風俗嬢なら69(シックスナイン)でコレをするべし!舐め合いプレイのコツ

 記事のURLとタイトルをコピーする

風俗店での人気プレイのひとつでもある69(シックスナイン)。

プライベートのエッチでも経験済みの子は多いと思いますが、風俗嬢のサービスとして行う場合はちょっとしたコツやテクニックを身につけることでお客さんからの評価も上がります。

この記事では、風俗嬢であれば行いたい基本的なシックスナインの技術から、プロとしてのテクニックを利用した方法までをまとめてみました。

風俗嬢のシックスナイン(69)テクニック基本編

そもそもシックスナイン(69)は男性と女性がお互いの性器を愛撫し合うプレイ。

本来であればカップル同士がお互いを気持ちよくさせる、愛を確かめ合うような意味合いで行われるような行為です。

しかし風俗店で行われる場合は男性の視覚的興奮を高め、自分も気持ちよくなりつつ女性に快感を与えているという満足感を体験してもらうためのサービスといっていいでしょう。

女性側も仕事上行っているためお客さんにとっていかに気持ちよく満足してもらえるかということを頭で考えながら行うのが基本的なポイントです。

お客さんの頭の位置を高くしてあげよう

お客さんが寝転び下になっている場合は、枕の上にバスタオルを置くなどして頭の位置の高さ調節を行うのがオススメです。

女性の背の高さや足の長さ、腰の位置によっては男性が首を持ち上げた状態になるため疲れてしまったりプレイに集中してもらえないという理由も大きいですが、実は男性の頭の高さを高くすることで”フェラの感度を上げる”というもうひとつの大きなメリットも。

プロの女の子でも知らない子も多いようですが、男性が寝転がった状態でのフェラは頭の高さをできるだけ高くすることで性器の感度を高めてあげることができ、途中で萎えたりイキにくい体質を改善することができます。

これはシックスナインに限らず通常のフェラの時にも使えるちょっとしたテクニックで、お客さんの感度が増すことでフィニッシュまでの自分の負担を軽くする事にもつながるため一石二鳥。

お客さんをなるべく最短コースでイカせることができる、AVでも使われるテクニックなので自分のプレイにぜひ応用させてみてくださいね。

感じているフリを徹底する

シックスナインはお互いが攻めと受け身を同時進行しているため本来であればそれほど気持ちいい行為とは言えないものの(お仕事であればなおさら…)、お客さんは自分が愛撫をしているぶん女の子が感じている姿を見て興奮したいと思っている人が大半です。

女性の顔こそ見えませんが、女性の感じている(演技の)声やお尻をくねらせ足を震わせる姿を視覚的に見せてあげることで満足感を与えることができます。

そこでオススメなのが、女の子にとってあまり害のないクンニを行っている時に声を出して”鳴いて”みたり、「それ気持ちいい」と声をかけてあげる演技。

逆に激しい指入れやクリに痛みを感じるペッティングの際にはお尻をくねらせ回避しつつあくまでも感じている演技を同時に見せてあげることで自分の体への負担を軽くする事もできます。

男性の体力・性癖によってポジションを見極めよう

シックスナインの一般的なイメージは「男性が下・女性が上」というスタイルが一番に思い浮かびますが、攻めるのが好きな男性は「男性が上・女性が下」という態勢を好む人もいます。

シックスナインプレーに入る前にある程度そのお客さんの性癖が見えてくると思うので、「この人は攻めるのが好きかな?」という男性であればポジションを逆にしてみるか提案してみましょう。

逆に体力回復にシックスナインを行う男性や、攻めるより責められたいMっ気のある男性がお相手であれば無理に上のポジションを譲ると「サボりたいのかな?」「疲れるから嫌だなぁ」と思わせてしまうことも。

男性の体力・性癖を上手に見極めて姿勢を誘導するのもプロの風俗嬢のテクニックの1つともいえます。

風俗嬢のシックスナイン(69)テクニック上級編

ここからは風俗嬢のシックスナイン(69)テクニック上級編ということで、ある程度お仕事に慣れてきた女の子にワンランク上のテクニックをご紹介します。

といっても慣れれば簡単に行うことができる技ばかりなので、風俗のお仕事未経験者でも少しずつ練習してみるのもオススメですよ!

お互いの楽な姿勢「横向き69」

お客さんも女の子も楽な姿勢になれる「横向き69」は通常のシックスナインで上になる方の態勢に負担がないため長時間のシックスナインも可能になります。

お客さんにとっても少し新鮮な体位なので興味をそそれますし、相手の表情を伺いながら会話をしやすいという点からも言葉責めが好きなお客さんにとっては興奮度が増す態勢。

「シックスナインをしようか」という流れになったらお客さんに横向きになるようにお願いし、自分がベットの足元に頭を持っていく形でサービスをしてあげましょう。

お客さんを攻める時は”2点・3点の同時攻め”

シックスナインはお客さんにフェラをしてあげるのはもちろん、自分の体を支えていない方の手で別の箇所を同時攻めすることで男性を悦ばせることができます。

女の子が上の姿勢の場合であれば口と片手の2点攻め、男性が上になった場合や横向きシックスナインの時には両手も使った3点攻めをして男性に気持ちよくなってもらいましょう。

具体的な攻めるポイントは

  1. 亀頭
  2. 竿
  3. 乳首
  4. アナル
  5. 鼠径部

この6点を中心に口と手を使って舐める・触るの同時攻めを行います。

女性が上の場合は片方の腕は自分の体重を支えるのに使うため最初は難しく感じますが、フェラをしながら玉を触ってあげたり鼠径部をさするなどをプラスするだけでも喜んでもらえます。

また、体重を支えている腕が疲れないように手を交互に入れ替えながら使うと疲れにくくなりますよ!

まとめ

シックスナインは風俗に来る男性にとって攻める・攻められるが同時に行えるため、お得感を感じて貰えやすいプレイです。

恋人同士で行うシックスナインにほんの少しだけテクニックとコツを加えるだけでより満足感を感じてもらえますし、感じている演技を交えることで自分の休憩時間としても非常に便利。

慣れてきたら上級編のテクニックも組み合わせ、男性にもっと喜んでもらってリピートにつなげてみましょう。