交際クラブとは?パパ活との違いを徹底比較してみた!

 記事のURLとタイトルをコピーする

高級男性とハイクラスなパパ活マッチングが期待できると噂の交際クラブ。私生活のサポートから金銭面の協力など幅広く活用できるサービスとして男性からも女性からも注目を集めているようです。しかし、調べていると「交際クラブ 犯罪」「交際クラブ 警察」など怖いキーワードも…。あれ…何か危険な匂いが。

この記事では、一般的なパパ活サイトとの違いを中心に「交際クラブ」を徹底的に解剖。本当に安全な高収入バイトなの?といった誰もが気になるリアルな情報をわかりやすく解説していきたいと思います。

交際クラブとは

交際クラブとは「デートクラブ営業届け出」という書類を公安に提出し、国に認可された会員を紹介しマッチングに協力する仲介業者です。大人の男性と女性が本人たちの自由恋愛を楽しむ社交場とのこと。アレ…確か、ソープも「自由恋愛を楽しむ」といった内容…。

ここからはご想像にお任せしますが、交際クラブとは要するに富裕層の男性がハイクラスの女性とマッチングする高級なパパ活といった感じでしょうか。デートをするもムフフをするも本人たち次第といった大人の出会いの仲介サービスとおぼえておくと良いでしょう。

でも、それならパパ活と何が違うの?って思いますよね。

交際クラブとパパ活の違いとは

パパ活というのは「ユニバース」という大手の交際クラブの社長が自社取材を受けたときに提唱した言葉というのが一般認識です。「愛人づくりに交際クラブ!」なんてなんかダサい。

もっとカジュアルに楽しもう!ということで作られたのかは定かではありませんが、交際クラブこそパパ活の元祖といっても過言ではありません。

しかし、現在の交際クラブとパパ活サイトでは根本的な「愛人探し・パパ探し」といった点は同じでもグレードにかなりの違いがあります。

交際クラブとパパ活は利用者資格が違う

利用者比較/男性 交際クラブ パパ活
年齢 20歳以上 18歳以上
身分証 顔付き身分証 顔付き身分証
クレジットカード 必要なクラブが多数 現金払いも可能
年収チェック 収入証明を提出する場合も 任意
面接 直接面談あり なし

交際クラブの男性の利用資格一つとってもパパ活サイトとはかなり違います。男性は経営者や芸能人から大手企業社員を中心に有名な著名人も登録していますので「バレずに愛人探しを…」と考えている人が少なくありません。

SNSや犯罪に巻き込まれる可能性が極力ないように入会手続きに面接があるところがほとんど。男性は収入や職種をその都度チェックされ、会員に相応しい人のみ入会ができるといった厳重さが安全性を高めています。

利用者比較/女性 交際クラブ パパ活
年齢 18歳以上 18歳以上
身分証 顔付き身分証 顔付き身分証
容姿チェック 面談であり なし
面接 直接面接あり なし

もちろん女性会員もパパ活サイトとは違い入念にチェックがあります。「美人局」などの犯罪行為があれば交際クラブの名前に傷がつきますので優良なクラブは必ずといって男性会員・女性会員ともに面接があります。

同時にランクの格別も行われ、優良ランクに選ばれればエリートパパからの指名も期待できます。

パパ活サイトは身分証が必要ですが、匿名性が低い傾向にあり「出会い」「冷やかし」を目的とした会員も混じっています。「やり逃げパパ」「詐欺パパ」といった匿名性が高いために失敗してしまうパパ活女子も。

より純度が高いパパ活を求める方には匿名性が低く、面接やセッティングをスタッフ自身が行う交際クラブがオススメといえるでしょう。

交際クラブとパパ活は料金が違う

料金比較/男性 交際クラブ パパ活アプリ
入会金 50,000円~500,000円 無料~月額の支払い
基本料金 年額50,000円~200,000円 月額3,500円~10,000円
セッティング料金 1回50,000円~100,000円 無料
交通費支払い 5,000円~10,000円 交渉次第

太パパの定義といえば「高収入」が絶対条件。ケチパパの愛人なんて普通のバイトをしているほうがいくらかマシと考える女性がほとんどです。パパ活アプリの特徴として価格が安く、簡単に出会えるといった面があるので恋人探しやマッチングには向いています。

ただし、お手当目当ての職業愛人や、お食事を楽しむ高収入バイトとして成り立つかといえば少し微妙だとは思いませんか?

その点、交際クラブの基本料金はグレードによって選べる仲介業者が多数あり、中には「入会金だけで50万円!」なんて有名クラブも存在します。

パパ活サイトは月額を支払えば自由自在にアプリ内でメールのやり取りができるのに対し、交際クラブは1人の紹介でセッティング料金が発生するといったシステムです。

高収入パパの溜まり場を見つけるには「料金設定」を考えるとより明確になりますよね。

料金比較/女性 交際クラブ パパ活サイト
費用 完全無料 完全無料
食事手当相場 10,000円前後 5,000円前後
大人相場(食事込み) 50,000円前後 20,000円前後
交通費 パパに一律額負担も 自己負担が多い

女性の料金比較です。もちろん優良な交際クラブは女性に登録料がかかることはありません。あくまで自由恋愛なので取り決めがバラバラですが、平均的にパパ活サイトより交際クラブの女性会員のほうがお手当が期待できます。

何より最低限の交通費の受け渡しはクラブが行うところもあり、高収入パパが多いため「やり逃げ」「詐欺」といった行為の予防にも繋がると思いませんか?あくまで受け渡しは当人同士ですがなるべくならリスクは減らしたいですよね。

【関連記事】交際クラブの登録はコチラ

交際クラブ・パパ活アプリのデメリットを比較

魅力的な交際クラブですが、残念ながらデメリットも存在します。この項目では交際クラブとパパ活のデメリットの違いを比較していきたいと思います。

交際クラブのデメリット

・一般の出会いを求める人には不向き
・男性よりも女性会員が多い
・女性会員から男性会員へのアプローチが出来ない
・男女会員ともにハイレベルが優遇されがち
・男女ともに評判が悪いと登録抹消されることも

まず初めに交際クラブは一般の出会いを求めるには不向きです。完全に愛人向けと割り切って考えるほうが良いと思います。

そして、交際クラブのデメリットは何といっても「男性からしか女性にアプローチできない」というシステム。自分のタイプに合った交際クラブサイトに登録しないと「全く連絡が来ない!」なんてことが日常茶飯事です。例えば可愛い!と綺麗!では同じハイレベルでも大きく違いますよね?

パパ活アプリなら色んなところに登録しても会員数が多いため、同じ会員を探すのは困難ですが交際クラブはそうはいけません。複数のクラブに登録している女性会員を男性会員は選ぶでしょうか?パパ活サイトと違い女性会員が圧倒的に多いので、攻略が必須。「交際クラブを選ぶ目利き」が必要になります。

もし自分のタイプはどこの交際クラブが向いているんだろう?と迷ってしまう方はカウンセリング型求人サイトのリボンだからできる「交際クラブ面接対策」「写メカウンセリング診断」など独自のプログラムがありますので気軽にご相談くださいね♪

パパ活アプリのデメリット

・匿名性が高く、機密性が低い
・逃げパパ・詐欺パパも自己責任
・タダでHしたい男性が数多く存在する
・低収入の男性が登録していることも
・男性側は未成年女性に注意

交際クラブと違いパパ活サイトのデメリットはやはり「誰が使用しているかわからない」といった点ですね。写真付きの身分証の確認はあっても、面接・面談がないので本人確認が少々手薄なのが残念。「逃げパパや詐欺パパの被害に遭った!」という女の子も後を絶たないのが現状です。
また、月額5,000円未満のパパ活アプリも多数存在し、出会い系サイトと区別がつきにくいのもデメリットといえるでしょう。実は世にいうパパ活サイトは、愛人探しよりも彼氏やセフレを探すほうが向いているといっても過言ではないでしょう。

交際クラブ・パパ活アプリのメリットを比較

交際クラブのメリット

・匿名性は低く、機密性は高い
・会員維持費がかかるため高収入男性の割合が多い
・芸能人・経営者といったハイクラスな出会いも存在する
・初回の出会いはクラブを介するため危険性は少ない
・月極の資金サポートなど愛人慣れしてるパパも多数
・CAや芸能人などの希少職種はチャンスがまわってきやすい

交際クラブのメリットは何と言っても機密性。顔出し写真が必要なクラブもありますが、長年マッチングに携わっているコンシェルジュによる直接紹介、また守秘義務を守らない会員は退会など堅牢性の高さも人気の理由でしょう。

ハイクラスな職種は悪い評判が立ったら仕事に影響が出ることもあり、男女ともに安心安全に愛人関係を結びたい!と考えている人が利用している印象でした。

パパ活アプリのメリット

・一般の出会いも求められる
・女性会員は自分からアプローチが可能
・男女ともに出会いの総量が多い
・男性会員はコストが安く利用できる
・女性会員よりも男性会員の方が多い

パパ活アプリのメリットは出会いの量です。「数撃ちゃあたる!」といった精神ならスペックに関係なくチャンスが回ってくるのもメリットといえるでしょう。

ただし、もったいないのは「自分は低スペ女子」と見誤ってる隠れ高スペック女子の存在です。実は交際クラブで通用するレベルがあるかもしれないのにランクを落としているなんてことも。コレは夜の世界では結構あるあるです。

「自分が高いレベルか?低いレベルか?」というのは一番わからないのは自分自身。リボンは「あなたにあった評価」を適正にお伝えします。「交際クラブ」と一言にいってもハイクラスから普通クラス。または、違法営業をしている危険なクラブまでさまざま。

「交際クラブ 犯罪」「交際クラブ 警察」といったキーワードがネット上に上がってくるくらいなのでキチンとした選別が必要です。自分に合ったクラブを見つけてより良い環境で合法なパパ活こそがパパ活女子のゴールと言えるかもしれませんよね。