風俗嬢にも年齢制限ってあるの?何才から何歳まで働ける?

 記事のURLとタイトルをコピーする

女性ならではの高収入バイトのトップとも言える”風俗店勤務”。風俗のお仕事に興味を持っている女の子のなかには、ガッツリ稼ぎたい人や、学費や生活費のプラスに隙間バイトをしたいという学生や主婦なども多いのではないでしょうか。

そこで気になってくるのが「一体何歳から何歳までが採用されるのか?」という疑問ですよね。雑誌などで見る風俗求人情報の採用基準は「18歳以上」というザックリとした情報しか載っていないため、自分の年齢でも雇ってもらえるのかが気になるところ…。

そこで今回は、風俗の採用基準の最低条件や在籍可能な上限年齢など、年齢にまつわる疑問や悩みを一気に解決していきます!

何歳から入店できる?風俗の採用には年齢制限はあるの?

学校の卒業シーズンになると短期バイトやフリーターの本業として風俗店でのお仕事を考えている新卒の学生さんも多いですよね。そこで注目したいのが「何歳から仕事ができるのか?」という第一の疑問です。

結論から言えば、風俗店は性サービスを行うお仕事なので、どんなお店であっても中学を卒業した新卒の女の子は風営法という法律上、ピンサロや風俗エステなどのハードルの低いお仕事であってもお仕事をすることはできません。

大体のお店の採用基準は”18歳以上の女の子”なので、「16歳でも働けるよ」というスカウトの話や友人の紹介などはトラブルの原因になるということを覚えておいてくださいね。

基本的には18歳から風俗バイトができる!

セクキャバやランジェリーパブなどのソフトサービスのお店や、手コキがメインのピンサロや風俗エステ、風俗業界のメインともいわれるヘルスやソープランドなどなど…。風俗業界には幅広い職種がありますが、基本的にはどこのお店も「18歳以上から」が採用基準です。

ただし、18歳以上だからといって誰でも働けるわけではないので注意が必要です。

18歳以上でも高校生はNG

採用の最低条件は18歳以上ですが、高校を卒業したばかりの18歳以上の女の子は要注意で、卒業後であっても3月末日までは”高校在籍”という肩書となってしまうため、風俗店でのバイトはできません。

もちろん、留年や留学などで実年齢が18歳以上の女の子でも、高校に在籍している限りはお店側は一切雇ってくれないということを知っておきましょう。

ちなみに、風俗店はバイト先としてはルーズな職場というイメージもありますが、”18歳以上(高校生不可)”という採用基準に対しては一番敏感です。というのも、先ほどのお話にも出てきた風営法という法律上、18歳未満を雇ってしまうことはお店にとって一番避けたいハイリスクだからというのがそもそもの理由。

「見た目が大人っぽいからバレないだろう」と面接時に年齢詐称をしてしまうと後々になって取り返しのつかないような大きなトラブルになるため、嘘をつくのは絶対にやめましょう。(^^;)

高校卒業後の4月からなら問題ない?

高校を卒業しても短大や4年制大学、専門学校などで学生生活を送るという18歳以上の女の子であれば、4月からの新生活に合わせて風俗店でのお仕事はできます。

ただし、お店によっては「うちの店は20歳から」と言われてしまう場合も極稀にあるため、対面面接前に採用基準年齢を電話やライン面接で確認しておきましょう。

実際に働いている女の子の実年齢は?

採用基準の最低限の年齢が分かったところで、次に気になるのが「何歳まで上の女性を採用するのか?」という年齢の上限です。

風俗店のHPを見ていると、「みんな若い子ばかりだな…」と不安に思っている女性もいれば、「自分よりも歳上が働いてるみたいだから大丈夫」と安心したりしてしまいがち。お店選びさえ間違わなければ年齢制限の上限はほとんど無いともいえますが、風俗店の面接では年齢の上限もしっかり見られているので、年齢が気になる女性はこの項目はしっかりと目を通してみてくださいね。

風俗で働ける年齢の上限…何歳まで働ける?

風俗店にはお店ごとにお店のコンセプトも変わるので、お店によっては求人情報誌に書かれていないにもかかわらず「20代後半は条件付き」「30歳以上不可」などの暗黙のルールを設けているところも。

例えば、お店が素人系のお店として若さや新鮮さを売りにしている場合は、30代にさしかかる年齢から面接での審査が厳しくなりはじめます。

<こんな判断基準になることも…>

  • 20代後半以上は業界未経験のみ
  • 30歳未満のみ
  • 他店の人気嬢のみ
  • 抜群のルックスの女の子のみ…などなど

お店側の審査基準は求人情報紙には掲載されていないため、ライン面接などでは年齢にまつわることをしつこく質問されたり、風俗歴や前職の内容を聞かれたりなどすることもあるようです。

女性にとってセンシティブな質問でもある年齢についてそれとなく不採用を言い渡されたり、ルックスが良いにもかかわらず年齢を告げただけで門前払いを受けるなんてこともあります。「面接で嫌な思いをしたくない…」「自分の年齢に見合うお店が分からない…」という女の子は、一度リボンに相談してみてくださいね。

風俗嬢の人気=年齢とは限らない

自分の気になっている風俗店のHPを見ていると「私よりも歳上の女の子が働いているから大丈夫」という安心感を探してしまいがちですが、実際に勤務している女の子には年齢と共にスキルアップをして人気を獲得しているという実績があって働いている女の子は多いです。そのため、自分の年齢以上の女の子の在籍を確認するのはひとつの目安にしかなりません。

逆に、「ここのお店は若い子ばかりだから無理かも…」と諦めている女の子は、表記されている年齢が実年齢とは限らないということを覚えておきましょう。

実際には30代でも童顔だったり身長が小さいというチャームポイントが武器になって年齢をカバーしてくれる場合も多く、実年齢より若く見える子であれば年下の女の子たちに混ざってお仕事をすることも可能です。風俗嬢の人気度合いは必ずしも年齢の若さとは限らないので、自分の年齢だけを見て諦めてしまうのはもったいないかもしれないですね!

学生、主婦、シングルマザーでも大丈夫!

風俗店で働くキャストには大学生や専門学生、専業主婦やシングルマザーといった女の子も多く、職歴や学歴だけでなく女の子のバックグラウンドは一切問われません。年齢や職業に関係なく採用されるため、20代前半の主婦も働いていれば、30代の子育てママが勤務していることも珍しい話ではないため安心です。

学生であれば学業との両立、主婦やシンママであれば家族との時間の都合などを正直に話せば快くシフトの調整をしてくれるお店が大半なので、年齢に関係なく学校や家族との時間を確保したいことを面接の時に伝えてみましょう。

年代別で選ぶ!風俗求人のおすすめ系統

お店によって系統やコンセプトが決められている場合もありますが、大体のお店では

年代 系統、コンセプト
18歳~20代 素人、業界未経験系、ロリ系、OL系
30代~40代 OL系、人妻系、美魔女系
50代~60代 人妻系、熟女系

このように年代別で好まれやすい系統がある程度決まっています。それぞれ詳しく解説していきますね。

18歳~20代に人気の系統

18歳~20代の間は男性のお客さんの大半にとってストライクゾーンとなるため、基本的にはどのようなお店でも採用はされやすく、職種の幅も広いのが特徴です。

お店によっては10代・20代・30代の嬢が同時に勤務している場合もありますが、こういった場合のお店では30代の嬢は経験豊富な人気嬢の可能性が高い傾向にあります。仕事先として気になるお店を見つけた場合は一番歳上のお姉さんの年齢をチェックするのではなく、在籍嬢の大体の平均年齢を確認してみて判断しましょう。

素人、業界未経験系、ロリ系、OL系が人気

18歳~20代前半の女の子であれば特に素人系や業界未経験の売出しをしているお店との相性が良く、お店からも重宝されるためシフトの都合を優先してもらえたり、優先的に良質なお客さんを付けてくれることが多いのがポイントです。

20代後半の女の子でも童顔ルックスの女の子であればロリ系のお店と相性が良く、それ以外の女の子は大人の色気が人気のOL系のお店が採用されやすい傾向にあります。20代のうちはあまり年齢を気にすることもないので、気になるお店には積極的にアタックしてみましょう!

30代~40代に人気の系統

落ち着いた大人の女性とプレイを楽しみたいというお客さんは意外にも多く、30代や40代でも採用されるお店はあります。

20代に比べて採用基準が厳しくなるため、人気店などの勤務には容姿・スキル・実績などが問われやすい傾向にありますが、お店選びや条件次第では採用の可能性は十分にあるのもポイントです。

OL系、人妻系、美魔女系が人気

30代・40代という大人の色気や落ち着いた雰囲気を活かし、人妻系や美魔女系のお店では採用されやすく、容姿次第では20代の多いOL系のお店でも勤務が可能です。

特に人妻系は”若すぎる女の子ほど採用がされにくい”ので、30代からは未婚の場合でも思い切って人妻店に面接に行ってみるという方法もあります。

50代~60代に人気の系統

AV業界でも50代・60代の女性が出演している作品がジワジワと人気を集めているように、熟女系と呼ばれるジャンルでは優位に立てることが多いのがこの世代です。

風俗未経験の女性でもお店選びさえ間違わなければ採用されるため、業界未経験でも高収入バイトのチャンスがあります。

人妻系、熟女系が人気

こちらも30代・40代と同じく未婚の場合でも人妻として勤務することが可能で、熟女専門の風俗店での採用条件に有利なのが特徴です。

ただし、風俗店でのお仕事は肉体労働に近く、高収入の条件として体力勝負という側面を持っています。気になるお店に面接に行く場合は一日体験入店などを経験し、自分でも続けていけるかどうかを一度確認してみるのがオススメです。

「実年齢」だけじゃない!風俗店が見ている採用基準

ここまでは年齢に関する採用の裏話を紹介してきましたが、実は面接時に注目されているのは年齢だけでなく、

  • ルックス
  • スタイル
  • 雰囲気やキャラクター性

これらを面接官スタッフはしっかりと見ています。では、具体的にどのような女性が面接官に好かれるのでしょうか?風俗店に面接に行く前にちょっとしたポイントを押さえておくだけで面接の合否に関わってくるので、一緒に確認してみましょう!

ルックス

どんな仕事の世界でも第一印象として注目されがちなルックスは風俗業界でも最初にチェックされる項目で、面接前のLINE面接などでも「何枚かセルフィー(自撮り写真)を送ってください」とお願いされることは珍しい話ではありません。

ただし、容姿に自身のない女の子にとってせめてもの救いなのが、風俗店に務めている女の子たちは”絶世の美女”だけではないということ。業界未経験の女の子や10代や20代の若い女性であればあるほどルックスはそこまで採用条件に響かず、若さややる気を買って採用してもらえることも多いのが風俗業界です。

たとえは悪いですが、ルックスの悪さを原因にいじめに遭ったことのあるような女の子でなければ、基本的には採用してもらえるお店は多いというのが正直な話…。

とは言っても面接時に普段着に普段のメイクで行くのは自分の価値を落としているようなものなので、美容室で簡単なヘアセットをしてもらったり、デートの日のような清楚系で自分に似合う一張羅を準備するなどの対策をしておくと安心です。

スタイル

一般的な仕事では想像がつかないと思いますが、風俗業界ならではの面接時の質問として「3サイズを聞かれる」というのはほとんどのお店が行っていることです。ただ、「巨乳のほうが採用される」「細いほうが面接で有利」というようなことはなく、お客さんの好みもそれぞれなのであまり気にする事はありません。

ただし、お店によっては「9号サイズのコスチュームの着用必須」などのコンセプトに沿った衣装を用意していることがあり、あまりにもサイズオーバーしてしまうスタイルの女の子は面接時に不利になってしまうことも覚えておきましょう。

雰囲気やキャラ

風俗店でのお仕事は男性の利用客を接客する”接客業”のお仕事です。そのため、無愛想な女の子は面接官への印象をマイナスにしてしまったり、質問や会話の受け答えがしっかりできない子は「本当に仕事ができるかな?」と心配されてしまいます。

自己アピールをするために空元気になる必要はありませんが、

  • 挨拶をしっかりと行う
  • 聞かれた質問にはしっかりと答える
  • おしゃべりが苦手でも笑顔を絶やさない
  • 相手への気遣いや言葉遣いを気をつける

これらの必要最低限のことに気をつけておきましょう。

また、お店側は働きたいという女の子のやる気をしっかりと汲んでくれます。「どのくらいお金を稼ぎたい」「いつまでにこのくらいの貯金を貯めたい」などの目標を持っている子は高く評価されますよ!

身分証の提示をしないお店には気を付けて!

面接時に必要な書類に「身分証明証」がありますが、これは何も女の子の住所や顔写真などの個人情報を悪用するということは全く無く、”年齢の確認”をするために提示を求められていることがほとんどです。身分証の提示をするということは「うちのお店は年齢確認をしっかりしていますよ=法律の範囲内で営業をしている」という意味なので、信頼できるお店の可能性が高いと言えます。

逆に「身分証は必要ないよ!」「年齢は気にしなくて大丈夫」というようなお店は法律や条例に違反して営業している悪質店の可能性があるので、面接時に身分証を求められなかった場合は採用されても断るようにしましょう。

まとめ

女性の高収入バイトの風俗店での仕事は、仕事の内容柄「18才以上(高校生不可)」という最低条件があります。

ただし、お店選びさえ間違わなければ上限は無制限に近く、学生や子育てママなどのどのような女の子でも働くチャンスのあるお仕事です。

自分の年齢層に合ったお店を選ぶのはもちろんですが、できるなら最高条件・自分にピッタリの環境のお店を見つけて働くことが、ストレスなく高収入を狙うためのコツ。自分の年齢と容姿に合ったお店が分からないという場合は、ぜひRibbonと一緒にお店を探して高収入のお仕事を覗いてみませんか?