風俗のお店選びのコツとポイントを伝授!求人情報の正しい豆知識とは

 記事のURLとタイトルをコピーする

風俗で働くにあたり大きな部分を占めるのがやはり「お店の選び方」です。

あなたとお店の相性から収入面・衛生面・環境などどれも捨てがたい所ですよね。

選び方を間違えてしまえばせっかくの高収入を稼げるチャンスも時間の無駄遣いになりかねません。

この記事は風俗未経験の人にむけて「どういった観点からお店を選べばいいのか?」をあらゆる角度から徹底的に調査しています。

記事を読み終える頃には、悪徳店や不人気店といった風俗のお店選びで貧乏クジを引かない知識がついているでしょう。

風俗のお店選びは長続きできる業種を選ぶ

初歩的な内容ですが、風俗といえど、色んな業種があり働き方もさまざまです。

仕事内容からあなたのできる範囲を想像し、「風俗で一定の額を稼ぎだすミッション」を達成することを目的にしましょう。

長続きできるお店選びこそが最も重要なポイントになります。

風俗エステ

風俗の種類で最もライトなサービスで近年大人気の業種が風俗エステです。

性的サービスが一切ないマッサージのみのメンズエステ+ハンドフィニッシュ(手コキ)を追加したものが、基本的な仕事内容になります。

性的なサービスはほとんどないので精神的な負担が少なく、主な仕事がマッサージのため肉体的な負担はほかの業種より少し大きいのが特徴です。

基本的に「脱がない・舐めない・触られない」といったサービスなので風俗の仕事としては稼ぎは少ないジャンルですが、オプションの追加次第で稼げる金額も上乗せされ、生理中でも働けるためコンスタントに稼ぎ出すことができます。

【関連記事】風俗エステ|仕事内容・給料相場を解説!回春・性感とはどう違うの?

ヘルス

一般的な風俗として真っ先に想像しやすいのがヘルスかと思います。

ファッションヘルスといった店舗型、ホテヘル・デリヘルといった無店舗型から巨乳専門・ポッチャリ専門など沢山の種類がありますが、ほとんどプレイ内容は同じです。

主な仕事内容は「フェラ・素股・シックスナイン」といった基礎的なヘルスプレイで、挿入による本番行為は一切禁止されているというのがヘルスの特徴になります。

風俗エステと同じくデリヘル・ホテヘルはオプション設定の種類が充実しており、できる範囲が広がるほど稼ぎにも広がりが出る職種です。

ソープ

風俗の王様といえば、やはり頂点に立つのは「ソープランド」ではないでしょうか。

単価が高く、ロングコースも絡めば安定した収入が期待できるのが魅力です。

基本的にはヘルスプレイ+本番行為ですが、マットプレイやソープ洗体などを覚えることで、収入がより稼ぎやすい高級店に移籍するステップアップも夢ではありません。

高級店では繁忙期なら1日20万円以上の高給取りプレイヤーもザラにいる世界。

デメリットはオプションなどが他の業種と違い希薄なので、あくまで接客クオリティが重要視されるといった点ではないでしょうか。

【関連記事】ソープランドの大衆店と高級店の違い!嬢が知っておくべき最新の傾向とは?

交際クラブ(デートクラブ)

特に特別な接客のスキルを必要としない交際クラブやデートクラブでのパパ活は、他の風俗に比べて客層も良いため客層が気になる女性にとっては向いているお仕事です。

食事に行ったりデートをしたり、場合によってはホテルへ行くこともありますが、パパとの交渉すれば自分のペースでできる範囲の仕事内容をコントロールしたり、スケジュールを相談したりできるので副業を探している女の子にも人気です。

一方で、出勤している女性の中からお相手を選ぶ一般的な風俗店とは違い、登録されている女性全体がから自分を選んでもらわなければならないというデメリットも。

恋愛経験豊富な女の子であればパパの心を掴むことも簡単なので、キャバクラの延長のようなイメージで捉えるほうがいいかもしれません。

ただ、キャバクラのように女の子に対して華やかさを求めているパパは少ないので、ルックスやスタイルにそこまで自信がないという子でも1度は面接にチャレンジしてみる価値はありそうです。

【関連記事】風俗のバイトが気になる!13種類の仕事内容とみんなの平均収入も暴露!

店舗型・無店舗型でお店を選ぶ

お店を選ぶ際には店舗型・無店舗型も視野に入れるといいでしょう。それぞれメリットやデメリットがあるので、働き方に合わせて相性を考えていきましょう。

店舗型

ソープ・ファッションヘルスが店舗型の二大巨頭です。

店舗型のメリットは確実にスタッフが近くにいるのでアクシデントがあれば直ぐに回避できるといった点です。

また、金銭の授受も係員が担当しているため、「チケット」と呼ばれる売上の”引換え券”さえ無くさなければまず金銭トラブルには巻き込まれないでしょう。(接客前にボーイさんにプレイ時間が記載されている券を受け取るのが一般的です。)

さらに店舗型の求人誌で募集しているようなお店は、悪得店やブラックなお店が少ない傾向にあります。

ただし、部屋数と営業時間が限られてるため、出勤日の遅刻や当日の急な欠勤は罰金が設けられていることも。

お店によって何日前まではセーフという決まりを作っている場合があるので、事前に確認しておきましょう!

無店舗型

デリヘル・ホテヘル・風俗エステの大半は、無店舗型になります。

無店舗型の風俗店は営業時間が24時間のお店も多く(実際は朝5時まで)、部屋数が決まっている店舗経営に比べて時間の都合をつけやすいのが女の子の大きなメリットと言えるでしょう。

また自宅が待機所の近くなら、自宅待機しながら仕事が入ったらその都度出勤するといった働き方も可能です。

ただし、アクシデントやトラブルは店舗型よりも弱く、悪徳店やダミー店の半数以上が無店舗型といわれていたりとデメリットもあるので注意しましょう。

【関連記事】メンズエステの仕事内容の違い|派遣?店舗?マンション・どこで働くの?

単価でお店の種類を選ぶ

お店の選び方の一つとして単価で選ぶといった方法があります。

ただし、安易に「高単価のほうが稼ぎが良くなる!」と一面的な判断をするのは危険です。

低単価でも客数次第では売上げが期待できますし、高単価でも客数が絞られると厳しくなります。

激安店

激安店の特徴は「とにかく値段が安い!」といった売り文句でお客さんの数を集めるのが最大のポイントです。

必然的に接客本数が多くなるので、体力に自信がない人にはオススメできません。

「自分自身のランクが自信がない」という女の子は単価が安く、コースの時間が短い、激安店を選ぶ傾向にあります。

大衆店

風俗のお店では一般的な値段設定やコース時間を取り扱っている店舗を大衆店と呼びます。

客層も若い人からご年配の方、時間もショートコースからロングコースまでまさに大衆に向けられた内容になっており、幅の広さが特徴といえるでしょう。

ランキングに入るクラスになると中級店・高級店クラスで働ける女の子も見かけるのでその度に「もったいない!」と呟いてしまいがちです。

但し、中級店以上は仕事のクオリティのハードルが「グン!」と上がるので未経験者や自信がつくまでは大衆店からスタートして様子をみるのも良いでしょう。

高級店

コース時間も長く、単価が最も高いのが高級店です。

また、コース時間が同じでもプレイ内容はスキルや技術を伴う接客が求められるので、そのぶんバックが大衆店の倍近くあるケースも。

高級店といえばデリヘル「どうせ本番行為あるんでしょ?」ソープ「どうせ、NS・NNでしょ?」という質問が必ずありますが、答えはNOです。

希望しているお店が求めるようなハイクラスな女性だと、大衆店のようなゴム着用やほとんど同じプレイ内容でも高級店に入店するための交渉もできます。

肉体面も精神面も優遇されている高級店ですが、デメリットとして交渉するお店選びの情報網がないと難しいので一般的な風俗求人サイトから自分で探し出すといったことは至難の業といえるでしょう。

【関連記事】ヘルス・デリヘルで本番強要を回避!未経験でもできる接客術のコツ

働ける曜日・時間帯でお店を選ぶ

平日

「平日は稼げない!」といった印象がありますが、働き方次第では安定した収入も期待できます。

例えば「人妻・若妻系」のマニアなお客さんは、本物の人妻は平日の昼間しか動けないことを熟知しています。

つまり、需要のあるお店選びをすれば、風俗嬢はなるべく避けたい平日お昼間も問題なく稼働することができるのです。

また平日の朝昼は店舗運営の朝割やサービスタイムといった激安店の稼働率も高いのが特徴です。

夜の時間帯は繁華街だと比較的に稼ぎやすいので、バランスを考えたお店選びを心がけましょう。

土・日・祝日

土・日・祝日は昼夜ともに稼ぎやすいと言えます。しかし、店舗型だと部屋数に限りがあるので人気がないと出勤が削られることも。

土・日・祝はお店側が求めるランクにフィットするお店で働くことが最重要。

「ずっと枠が埋まっているのに稼ぎが見合っていない!」と本来ランクが高いのに単価を落としたせいで半分の稼ぎになっていたり、

「土・日なのにお客さんが全然付かない!」と女の子の出勤が飽和しているお店で働いてしまっているケースも存在します。

心当たりのある人は移籍も視野にいれたほうがいいでしょう。

職場環境でお店を選ぶ

風俗は長く続けるお仕事ではないので「高単価・高収入」は魅力的ですが、働くたびに苦痛だと長続きせずにお店を転々としてしまい稼ぎづらくなるといったことも考えられます。

そんな方は「職場環境からお店を選ぶ!」とった方法をおすすめします。

寮の設備でお店を選ぶ

都内は「寮完備」と書かれていても、実際には都心のお店ほどほとんど寮の用意がありません。

地域性の違いで地方に比べて保証会社(ナイトワークで働いている女の子の保証人になってくれる会社)というものが沢山あるので、「寮」の需要自体が少ないことが要因です。

しかし、地方ではいまだに平均1日3,000円で家具付きのワンルームマンションやアパートを貸出してることも。

同じマンションに1人1部屋与えられる集団寮も存在し、その場合は1日0円~2000円前後が多いです。

地方で働くときは面接の前に「寮はどんなかんじですか?」と一言聞いてみると良いでしょう。

集合待機・個室待機でお店を選ぶ

平日のピーク帯以外の時間帯や給料日前など、どうしても空き時間が出たときに気になるのが待機状況です。

都内は無店舗・店舗型の両方とも【集団待機】が一般的で、事務所や集団待機所に女の子が待機し、仕事が入ると個室、お客さんの自宅・ホテルに派遣されます。

地方のソープやファッションヘルスはまだまだ【個室待機】が主流なので都内や関東圏以外でお仕事する場合は、お店選びのポイントのひとつになりますよ!

【関連記事】関東のソープは個室or集団待機どっち?休憩はどうしてる?

交通のアクセスでお店を選ぶ

店舗型のお店でも無店舗型のお店でも都内は電車での通勤が一般的です。

店舗型はお店に、無店舗型は事務所や集団待機所からの出勤になりますので、営業時間やそのお店の稼げる時間帯にあわせて始発や終電などは要チェックです。

またお店によっては送迎が用意されていることも(早朝・深夜など)あります。

地方だったらお店がマイカー通勤がメインになると思うので「駐車場と提携しているか?」「お店や事務所の近所に駐車場はあるか?」など確認しておくと良いでしょう。

都内・地方関わらず基本的には交通費は自己負担です。

〇〇なお店を選んではいけない!?

お店選びは多面的に判断しなければいけませんが、良くない選び方は確実に存在します。

この項目では「絶対に〇〇なお店を選んではいけない!」と題しまして、初心者や未経験者がついつい選びがちな手法をピックアップしてみました。

ボーナスや保証の額でお店を選んではいけない!

ボーナスや保証といった言葉はとても魅力的です。

働かなくても多額のお金が貰える!なんて…って甘い話信じていませんか?

ですが実際には、ボーナスや保証というのはあくまで付加価値の一部であり、アテにするものではありません。

その理由も一つ一つの保証ごとに説明していきましょう。

日割り保証

お客さんの人数や売上に関係なく、一定額の給料が日払いで保証されるシステムを「日割り保証」といいます。

風俗求人誌でよく見る「1日最低保証〇〇円!」といった内容のもの。最低保証なので、売上が日割り保証以上を超えると効果はなくなります。

但し実際は全員が貰えるわけではなく、ほとんどのお店では「本指名のバック1か月で〇本以上」且つ、「月間出勤日数〇日以上」といった条件がついています。

地方への出稼ぎなどを除き、日割り保証の条件は「絶世の人気嬢」じゃないとほぼクリアできない内容が多いのが事実。

これが日割り保証だけでお店を選んではいけない理由です。

トータル保証

お客さんの人数や売上に関係なく、一定期間の売上が保証されるシステムをトータル保証といいます。

トータル保証も日割り保証と同じく「月間出勤日数〇日以上」且つ、「一日の出勤時間〇時間以上」といった条件がついています。

主に都市部から地方に出稼ぎに行く際に「〇日間で〇円は確実に保証します」といった内容が主流です。

都市部だと「最低保証〇円」と書いてる場合は、いざ面接に行くと保証は保証でもだいたいがトータル保証の場合も…。

実際に受け取れる保証ですが、たいていの場合であればクリアできるようにハードルが低めに設定されているので「出稼ぎ以外」はトータル保証でお店を選ぶ理由がありません。

入店祝いボーナス

「新人期間中は一日○○万円保証!」「入店祝いボーナス○○万円贈呈!」などお店に新規で働きに来る女の子に高待遇な内容が書いてることがあります。

これも「条件付き」がほとんどです。

もし、入店と同時にボーナスが貰えたら働かずに帰りませんか?

そうしたら、お店は一瞬で潰れてしまいます。入店祝いは本当にアテにならないボーナスなので計算に入れて働くと痛い目を見るので注意しましょう。

【関連記事】風俗求人情報は嘘だらけ!?『保証あり』の甘い誘惑には注意!

バック率でお店を選んではいけない!

また、求人誌を見ていると「バック率70%以上可能」などバック率を煽った募集も。

バック率は給料の一部の目安ですが、どちらかというと大事なのは単価とお客さんの数です。(客数>客単価>バック率)

バック率が良くてもプレイ料金が激安だと無意味ですし、お客さんがまったくつかないお店だと例えフルバック(業界用語で100%バック)でも女の子の収入は0円です。

【関連記事】風俗の稼ぎはバック率の交渉よりも〇〇で全てが決まる!

お店選びはプロに任せる

最後にお店選びは「どれだけお店の情報を知っているか!?」が一番重要なポイントになります。

収入面・環境面・衛生面といった多面的な情報ベースが必要ではないでしょうか。

Ribbonは求人サイトですがカウンセリング型の求人サイトなので、場所や職種だけでなくありとあらゆる悩みに寄り添い、「都内・関東近郊を中心に1000件以上」のデータベースを基にあなたにピッタリのお店選びのお手伝いをしています。

もし、お困りなことがありましたら無料LINE相談・電話も受け付けていますので、まずは気軽にご相談くださいね!

【関連記事】会話下手でも風俗嬢やメンエス嬢になれる?人見知りが行なうべき接客トークとは?