2020.10.09

風俗の聖水プレイ(放尿)とは|男性・女性のどっちがオシッコする?!

 記事のURLとタイトルをコピーする

風俗のオプションで聖水プレイという言葉を見たことはありませんか?聖水とはズバリおしっこのこと。ようするに、聖水プレイとは放尿プレイを指します。

しかし、「男の人と女の人どっちがするの?」「やり方にコツはあるの?」など疑問がつぎつぎ湧いてきますよね。

この記事では、

  • 聖水(放尿)プレイの種類
  • 聖水(放尿)プレイのやり方
  • 実際にあった聖水プレイの失敗談

など聖水(放尿)プレイについて徹底的に解説していきます!

風俗における放尿(聖水)プレイとは

放尿プレイはもともとSMプレイの一つです。女王様のオシッコを【聖なる水】と崇拝するM男性が顔にぶっかけられるといったプレイ内容から聖水プレイと命名されたといわれています。

聖水プレイはマニアックなSMプレイが派生たものですが、現在はM性感·オナクラをはじめ一般的なデリへルなどの風俗でも親しまれているオプションとなりました。

もちろん、「やる·やらない」の選択肢は女の子の自由なのでお店と相談しながら考えてみるといいでしょう。聖水プレイのオプションがない風俗もあるので苦手な方は無理をしないでも大丈夫です。

風俗の放尿(聖水)プレイって男性・女性のどちらがオシッコするの?

聖水プレイは女性から男性への放尿が基本的なプレイとされています。ごく一般的な風俗では「女性から男性へ」なので女性がオシッコするといった理解で問題ありません。ただし、「男性がオシッコを見て欲しい」「男性がオシッコをかけさせて欲しい」といったマニアックなお店も中にはあります。

M女系や熟女系のお店で働く時は、「男性から女性へ放尿する」といったパターンも考えて前もって店員さんに聖水オプションの詳細について確認しておくのが無難です。

風俗の放尿(聖水)プレイってどんな内容なの?

聖水プレイといっても内容はさまざまです。主に下記の5つがレギュラー的な立ち位置なので確認してみましょう。マニア店などでは一つ一つオプション料金を取るお店も…?!

1・オシッコの鑑賞プレイ

女の子がオシッコしているところをお客さんが眺める聖水の鑑賞プレイです。お客さんはただ見ているだけですが、自分でしながら鑑賞するといった熟練者も存在します。

2・オシッコのぶっかけプレイ

オシッコのぶっかけプレイはお風呂場やベットなどでお客さんに要望された箇所に放尿するプレイを指します。目や鼻など粘膜に浴びせないようなに注意しましょう。

3・オシッコのお漏らしプレイ

女の子がパンツやストッキングを履いたまま放尿してお漏らしするプレイです。ぶっかけや飲尿などと併せてリクエストされることがあります。下着やストッキングを別途で買い取りたい…などオプション代の上乗せに期待が持てます。

4・オシッコの飲尿プレイ

オシッコぶっかけプレイの延長で、浴びながら飲尿するプレイです。持参のコップにオシッコを入れて呑む方も…想像を絶するプレイの一つです。

5・オシッコのテイクアウト

オシッコのお持ち帰りです。お客さんやお店側が用意した容器にオシッコを入れてテイクアウト。半分はぶっかけで、半分はお持ち帰りなど組み合わせはさまざま。

風俗の放尿(聖水)プレイのやり方

聖水プレイ前の準備

聖水プレイは慣れるまで尿意のコントロールがとても難しいプレイです。例えば、次にお客さんが来るから…とトイレを済ました後でも問答無用でオプションの注文が来ます。オーダーが入ると同時に、飲み物を飲み、利尿作用が強いと言われているカフェインを摂取するなど前準備を行います。

聖水プレイの本番

店舗型ならプレイルームへ、派遣型ならお客さんが待つホテルや自宅に運ばれていきます。店舗やホテルなら後片付けを考えて、お風呂場を使用して聖水プレイをするのが一般的です。ベッド上でプレイするときはペット用のトイレシートを持参するなど工夫がいります。

いざ、本番になると遠慮しがちになてしまいますが、相手はオシッコの百戦錬磨。勢いよく出すも恥ずかしがるも、ありのままを楽しんでくれるので落ち着いて挑戦してみましょう。

聖水プレイの後処理

聖水プレイが終わると必ず後処理が必要になります。ホテルと提携しているホテヘルだとクレームの原因にもなりますので、ボディーソープなどで洗い流すようにしましょう。また、店舗内のお風呂場がオシッコ臭くなると次にお部屋を使う子が不快な思いをしてしまいますので除菌スプレーなどで掃除しておくことをオススメします。

風俗の放尿(聖水)プレイってオプションバック相場はいくら?

聖水のオプション料金は平均相場で2000円~3000円前後です。意外と安い?!と思うかもしれませんがお店によっては「持ち帰りで別途:1000円」「ぶっかけで別途:1000円」など料金もまちまちです。放尿オプションのテンプレートがないお店だと女の子の任意で相場5000円程度で行われることも。

ただし、オプションにない場合の事故は女の子の責任になりますので予めお店に確認するようにしたほうが無難です。

風俗嬢が語る!放尿(聖水)プレイの失敗談を紹介!

1・オシッコができずに返金

ソープ嬢のAちゃんは、お客さんに聖水プレイを依頼され1万円を握らされたそうです。しかし、Aちゃんはプレイ前にトイレへ行ってしまったのが気がかり。ロングコースの120分も束の間。どれだけお水を飲んでも、コーヒーを飲んでも尿意はゼロ。いよいよ、マットプレイでお客さんが「おもいっきり顔にかけて!」と指示が入りいざ出陣!

「ポ…ポタリ」と1滴のしずくがお客さんの顔に滴り落ちる。これは涙?!いや、Aちゃんの振り絞った渾身の聖水一粒だった。お互い無言の空気が流れ…Aちゃんが「すいません!返金します!」と一言。お客さんも了承をえて一段落。

残ったのは無数の空き缶と、お客さんが帰った後の行き場のないAちゃんの尿意だけだったそうです。

2・間違えてお客さんの○○にオシッコが直撃

デリヘル店勤務のBちゃんは聖水オプションにも慣れっこ。ただ、オシッコをカップに入れて手渡せばお客さんが煮るなり焼くなり好きに楽しむタイプのオプション内容なのでその他の聖水プレイは未体験でした。

ある日、お客さんがBちゃんに「お願いなんだけど口にオシッコを入れて欲しい!」とやはり別で1万円札をBちゃんに握らせたそうです。Bちゃんは少し戸惑いながら「うん、いいよ!」と快諾。お風呂場に向かいました。

それもそのはずBちゃんはすでに尿意を催していてトイレが近かったのです。お客さんは口をあんぐり開けて「いいよ!」とスタンバイ。Bちゃんは合図とともに勢いよく発射すると…。

「んぐぁー!」といううめき声とともにお客さんが床にドンッと直撃。なんと、Bちゃんのオシッコは勢いありあまり口を通過しお客さんの鼻の奥にモロに入ったとのこと。

大事にはならなかったものの、Bちゃんはお店に無断で裏オプション取引きをした!と咎められクビを宣告されたそうです。

裏オプションはお店によっては厳しいペナルティを課せられることもあるので、なるべくお店に確認を入れたほうが良いでしょう。

風俗で放尿(聖水)プレイをしないと稼げないってホント?

風俗のオプションは増えれば増えるほど稼ぎになると考えられます。NGが少ないとお客さんに紹介しやすいといった理由ですね。しかし、聖水プレイをしないと稼げないか!?といわれればそんなことはありません。

店舗型のソープやファッションヘルスなんかはそもそも聖水プレイに対応していないお店も沢山あります。もちろん、メンズエステなどの非風俗系高収入バイトも聖水は完全にNGですしね。

黄金プレイオプションは「オシッコするだけでオプションバックは楽!」と考えている女の子があくまで選んでいるだけなので無理して付けないでいいので安心してくださいね!