ソープやデリヘルの掛け持ちはOK!?メリットやデメリットも解説!

 記事のURLとタイトルをコピーする

ソープやデリヘルで働いていると「この店は稼ぎが悪くなってきた」「シフトが削られるようになった」などさまざまな不満点が現れることがあります。

そもそも、昼も夜も働きたいのにシフトに入れてくれない!といった悩みも。

そこで知りたいのは、ソープやデリヘルの風俗同士の掛け持ちはOKかどうか?ということ。

  • ソープやデリヘルの掛け持ちはOKか?
  • ソープやデリヘルを掛け持ちするメリット・デメリット
  • ソープやデリヘルを掛け持ちする方法

について解説していきたいと思います。

ソープやデリヘルの掛け持ちはOK?!

まず1番気になるのはソープとデリヘルの掛け持ちはOKかどうかということ。

お店側に問うと「シフトで問題があるなら相談にのるよ」など話を濁されることもおおいので、基本的な業界の暗黙の了解を解説していきたいと思います。

ソープ同士の掛け持ちはNGなお店は多い!

ソープ同士の掛け持ちがNGなケースはかなりあります。業種的にもお店を構える店舗型なので変な風評被害がお店の低評価につながったり、売上が左右されると店舗維持が出来なくなるので致し方ありません。

・〇〇ちゃん〇〇のお店でも働いているらしいね
・うちのお店は掛け持ちダメなんだけど〇〇ってお店知ってる?

など面接時に掛け持ちに触れていない場合は遠回しな表現で圧力がかかることも。

ただし、エリアがかけ離れている場合などお店や女の子の人気具合によってルールは変わりイレギュラーもあります。

基本的な暗黙の了解としては「ソープ同士の掛け持ちはNG」という裏設定があることは理解しておいて損はないでしょう。

デリヘル掛け持ちは女の子の人気や契約内容による

反対に、無店舗型のデリヘルや風俗エステ系などは同じ業種やエリア範囲外などお店のルールを厳守すれば、掛け持ちはOKなお店も少なくありません。店舗型と違い、顔出しなしのメンズエステ(関連記事:メンズエステで顔出し写真は不要?リスクやトラブルを軽減セヨ!)など、無店舗型にもゆるい業種とそうでもない業種があります。

ただし、雑誌に掲載されるレベルの人気嬢などはお店的にも問題が大きくなりやすいので敬遠されることもあります。

デリヘルは高級デリヘル(関連記事:高級デリヘルの仕事内容|給料・バックが超一流すぎて一同ドン引き?!)などでない限りは掛け持ちに対して咎められることは少ない印象です。

ソープやデリヘルの掛け持ちはどうやってバレる?

ソープやデリへルの掛け持ちなんて絶対にバレないでしょ!と考えていても高確率でバレてしまうのには理由があるのです。

掲示板の情報

まずは、全国的に風俗ファンと呼ばれる熱狂的な信者が存在します。彼らは日夜リサーチを繰り返し写メ日記やSNSの私物やアクセサリーなどから特定をし、わざわざご丁寧に働いてるお店のスレッドなどで拡散してくれるのです。

顔出ししてないお店でも写メ日記やSNSは要注意!身バレやストーカーなどに繋がることもあるので徹底しましょう。

女の子からのリーク

仲のいい友人と「〇〇で働いているんだ!」みたいな会話…それを待機所で聞いている他の女の子だったり、悪気がない友達がスタッフに言ってしまうかも?!女の子からお店へリークされることもあるので油断は大敵です。

お店同士の報告

エリア内ならまだしも他県のソープで掛け持ちしているのに店員さんにバレた···という報告があります。

大型のお店ならネット班がチームで存在し、「自分たちのお店の写真が無断で使われていないか?」などチェックしていることも。

出稼ぎの宣材写真やパネル写真をケチって使い回していませんか?または写真スタジオが勤務している店舗の近場ではありませんか?

パネル写真だけではなくwebを回遊しているスタッフに同じ写真でバレたといった報告は多数ありますのでソープやデリへルの掛け持ちをするときは写真の使い回しは避けましょう。

ソープやデリヘルを掛け持ちするメリット

ソープやデリヘルを掛け持ちするにはもちろんメリットやデメリットが存在します。まずはメリットを考えてみましょう!

収入のリスク分散になりやすい

ソープやデリヘルなどいろんなお店で働くと「稼げるお店」と「稼げないお店」の目利きが優れていきます。

また、シフトはあまり入れすぎると新鮮さが失われるので、掛け持ちしてセーブするなど工夫すれば収入のリスク分散にもなります。

「稼ぎ」だけを着目した場合は枠が全埋まりするランキング嬢でもない限り掛け持ちは魅力的な働き方といえるでしょう。

時間を有意義にコントロールしやすい

土日などの稼げる日や、ナイトなどの稼ぎやすい時間帯は女の子のシフトが集中します。

店舗型はお店の部屋に限りがあるのでシフトがカットされることも少なくありません。

省かれたシフトを埋めるようなもう一つのお店があれば時間を有効活用することができますよね。

また、「毎日働きたくない」という女の子は1日にシフトをギュウギュウに詰めるなどより幅広い働き方が出来るたといったメリットがあります。

(関連記事:風俗の勤務は何時間が理想?土日、平日、週一、短期でも稼げる方法教えます!

非常時にも幅広く対応することができる

ソープやデリヘルで働いていると、新型のウイルスやお店への監査など、予期しない出来事でガタンと収入が減ってしまうことがあります。そんな時、一枚でも多く手札は隠し持っていたいもの。と考える嬢は増加しているようです。

ソープやデリヘルを掛け持ちするデメリット

つづいて、ソープやデリヘルで掛け持ちするデメリットを解説していきたいと思います。

掛け持ち禁止のお店が山のようにある

掛け持ち禁止!と面接時に通告を受けていなくても、実際に働いてみると掛け持ち禁止のお店は山のようにあります。

素人目で「このお店は大丈夫かどうか?」といったことはなかなか判断がつかないもの。

掛け持ちをすることにより大事にしている職場に居づらくなるのはたまったものじゃないですよね。

ペナルティーを受けることがある

掛け持ちしていることを知られると「フリーを回してくれない」といったペナルティーを受けることがあります。

またお店の業績があまり良くないのに掛け持ちしていると、最悪クビになることも。

お店や女の子一人一人に対してルールが違うのでペナルティーの内容が変わるのもデメリットのひとつです。

(関連記事:風俗店のルールや違反行為は?働くなら覚えておきたい対処法

名前でミスをすることも

お店を複数掛け持ちしていると源氏名がごちゃごちゃになり間違えた名前を言ってしまうことも…。そういった名前のミスをアンケートについつい書いてしまう愉快犯的なお客さんもなかには居るのです。

小さなことの積み重ねで掛け持ちはバレてしまうのでソープやデリヘルを掛け持つには高度なテクニックが求められます。

ソープやデリヘルを掛け持ちする良い方法

実際ソープやデリヘルで働いてみると結構な女の子が掛け持ちをしていますでは。では、いったい彼女たちはなぜ掛け持ちできているのでしょうか?

グループ店の中で掛け持ちをしている

風俗にはたくさんの業種を運営しているグループ店があります。ソープ・デリヘルからメンズエステなど幅広く手掛けているため常に女の子不足のチェーンも。

そんな時グループ店同士で女の子を回転させ「新人」や「レア出勤」の扱いをさせることで音のこの売上げにもつながりやすいのが特徴です。

グループ店どいえど、同県や隣県だけでなく遠く離れた地方で運営していることも。

お客さん用のホームページでグループ内で同じ女の子が在籍していないか?などチェックしてみましょう。

短期集中で出稼ぎに行っている

例えば同じ店に通い続けるとバレやすい傾向にありますが、掛け持ちなれている子は繁忙期で女の子が少ないお店に短期集中で出稼ぎに行きます。

ただし、そういった女の子は独自の出稼ぎネットワークをSNSなどで広げていて圧倒的な目利きの力があります。

また、現在は都会圏内の女の子を受け入れない地方店も少なくないので、より精度の高い情報収集能力も求められます。

プロにお店選びを手伝ってもらう

もし、掛け持ちしたいのに「右も左も分からない」「頼れる友人もいない…」というかたはプロに頼るという手もあります。

しかし、なかなか信用できるスカウトに出会うのも至難の業。掛け持ちOK!と求人情報に記載されている掛け持ちは昼職を指しているからです。

そんな場合はプロに相談するのも一つの手です。長年業界に務めているとどこまでがNGで、どこまでがOKかなどのギリギリの線引きができる人が少なからずいるからです。

ただし、中には詐欺業者などもありますので慎重に選んでみてくださいね♫