キャバクラが暇になってきた!コロナ禍での水商売、なにか対策法はある?

 記事のURLとタイトルをコピーする

コロナが流行して以来、自粛は解除されたにせよネオン街を利用する客足はいまだに減少したままの傾向にあります。

キャバクラで暇になってしまった女の子たちの間には”風俗堕ち”を検討している人や、お客さんからパパ活を交渉されて悩んでいるという子も少なくはありません。

今回は、お給料が激変したことで生活に大小なりとも影響を受けているというキャバクラ嬢のみなさんに読んでもらいたい現状と不況を乗り切るための方法をご紹介します。

キャバクラが暇に!みんながコロナ後にとった行動は?

コロナウイルスが流行し、一時緊急事態宣言から自粛ムードに包まれた夜の街。

そんなネオン街も自粛の解除とともに徐々に再開をはじめ、現在はGO TOキャンペーンなどの影響もあり自粛期間中に比べてお仕事も再開できるようになりました。

ですが、まだまだコロナ前に比べるとお給料に打撃を受けたキャバクラ嬢が多いのが現状。

お給料が減ったことで女の子たちの中には

  • パパ活を始めた
  • オンラインのキャバクラで副業
  • セクキャバや風俗エステなどの風俗店に転職

など、コロナ前には検討をしていなかった副業や掛け持ち、付属業界への転職などを始めた女の子もいるのが現状です。

風俗落ちした女の子はどんなお仕事をした?

水商売と風俗業界は世間ではどうしてもひとまとめにされがちな業界同士ですが、キャバクラ嬢にとって風俗堕ちはプライドが許さないという人も多いはず。

ですがやむを得ない事情によってソフト風俗へ転職した子もいますし、掛け持ちや出稼ぎへ行き始めたという子も中にはいるのも現状です。

セクキャバや風俗エステ、オナクラなどのソフト風俗、1本あたりの稼ぎが多いヘルスやソープなどのガッツリとした風俗など、女の子の許容範囲内で掛け持ちをしている子も。

ですが、キャバクラというお仕事上、お客さんやお店にバレると本業にも「ボディータッチができる」「枕営業してくれる」という印象を与えてしまうためあまりお勧めの方法とは言えません。

お客さんとのパパ活はリスクもある

女の子によっては「太客とパパ活をしている」という女の子もいましたが、こちらの方法もリスクの高い妥協案であるのに変わりありません。

特にパパ活を行っていた事実を示すLINEやDMの文章がSNSなどでひとたび拡散されてしまえば、他のお客さんからの信用や人気を失ってしまったり、お店のスタッフや女の子たちから批判を浴びることも。

確かにコロナの影響でなかなか思うように稼ぐことができなくなった時に特定のパパから支援してもらうのは助かりますが、後々のトラブルなどを考えて慎重にならなければいけません。

オンラインキャバクラに移行した子たち

コロナの自粛期間中に爆発的な人気を出したのが、zoomなどのオンラインサービスを通して接客をするオンラインキャバクラ。

お客さんに直接会わずに済むためコロナ感染のリスクも少なく、自宅からなどでも簡単に配信ができるためオンラインキャバ嬢としてお仕事を再開した女の子もいるようです。

ただしこの方法はコロナ感染のリスクは減るものの、自宅からの配信であれば「家バレ」の危険性もあったり、配信のために準備や知識をある程度必要とするため人によってはハードルが高い方法とも言えます。

なにより、ネットを介しての接客なのでお客さんは「タイプじゃない」「面白くない」と感じると直ぐに飽きられてしまったり、他の女の子に目移りして思うように集客ができないというパターンも。

ネットを介してのサービスはお店の入口が広がるため新規顧客を掴みやすいメリットはあるものの、人気嬢になるためには倍率も高くなることを覚悟しておかなければいけません。

キャバクラ嬢が暇で収入減!対策法はある?

正直、コロナの大流行は政府ですら予測が立たないのが現状ですが、だからと言って何も行動を起こさなければお給料を元の金額まで戻すのは至難の業。

今のお給料に満足している場合はコロナ感染だけに気を付けて今の状態でしのぐのが1番ですが、どうしても生活に影響が出るほど困っているという場合はなるべく本業のリスクにならない対策法を取り差額を埋めるのが得策です。

緊急小口資金の申請をしてみる

お店によっては説明会を開くなどして「緊急小口資金」の借入れの申請を薦めているところもあります。

緊急小口資金制度は「学費が払えない」「家賃が払えない」などの支払いにも当てることができる制度で、最大20万円のお金を自治体から借りることができるシステム。

お店のスタッフに相談すれば申請の方法を教えてくれるなど協力してくれる場合が多いので、検討してみる価値はあります。

お店を移籍してみる

現在はシフトや出勤の制限、新人の入店拒否などお店の門は狭くなっているものの、女の子のスペック次第では受け入れをしてくれるお店もあります。

また、比較的ネオン街への規制の緩い地方エリアを探して短期的に契約し出勤させてもらうのも手です。

最近では政府が行っているGO TOキャンペーンの影響を受け、地方観光都市では団体の旅行客などで賑わっているお店もあります。

女の子を募集しているお店もチラホラあるようなので、出勤が思うようにできずに困っている子は短期集中でお仕事に行ってみるのも良いかもしれません。

交際クラブでパパ活してみる

在籍しているお店のお客さんとパパ活を行うのはトラブルの原因にもなりやすいためリスクは高くなりがちに。

そこで交際クラブやデートクラブなどに事前に登録しておき、全く別の男性をパパとして見つけるのはリスク回避としてもオススメです。

交際クラブを利用する男性は高い会員費を支払って登録をしているため一般的なパパ活に比べてもトラブルに遭いにくいというメリットもあります。

風俗での掛け持ちは他所のエリアで

「転職をする気はないけど掛け持ちくらいなら…」と風俗店との兼業を検討している場合は、自分が在籍しているキャバクラ店とは別のエリアでの掛け持ちを行う方がお客さんへの身バレがしにくいようです。

また、いわゆる”出稼ぎ”と呼ばれる方法で掛け持ちを行えば短期集中で風俗店に勤務し、退店手続きをしてもらったり次回の出稼ぎまでパネルを取り下げてもらうなど風俗店側にお協力してもらえば、身バレのリスクも少なくなります。

風俗店との掛け持ちは口コミなどでひとたびバレるとキャバクラに来てくれるお客さんが減り、女の子からも噂されるなど精神的な負担も大きいのを覚悟しておきましょう。

まとめ

キャバクラなどの飲み屋街では「働きたいのに働けない」「出勤しても思ったように稼げない」と悩む女の子が増えています。

お客さんとのパパ活や風俗堕ち、ネットキャバクラなど手段は残されているものの、その分リスクも高くなることを考えなければいけません。

できるだけ負担のないように給料を補填するための緊急小口資金制度や短期間の出稼ぎなどを検討してみるのもひとつの手です。