風俗業界の裏引き・直引き事情を暴露!リスクやトラブル体験談も大公開

 記事のURLとタイトルをコピーする

風俗で長年働いていると「裏引き・直引き」といった用語を聞いたことがあるかと思います。

風俗では完全にお店で禁止されている行為なので、キチンと理解しておきたいところ。

この記事では裏引き・直引きについて徹底取材。なぜいけないのか?どうして危険なのかといったリスクや、実際にあったトラブル体験談までご紹介します。

風俗における裏引き・直引きとは?

ホストやキャバクラなどのお水業界でも一般的な裏引き・直引きをご存知ですか?「お店を通さずに直接お客さんと金銭のやりとりをする行為」を指します。裏引き・直引き行為は、お店に一切のお金が入らないだけでなくお店を介してお客さんを引っ張ってくるため禁止行為として、「解雇」や「罰金」といったペナルティが設けられているのが一般的です。お店の風評被害にも関わるので、訴訟問題に発展するといったケースも。

女の子の目線から見れば、お店を通さずに100%の金銭を手に入れれたり、営業時間外のお小遣い稼ぎ程度と軽い気持ちで考えていたら…大火傷を食らった!という体験談なんかもよくあるそうです。

風俗の裏引き・直引きはリスクがあるってホント?

風俗の裏引きや直引きにリスクはある!といった噂を聞きますが本当か?はたまた嘘の情報か?誰もが気になるところですよね。ビシッと本音をいってしまえば、一昔前まではリスクだけでなくメリットも嬢たちにありました。しかし、現在はリスクの方が圧倒的に勝っているようです。

お店にバレるリスクあり!罰金やペナルティも

裏引きや直引きを具体的に考えてみると一番損をするのはお店ですよね。お店の視点からしたら売上にはならないわ、お店のお客さんが取られちゃうわ、SNSで広がると評判や格式落ちちゃう…とダメージしかありません。

業種によってマチマチですが、お店によったら罰金などのペナルティが設けられていることがあります。とくに店舗運営のソープやファッションヘルスは厳しく取り締まっている印象で、警告なしの一発解雇も。

お客さんも「SNSや掲示板には書かないでください!」と釘を差しても、盗撮したり盗聴したり他の女の子に自慢したりとかなりの確率でお店にバレちゃいます。毎日「バレないかな」とヒヤヒヤするのも億劫ですよね。

直接交渉の密室リスクもいっぱい!

女の子からしたらお店は中間マージンを抜く嫌な存在!ではないでしょうか。「身を粉にして働いているのにバックが半分取られるのはおかしい!」と考えている人が大半ですよね。しかし、女の子から見ると「ただ金の受け取りしているスタッフ」は実はさまざまな抑止力としてはたらいています。直接交渉だと以下のリスクに警戒しないといけません。

  • 金銭授受によるバックレのリスク
  • 飲食物に睡眠薬やドラッグを混ぜられるリスク
  • シャワーやトイレ中に置き引きされるリスク
  • 複数人における犯罪に巻き込まれるリスク
  • 個人情報が抜かれてしまうリスク

金銭の持ち逃げやバックレはパパ活や援交でも頻繁におきる案件です。店外に裏引きを誘う場合は店員の抑止力から開放されたお客さんは変貌してしまう…といったケースがよくあるんですよね。「飲食物に睡眠薬を混ぜられて避妊具なしで挿入された」「個人情報を抜かれて家を知られてしまった」など万が一の危険にすべて自分で対応…。相談できる人も少なければ精神的にもまいってしまいます。

スタッフがいることでお客さんは「ルールを守らないと追い込まれるかも」「会社や家族に迷惑かけるかも」といった欲望が抑制されている状態になっていることを理解しておくと良いかもしれません。

風俗業界の裏引きによる価格相場と時給換算

風俗業界の裏引き・直引きの価格相場はいくらくらいでしょうか?さまざまな業種の風俗嬢やメンエス嬢にアンケートを取っていきましたが、2時間:2万円~5万円(ご飯付き)といった範囲に収まることが多いと判明しました。実際は2時間で済まずにズルズルといきがちで時給は1万円前後と風俗と比べてもやや高め。「裏引きで儲かる!」といった事はあまり無いようです。

単発で10万以上お小遣いをくれるといった太っ腹なお客さんもいるようで、「マンションをお客さん名義で借りてもらっている」「会うたびに高級バッグやブランド品をプレゼントしてもらう」といったツワモノも。

出身がアイドルの卵やセクシー女優といった元々お店でも肩書きがある嬢に高級パパとして、パトロンとズブズブの関係といった闇が少し深い回答もありました。

性行為を目的とした金銭の授受は売春防止法で法律的にアウトです。女の子側が罰則を受けるケースは聞いたことがありませんが、事情徴収など恥ずかしい事案に巻き込まれることはありますよ。

実際にあった裏引き・直引きのトラブル体験談

直引き・裏引きの行為でトラブルは尽きません。すべてが直接交渉でまとまっていたら風俗店なんか存在しなくても、やっていけることからお店の存在は重要なんですよね。

現役時代の待機所で聞いた「ゾッ」とするトラブル体験談を3つご紹介します。

裏引きトラブルその1:常連客がストーカー化

ソープ勤務Aちゃんは常連のお客さんとお店を通さずに裏引きで旅行に行ったそう。問題なく旅行は終わり、金銭トラブルもなく帰宅したそうです。

しかし、次の日にお客さんから「今〇〇付近だけどお茶しない?」「家に行こうか?」など迷惑メールの嵐。

どうやら旅行先で、財布から個人情報を抜きとられたみたいで住所がバレてしまったよう。

警察に相談するも、しつこく連絡されるたもラインをブロックし、引越しを余儀なくされてしまったAちゃん。

裏引き・直引きだけでなく出勤時に身分証や、スマホの管理には気をつけたいところですね。

裏引きトラブルその2:裏引きがバレてお店を追放

デリヘル勤務の女の子Bちゃんの体験談。不特定多数のお客さんと直引き交渉をしているらしく、掲示板でも「本番嬢!」「本番でお金取られた…」などお店が健全だったのでマークされていたわりとトラブルメーカーの女の子。

週6勤務の鬼出勤だったのに、在籍して半年くらいから出勤は減り「あれあまり見ないな?」と思っていたら常連さんが「Bちゃんとこの前裏引きしたんだけど、Bちゃんはしていないの?」と裏引きを誘われた女の子のリークにより発覚。

Bちゃんにスタッフは問い詰めると「知りませんよ!」とシラを切っていたのに、次はTWITTERからお客さんとの写真が流出したんです。「えっ、これはなんなん?」とスタッフが再度問い詰めると泣きながら「お客さんに無理やり誘われた」とあくまで嘘を突き通すAちゃん。

その後も、掲示板で「昨日はBちゃんと一晩○円でやった」などあまりにも動向がおかしかったため、過去の経歴を調べてみると裏引きが原因で前店舗がクビになっていたことが判明し、スタッフは激怒。

Bちゃんにスパイを付けて裏引きをもちかけたらすんなり了承したようです。その日から、お店でBちゃんを見るものはいなくなりました。

裏引きトラブルその3:お客さんに個人情報を知られてストーカー化

ソープで長年勤務のCちゃん。裏引き・直引きを繰り返して月極でお客さんと愛人契約を結んでいたもよう。「シンママでお金がない」「生活費が苦しい」と男性に甘えてはお小遣いを貰っていたとのことでした。男性がある時「風俗をやめてくれない?」と言い寄るものの、Cちゃんは拒絶。実は、Cちゃんは彼氏と同棲中で毎日飲み歩き三昧だったらしいんですね。

男性は「おかしいな?」と勘付き探偵を雇ってCちゃんを尾行し、「彼氏がいるのにホストに通っていること」「子供は実家に預けて自分が渡したお金で彼氏に貢いでいること」など全てを知ってしまい、なんと彼氏とCちゃんのいる家に突撃。

男性は彼氏にもCちゃんのホスト遊びなど全てを打ち明けたところ、修羅場と化してしまい警察沙汰に発展したようです。裏引きや直引きが原因で全てが一変したCちゃんは、お店も退店し、彼氏とも別れ、業界を引退してしまったようです。

まとめ:風俗での裏引き・直引きは百害あって一利なし

裏引きや直引きをしよう!と思う原因は「給料が足りない!」といったことで魔が刺してしまうみたいです。裏引き・直引きは百害あっても一利なしなルール違反行為。しかし、生活がキツイ…という言い分はもちろんわかります。

まずは、在職しているお店が本当に稼げるお店か?といった事を考えてみましょう。業種によって限界値まで達している場合は、転職も視野に入れるといいでしょう。また、掛け持ちや出稼ぎで不足分を補うこともできるので、今一度直引きや裏引きの必要性と向き合ってみることも大切です。トラブルに巻き込まれたら元も子もありませんから。

当サイトRIBBONは、カウンセリング型の求人サイト。多数の項目から選択して「あなたにはこんなお店が向いています!」と検索するのではなく、一人一人から多種多様な要望や悩みをきいて求人情報を公開しています。

ナイトワークは縄張りかぶりで掛け持ちが厳しく設定されているので業界マナーに沿った案件を提示しますよ。メールやラインから気軽にご相談いただければスタッフが対応しますのでいつでもお気軽にご利用くださいね!