクレームが入ってしまうのでほどほどに。

また、もしも身バレしそうな時には「写真掲載のバイトの子なのでダミーです」というように疑われている時もお店がかばってくれるため1度相談をしてみると安心ですよ!

プロフィールの身バレ対策

お店で掲載しているプロフィールの情報も偽の情報を掲載することも可能です。例えば、身長や年齢をサバ読みしてくれたり、出身地や誕生日を変えてくれるなどの配慮をしてもらえます。

ただし、プロフィールを見たお客さんに嘘がバレないように、自分の風俗嬢としての人物設定を忘れないように気を付ける必要があります。

アリバイ会社や証明になる書類の準備

業種を問わず、風俗の大半のお店が女性キャストのためのアリバイ会社を準備しています。

また、架空のアリバイ会社では在籍の確認できる「在籍証明」や「源泉徴収」、「給料明細」などの架空の書類も発行してくれるのがポイント。家族や親などに疑われた場合や、保育所などで提出が必要な書類も作ってくれるため、いざという時も安心です。

NGエリアへの配慮

ヘルスなどで派遣型のお仕事をしている女性に嬉しいのが、地元に近い場所や知り合いが多いエリアへの派遣をNGにしてもらえること。

お店での面接や入店時に事前に伝えておくと指定したエリアに呼ばれることもありませんし、「今日だけこのエリアは外してください」というようにその都度報告することもできます。

お客さんの顔を先にチェックさせてもらう

一部の店舗型ヘルスや、ソープのお店では、待機部屋にモニターを設置している場合もあり、接客前にお客さんの顔を事前にチェックさせてもらえます。

また、対面前にマジックミラー越しで確認できたり、全ての業種においてネット予約の際にNGの携帯番号をお店側に伝えておくことができるなど、万が一の”お店でバッタリ”に備えて対策をしてくれているお店も多いので、身バレをしたくないという人は面接時にきいてみるといいですよ!

まとめ

お店の協力と個人での対策でかなりの確立で身バレや顔バレ、知人バレを防ぐことができます。そもそも、お店での鉢合わせはよっぽどの過疎地域か女性側が有名人でない限り、かなり低い確立と言えそうです(^^;)

また、万が一バレた時や疑われている時もお店が協力してくれることもあるため、気になる人は一度相談してみてはいかかでしょうか?