風俗の寮って家賃はかかる?持ち込み道具&部屋の内容が知りたい!

 記事のURLとタイトルをコピーする

自分の住んでいる地域を離れて風俗店でお仕事をする場合、必ずと行っていいほど必要になってくるのが宿泊施設ですよね。

ほとんどの風俗店では遠方から出稼ぎに来る女の子や地元を離れて仕事に来る女の子を想定してお店専用の寮を完備しています。

今回は、風俗店の寮について家賃や部屋のタイプ、持っていくのに必要な生活用品についてご紹介します。

風俗の寮には家賃がかかるってホント?

勤務先の在籍店が家から遠い場合や家庭の事情で家を出ていくことになった、という時に便利な風俗店の寮完備システムは、「即入居可」「高級マンション寮あり」など求人広告でも宣伝されるほど重要な役割を担っています。

そんな寮はお店が部屋を事前に準備してくれている場合が多いのですが、実際のところ宿泊費用が気になりますよね。

風俗店の寮は基本的には家賃がかかる

結論から言えば、風俗店の寮はほとんどの場合が宿泊する女の子に寮費を請求することになります。
寮費は一般的な家賃とは違い日割り計算なので、大体の相場が1日あたり2500円~4000円ほど。

その日のお給料から1日分ずつ支払う場合もあれば、中期・長期滞在になると月に一括でまとめて支払うケースもあります。

特に出稼ぎ先で勤務日数を予め決めて行く場合には滞在日数の寮費の合計も頭の片隅に入れておきましょう。

寮を無料・激安提供しているお店もある

一方で、風俗店によっては無料で入居可能な寮や激安価格で宿泊させてもらえる寮を準備しているお店もあります。

また、場合によっては寮費だけでなく光熱費が一切かからない完全0円の寮があることも。

風俗のお仕事は完全歩合制のため「不安定な収入で寮費が払えるか心配」という女の子にとっては魅力的なシステムと言えそうですね。

ただし、”無料”や”安い寮”には訳がある

寮費がほとんどかからない風俗店は宿泊費用を安く抑えることができるため金銭的なメリットが大きい反面、「建物が古い」「共同部屋」などの条件付きの場合が大半です。

建物が古いと部屋が汚れていたり、虫が出るなど宿泊するには少し抵抗がある女の子もいるかもしれません。

また、共同寮は他の女の子と同じ空間で過ごすため、プライバシーが気になるという子にとってはストレスを感じることも。

ただ、「一人で知らない土地で仕事をするのが心細い」「風俗嬢同士で情報交換したり交流を持ちたい」と考えている女の子にとっては逆にメリットにもなってくれます。

寮を使用する女の子のなかには他の地域へ出稼ぎに行っていたり、業界にも慣れている人も多いためアドバイスをもらったり悩み相談・愚痴のこぼし合いなどで一気に仲良くなれることは多いみたいですよ!

寮からの交通費はほとんどかからない

風俗店が用意している寮はお店の近所に立地していることが大半で、「歩いて数分」「送迎車で送り迎えをしている」というパターンが多いのが特徴です。

お店の近所というと少し抵抗を感じるかもしれませんが、なにかあった時にはすぐにボーイさんが来てくれますし、何より通勤時間が短くて済むのは大きなメリットと言えるでしょう。

寮を使うには条件がある場合も

自分の希望する条件であればすごく魅力的にも見える寮ですが、実際には”月◯日以上の出勤”というように条件を出される場合もあります。

というのも、お店は寮を常に確保するために女の子が宿泊しない日も契約料金を払い続けています。

そのため、できるだけ長期滞在でしある程度出勤してくれる女の子を優先して寮を使わせるため、定員オーバーになると出勤日数で寮を借りれるかが変わってくるのです。

ただ、寮がない場合にはお店の近隣にあるビジネスホテルを紹介してくれたりと臨機応変に対応してもらえるので、「いきなり寮から追い出される」「出稼ぎに行ったのに宿がない」というトラブルはないので安心してくださいね。

風俗の寮に使われる部屋タイプを紹介

風俗店での寮は基本的には入居後すぐに住み込むことができる”家具家電付きの部屋”と考えて問題ありません。

勤務先の店舗によっては寮の部屋タイプもさまざまなので、面接時には寮の部屋のタイプと金額を合わせて確認しておきましょう。

一般的なマンションタイプの寮

地方都市の風俗寮で多いのがマンションタイプの寮で、”家具家電付き・敷金ゼロ”のマンションと考えるとイメージしやすいと思います。

トイレとお風呂がセパレートになった1Rタイプが主流で、一人暮らしの部屋のように自由に使う事ができるのが魅力です。

オートロック完備の寮もあれば一般的な鍵タイプのアパート寮もあるので、セキュリティーが気になる場合はオートロックの部屋があるか聞いてみるといいですよ!

ハイツ(コーポ)タイプの寮

共同住宅タイプのハイツやコーポ寮は大体が2階建てのエレベーターがないお部屋です。

地方の風俗店や少し郊外に店舗があるではこのタイプも珍しくなく、新築の物件からかなり古いタイプまでさまざまです。

ちなみに、入居日には重い荷物があってもボーイさんが荷物の運び入れを手伝ってくれる事が多いので心配いりませんよ!

ビジネスホテルタイプの寮

都内や都会の風俗店に多いのがお店の近所のビジネスホテルを事前に用意してもらうホテルタイプの寮で、旅行感覚で気兼ねなく使用できるのが魅力です。

料金は全額支払いの場合もあればお店と折半をする場合もあり、店舗によって風俗店舗からホテルまでの立地も変わるので、面接時には

  • 支払い料金の説明
  • 最寄りの交通機関からホテルまでの移動距離
  • ホテルからお店までの距離

これらの情報をしっかりと確認しておくことが大切です。

店泊・事務所や待機部屋のケースもごく稀にある

こちらはごく稀なケースですが、

  1. 接客をするお店の部屋に泊まる
  2. 風俗店舗内の事務所に泊まる
  3. 嬢たちの待機部屋に泊まる

この3つのパターンの寮があるのも事実です。

たまたまその日だけ寮が空いていないなどでお願いされることもありますが、基本的にお店の中に泊まる「店泊」を勧めてくるお店はあまり信用できるお店とは言えません。

お店選びはこんな情報からも女の子への待遇の良し悪しが見えてくるので、寮のタイプは入店前にきちんと確認しておきましょう。

風俗寮に必要な持ち込み道具は?

風俗の寮では基本的に家具・家電が整えられた環境で宿泊できますが、生活用品などの備品はどこまで準備していけば良いのかわからないという子も多いですよね。

ここで書いている情報はあくまで一般的な風俗店の寮の話ですが、ホテルタイプの寮以外のお部屋や共同寮タイプに泊まることになった時に持っていく持ち物のひとつの目安として参考にしてみてください。

基本的にはすぐに住み込めるほど設備は充実

風俗店の準備している寮は基本的にはすぐに住み込み生活ができるくらいの家具家電は準備されています。

  1. 布団や毛布などの寝具
  2. 冷暖房機器
  3. 冷蔵庫
  4. 洗濯機
  5. 電子レンジ
  6. ドライヤー
  7. テレビ
  8. 掃除機

この8つの家具家電は最低限揃っているケースが多く、寮によっては電気ケトルや空気清浄機などの日用家電を準備してくれていることもあります。

短期滞在の場合は自分で準備するものはほとんど必要ないので、化粧品や衣類など普段の旅行に行く時のような荷物を揃えれば旅行カバンひとつで出稼ぎに行くことができます。

また、生活に欠かせない日用品や生活必需品でもある

  • ティッシュペーパー
  • トイレットペーパー
  • 洗濯用洗剤・柔軟剤
  • 食器用洗剤・食器用スポンジ
  • シャンプー・コンディショナー
  • フェイスタオル・バスタオル
  • 灰皿(喫煙ルームの場合)

これらの備品はお店が完全支給することもあれば、最初のみ完備し使用後は自分で用意するというルールを作っていることもあります。

短期間のみの滞在であれば基本的にお店が備品も用意してくれているので、土地勘が分からず買い出しにいけないエリアでも安心です。

食べ物・飲み物は自分で準備を

寮で過ごす間の飲食は各自が用意する事になっているので、滞在中の食べ物や飲み物は自分で事前に準備するか、お店の近隣にあるスーパーやコンビニで調達することになります。

お店によっては店舗においてあるドリンクの備品を寮に帰って良いというところもあるようですが、基本的には自分の飲み物・食べ物は自分で購入するようにしましょう。

自炊のための道具はあまり期待できない

中期・長期滞在を検討している女の子にとって寮での食事も切り詰めたい出費のひとつ。

そこで自炊を検討している子も多いですが、基本的には調理道具は持ち込みか現地調達になりそうです。

お店によってはフライパンやケトルを用意している場合もありますが、どこからどこまで用意されているかは泊まる寮によっても異なります。

自炊を検討している子はお店の人に寮のキッチン用品や徒歩圏内にスパーがあるかなどを確認するといいでしょう。

ペットと同居OKのお部屋も用意されている

風俗店の寮を借りたいという女の子にはペットと同居できるか心配している人もいるのではないでしょうか。

もちろん、お店の寮のタイプにもよりますがペット同伴可の寮を準備しているお店はあります。

ただし、他の寮に比べて寮費の金額が高くなったり、入居条件が提示されやすいなどのデメリットもあるので、ペット同伴入居に理解のあるお店を基準に勤務先の風俗店を選ぶのもひとつの方法です。

共同寮の場合は備品の私物化に注意

共同生活を行う風俗寮では2~3人で2LDK、3LDKの部屋をシェアすることになります。

ひとつ屋根の下で数人が生活すると、どうしてもドライヤーや電気ケトルなどを順番に使い回すことになるのですが、お店の備品は共同で使うものなので私物化に注意しなければいけません。

また、お店によっては「1つの冷蔵庫を同居する嬢たちでシェアをしてください」というパターンも多く、個人が買った飲食物を同じ冷蔵庫内に入れることもあるので気をつけましょう。

短期間の滞在は置き私物は控えよう

短期滞在を月に数回繰り返すという女の子のなかにはドライヤーやシャンプーの”置き私物”を行う女の子も多いようですが、お店の寮は自分が使用していない日も誰か別の女の子が使用するので置き私物はトラブルの元。

「使った・使っていない」のトラブルで他の女の子の迷惑にもなり、お店側もゴミとして処理して良いのか判断が難しいので、地元から持ち込んだものは帰宅する時に荷物と一緒に持ち帰るかゴミとして処理するようにしましょう。

まとめ

風俗店では「必要最低限の荷物でお仕事ができるように」と寮の設備を充実させてくれているところが多いです。

なかには共同部屋といった慣れない環境の寮もありますが、選択肢はたくさんあるのでお店選びで迷ったときは寮の条件が自分に合うかどうかで判断して決めるという方法もおすすめですよ!