2021.08.30

コンカフェの闇!違法店&詐欺スカウトの実態を徹底暴露!!

 記事のURLとタイトルをコピーする

メイドカフェから派生していき、近年は秋葉原で大人気のコンセプトカフェ。高時給&高待遇がウリでしたが「違法店が摘発されている!」「詐欺スカウト問題」などコンカフェの闇が浮き彫りになっているといわれています。

本当にコンカフェに闇は存在するのでしょうか?

コンカフェの闇は本当にあるの?

コンカフェの闇ですが、じつは営業形態がグレーいわれるお店が多く存在しました。老舗のメイド喫茶などは営業内容に変わりはありませんが、コンカフェはカウンターやボックス席でキャストからお客さんに対しての接待的な要素が問題視されています。

また、ネットスカウトをはじめとしたスカウトマンの風俗勧誘の間口にもなっていて「闇」があるかないか?といわれたら前者ではないでしょうか。

コンカフェ闇の事件簿~ニュースで報道されました~

コンカフェの闇を知る上でニュースとして報道された過去を調べればわかりやすくなります。摘発されれば業界は収縮し、違う業種がまた出てきます。

摘発の頻度や内容を調べることにより異業種への移籍の目安にもなります。また違法性がある店は遅かれ早かれトラブルの原因にもつながるので回避するためにも目を通しておくことをオススメします。

2021年コンカフェの相次ぐ違法摘発問題

2021年に入りコンカフェの相次ぐ摘発問題。今までは性的サービスを裏で行っていた…従業員に暴力を振るったといったことイレギュラーな摘発がおおかったのですが、

  • 午前5時まで営業
  • メイド女性のカウンター越しの接客
  • 接待内容が完全にガールズバースタイル

といった近年のコンカフェスタイルが否定されるような違法摘発が行われました。カフェ喫茶店は保健所主導の営業ですが、キャバクラやガールズバーは風俗営業1号なので届け出が必要。カウンター越しの接待が風俗営業に引っかかるといった内容で摘発されたそうです。

こんなコンカフェは危ない?!違法店にご用心

コンカフェの違法店とはどのようなお店を指すのでしょうか?下記のようなお店で働いている方は今後は注意が必要かもしれません。

1・ガールズバースタイル

お店に入るとカウンターがあり「いらっしゃいませ!」と女の子がカウンター越しにおしぼりを渡します。「お飲み物なににしますか?」ここまでは普通の飲食店の光景です。その次に「なにかお飲み物いただいてもいいですか?」これは、危険信号です。

長時間の間お客さんとおしゃべりするような業種は性的な行為を行わなくても、風俗業種として認定されることがあります。実際、ガールズバーのようなスタイルが風俗営業法にひっかかると認定され、営業停止に追い込まれたお店もあります。

2・キャバクラスタイル

一見普通の今カフェスタイル…。お客さんが来て普通に接客しているコンカフェの光景。しかし、奥にはボックス型のVIP席がチラリ…。セット料金を支払うことで移動し、女の子を指名して隣りに座ってもらうことができるキャバクラスタイルのコンカフェ…。

はい、超グレーなお店です。そんなカフェないですよね?あくまでコンカフェはメイドカフェの延長です。キャバクラスタイルを採用しているお店も風俗営業第一号を取得していないと検挙される可能性があります。

3・裏オプ有りのお店

確実な違法店としてお店のVIPルームで裏オプを提供している…なんてこともあるそうです。

  • 手コキ…1万円
  • フェラ…2万円
  • 本番…3万円~5万円

などバック料金は100%バックで風俗よりも儲かるというシステム。(決して推奨しているワケではありません。事実そういったお店の情報が目撃されています。)

もちろん特殊風俗営業届を提出しているわけではないので、完全にアウトです。違法店で働いたからといって従業員が罪に問われるケースはほとんどありません。

しかし、給料の未払い・辞めさせてくれない…といった他のトラブルに巻き込まれる危険性が高いので警戒するようにしましょう。

コンカフェと闇スカウトの実態|詐欺の手口を公開!

コンカフェ…ときくと怪しいイメージがつきまとう方も少なくないでしょう。それはナイトワーク経験者ならSNSで「高時給のコンカフェバイト」の募集を見たからでは…?!コンカフェと闇スカウトの手口を一挙公開したいと思います!

コンカフェは風俗の間口に利用されることが多い…

コンカフェのスカウトでよくある手口としては「高時給&高収入の楽なお仕事!」としてコンカフェ紹介を看板にするスカウトマン。実態はというとお店はなく「ごめん…今埋まっちゃった!」「他の業種ならあるんだけどお金に困ってるんだよね?」と言葉巧みに勧誘してきます。

コンカフェは違法性のない健全なお店はスカウトマンへのバックも少ないためあまり稼ぎになりません。違法コンカフェでもガールズバーやキャバクラとさほどSB(スカウトバック)は変わらないのもポイントです。

つまりコンカフェを間口に置いといて風俗を紹介する…といったやり口が一番儲かるのです。

まずは、スカウトマンに店名や住所などを確認してお店が本当にあるのかないのかを確認するようにしましょう。

コンカフェの面接に行ったら…デリヘルだった!

まだ、間口が風俗で女の子に説明があるようならかわいいものです。実際にコンカフェの面接に行ったら、デリヘルの面接だった…なんてメチャクチャな話もSNSに転がっています。

気が弱くて断れなさそうな女の子には強気のスカウトマンのほうが有利です。もし自分が「あまり意思表示ができない」「思ったことを口に出せない」など内気タイプだと感じるようならネットスカウトは利用しないほうが良さそうです。

コンカフェバイトの闇を見抜く方法とは

ちゃんとしたコンカフェでバイトしたい…。そう悩む方も少なくありません。では、正規のルールに則ったコンカフェはどのように探せば良いのでしょうか?

老舗のお店かどうかをチェック

まずは、コンカフェバイトを探す上で大切なのは運営履歴です。秋葉ではメイドカフェが流行し十数年が経過しています。もちろん、老舗店舗の営業もあります。そういったお店は長い時間をかけて営業しているだけあり顧客の心を掴み、リピータに愛されるお店に育っているからこそ長続きします。

まずはコンカフェで働きたい!と考えたら高時給ではありませんがそういった老舗店舗からスタートしお店を見る力を養ってから移転するといったやり方をオススメします。

お店の営業形態を口コミで確認

コンカフェというとオムライスやチェキ…といったイメージが大灯する反面、最近ではセット料金で時間制のお店が多発しています。キャバクラやガールズバーのようにキャストもプレゼントドリンクをご馳走してもらいドリンクバック…といった内容のお店は違法店舗の可能性があります。

また、コンカフェは基本的には飲食届なので保健所の管轄になります。つまり0時をまわって営業しているお店はとても危険というわけです。

お店の営業形態は口コミやホームページでチェックし、危険だな…違法店っぽい…とかんじたら避けるのが無難です。

ネットスカウトは絶対に使用しない

コンカフェはさまざまな求人誌や求人サイトでアルバイトを募集しています。時給1,000円~1,600円が相場価格といえるでしょう。

SNSでコンカフェの募集を検索するとありえないくらいの高時給や高単価な案件が出てきます。もはやキャバやガールズバーを追い越す勢い…。まともな営業をしているコンカフェでそのような内容はほぼ皆無です。

客単価が2,000円~4,000円くらいで女の子にそれだけ給料を渡しているとお店が潰れてしまいます。ネットスカウトはコンカフェで募集をかけ「今はいっぱいみたいだから似たようなお店で働かない?」など間口を広げた商法を使用します。

まともなコンカフェで働きたいのであればSNSのスカウトは利用しないようにするのが良いでしょう。

また、添い寝リフレやメンズエステなど非風俗で稼げる業種は他にもあります。視野を広くお仕事探しをするとより良い環境で働くことができるかもしれませんよ!