キャンパブとは|仕事内容・給料相場・プレイの流れを徹底解説してみた!

 記事のURLとタイトルをコピーする

求人広告見ていると「キャンパスパブ」(キャンパブ)というジャンルのお仕事を見たことがありませんか?!

必ずと言っていいほど記載内容にはソフトサービスで高収入なナイトワークというキーワード。

セクキャバやランパブなどの水商売系?それとも、ソープやヘルスなどの風俗ジャンルのお仕事?なかなか見当がつきませんよね。いったいどんなお仕事でしょうか?

この記事では、

  • キャンパブとは
  • キャンパブの種類や年齢層
  • キャンパブの仕事内容
  • キャンパブの給料相場

について解説していきたいと思います。 

キャンパブとは

キャンパブの女性

キャンパブ=東海地方のピンサロ

まずは、キャンパブという業種はジャンル的にはどういったお仕事かということが一番気になるところじゃないでしょうか。

キャンパブとは名古屋を中心とする東海地方から派生したピンクサロンの別名称です。

発祥の始まりは東海地方でピンクサロンの摘発が多発していた時期に、キャンパブという新しいジャンルのお店が隠れ蓑に使われた…という由来があります。

関東地方でセクキャバの摘発逃れで誕生したいちゃキャバのようなものですね。登録届は飲食店届けがほとんどで、ピンサロとほぼ同じ形態といえるでしょう。

関連記事:ピンサロの仕事内容・給料相場を解説!

キャンパブは性的サービスを目的としたお店

キャンパブはサービスや作りはピンサロにかなり似ています。ソファー席はパーティションに区切られているお店が多く、ラグジュアリーなお店はファッションヘルスのように完全個室のケースもあります。

あくまで飲食店なのでシャワーやお風呂が常設されているわけではなく、おしぼりやスプレーでの消毒になります。

キスやソフトタッチはOK。手コキやフェラがメインのサービスになります。お店によってはお触りがと手コキのみでフェラなしのお店もあるようです。ピンサロ同様に花びら回転を導入しているお店も存在します。

キャンパブの種類

学園コスプレの女

キャンパブの名称由来はキャンパブです。キャンパスとは学園ということを意味し、セーラー服や制服でサービスをするのがはじまりでした。

今は名前だけが引き継がれ、キャンパスパブ=制服でのサービスとは言えません。色んなコンセプトに基づいてサービスが行われています。

学園系キャンパスパブ

学園系のキャンパスパブはいまだに根強い人気で、制服コスプレでのサービスをするお店です。

年齢的には20代前半~30代前半の女の子が勤務しています。全体的にも値段設定が高めなため、キャンパブでも稼ぎやすいジャンルになっています。

人妻系キャンパスパブ

近年の熟女ブームからじょじょに人気が出ている人妻系キャンパスパブ。年齢層は高めの30代前半~。

コンセプトは人妻ですが、ポチャ系のコンプレックスがある女の子も採用されやすいことから人気です。ただし、値段設定が低めになっていて回転数で稼ぐお店が多い印象です。

コスプレ系キャンパスパブ

着物生地の和装やメイドさん、ナースなどのコスプレに身を包み接客するコスプレ型のキャンパスパブです。料金設定は学園系とあまり変わりません。年齢層も20代前半~30代前半くらいをカバーしています。

回転系キャンパスパブ

回転系キャンパスパブは料金が格安設定にされています。10分2,000円~といったお店も。

就労中はお客さんが回転して接客数をひたすら重ねていきます。採用枠はかなりゆるく、年齢層も20歳前半~40歳前後までまばらです。

キャンパブの仕事内容について

キャンパスパブの種類

キャンパスパブはどのようなお店で、どんなジャンルの働き方があるかもわかったきました。では、キャンパブの具体的な仕事内容について解説したいと思います。

キャンパブの接客の流れ

1・挨拶

キャンパスパブでは料金の受け渡しはスタッフが行います。場内アナウンスで「◯◯さん◯ばんテーブルへ◯コーススタート」といったマイクパフォーマンスがあると席に付き接客開始。まずは名前を名乗り挨拶をしましょう。

2・会話

回転コースだとすぐにプレイに入りますが、基本的には軽い会話を挟みます。「どこから来たんですか?」「今日はお仕事ですか?」といった当たり障りのない会話で問題ないでしょう。短時間だとお客さんがイカナイこともあるのでスムーズな会話が求められます。

3・脱衣アシスト

会話を行いつつも脱衣アシストを行います。お客さんが脱いだ服を丁寧に畳んでいきます。靴下や下着はタオルに包むなどお店のルールにあわせてアシストします。

4・洗体

キャンパスパブはシャワーやお風呂がない業種です。おしぼりに消毒液を吹きかけて性器や上半身を軽く洗体してあげます。

5・サービス

キャンパスパブの基本的なサービスを開始します。キス~手コキ~フェラの流れが一般的。お店によっては手コキのみの場合があるのでマニュアルに従いましょう。

6・フィニッシュサポート

お客さんを射精に導くとフィニッシュをサポートしてあげます。おしぼりで再度丁寧に拭いてあげ、拭き残しや不快感がないかを確認してあげましょう。

7・着衣アシスト or 回転

最後に着衣アシストをしながらアフタートークを心がけます。「いっぱい出たね」「今から何するの?」といった言葉がけをしてあげましょう。回転で他の女の子が来る場合は着衣アシストは飛ばします。

8・お見送り

時間が来たらお客さんのお見送りをしましょう。バックヤードに戻り、自身の身支度を整え直したら次の接客まで待機します。

キャンパブの1日の仕事の流れ

ピンクの砂時計

1・出勤確認

出勤する数時間前に「今から出勤します!」という出勤を確認する電話を行います。出勤確認の点呼をとるお店と、とらないお店があります。

2・出勤

出勤します。キャンパブは交通機関が機能していない早朝出勤以外は基本的に送迎はありません。オープンがお昼間のお店がおおいため交通機関を使って出勤するのが一般的です。

3・サービス準備

お店に到着したらドレスやキャミワンピなどの衣装に着替えます。おしぼり・ローション・消毒液などのお仕事セットを準備します。

4・お仕事

お仕事を開始します。例:9:00~18:00の出勤なら18時ジャストまでがお仕事です。精算時間は勤務時間には含まれないことが多いです。

5・片付け

勤務時間が終了すると片付けに入ります。使用したお仕事セットを元に戻し、私服に着替え身支度をして精算に入ります。

6・精算

お仕事が終わると精算に入ります。キャンパブはその日働いた分のお給料は日払い制が採用されていることがほとんど。

お給料内容は間違えていることもあるので、キチンと控えて確認を行い受け取るようにしましょう。

キャンパブのプレイ内容と禁止プレイ

禁止事項

キャンパブはピンサロとプレイがほとんどおなじです。女の子は指入れNGのお店も多く、上半身のみ脱いでサービスを行うトップレスが一般的です。

  • キス
  • ディープキス
  • 乳首舐め
  • 手コキ
  • フェラ
  • 口内射精

が基本プレイになります。簡易的なヘルスサービスといえますよね。お店やサービス時間によっては素股やローションプレイも入ってくることがあります。

  • 本番
  • ごっくん
  • 聖水
  • 黄金

などはNGです。聖水や黄金もキャンパブの作りがボックス型で匂いが充満してしまうためオプションで行うこともほとんどありません。

キャンパブの給料システム

キャンパブのお給料

キャンパブのお仕事内容は理解できたでしょうか?短時間の客層がメインなのでかなりシンプルな内容になることが多い業種ですね。続いては、お給料について。

キャンパブはお店によりますが日払いのお店がほとんどです。昔はピンサロのように時給4000円前後と時給制のお店も目立ちましたが、最近は完全歩合制のお店が主流なようです。

バック率の相場は50%~55%前後。バック単価は10分1,000円~1500円くらいが相場です。

お客さんへドリンクを出したり、いただくこともありますがドリンクバックを設定しているお店はほぼありません。雑費は0円~1,500円前後が平均です。

ロングタイムメインのお店はオプションもあり、オプションバックの相場は50%~100%とオプション内容やお店によって変動。日給相場は15,000円~30,000円前後。月給相場は20日出勤で250,000円~500,000円くらいが相場です。

  • 時給制・完全歩合の二種類
  • 雑費は0円~1500円が相場
  • バック率50%~55%前後
  • 平均バック単価:10分1,000円~1,500円
  • 平均日給:15,000円~30,000円前後
  • 指名バック:500円~1,000円
  • お酒や飲み物のドリンクバックは基本なし

関連記事:風俗の平均バック単価・バック率のまとめ!
関連記事:風俗のチップは生命線?理由を徹底解説!

 

キャンパブのメリット・デメリット

メリットとデメリット

キャンパブはピンサロとほぼ同じ…では他の風俗業と比べどういったところにメリットデメリットはあるのでしょうか?検証してみました。

キャンパブのメリット

店内が暗い

キャンパブのメリットとして店内の照明がかなり暗いということがあります。 リスカや妊娠線も目立ちませんし、顔のシワやくすみといったコンプレックスがある人にとっても働きやすい環境と言えるでしょう。

関連記事:リスカ跡や妊娠線って風俗で働きにくい?!

会話スキルがいらない

キャンパブのメリットとして会話は挨拶を嗜む程度なので会話スキルはあまりいらないというところです。「おしゃべりが苦手」「お客さんと何を話していいかわからない」といった女の子もプレイに集中していればあっという間に時間が過ぎてしまいます。

ノルマや罰金がほぼない

リピーターを徹底的に確保し、集客しないといけないという状況はストレス ですよね。キャバクラなど水商売ではノルマに怯える日々ですが、キャンパブは接客ノルマといったものは特にありません。

また、当日キャンセルや遅刻以外で罰金が発生するケースもほとんどないのもポイントの一つです。

関連記事:風俗嬢にノルマや罰金ってある?ない?

給料が安定しやすい

キャンパブは回転系のお店が多い業種です。回転率が高いとリピーターを呼ばなくてもある程度の給料に期待することができます。単価が高いお店に比べて給料が安定しやすい傾向にあります。 

キャンパブのデメリット

体力的にしんどい

キャンパブはデリヘルやソープに比べてコース時間が短く、回転数を上げることで給料を安定させる職種です。体力消耗が激しいため、 体力に不安がある方にはあまり向いていません。

性病の感染確率が気になる

全体的に接客数が多いことがキャンパブの一番大きなデメリットです。接客数が他のジャンルよりも多いということは、性病の感染確率も気になるところ。シャワーやお風呂がないため他ジャンルよりも衛生的に劣ることもネガティブなポイントの一つではないでしょうか。

お店が見つからない

キャンパブは全国的に見たら数は少ないジャンルのお店です。東海地方以外に在住している方にとってはなかなかお店が見つからないでしょう。 「どうしてもキャンパブで働きたい!」という方は出稼ぎシステムを活用することをオススメします。

まとめ:キャンパブに向いている女の子・向いていない女の子

では最後にキャンパスをおさらいしておきましょう。キャンパブは東海地方にあるピンサロ系のお店です。お給料は完全歩合制の日払いが主流。お仕事内容はライトなヘルスサービスです。

キャンパブに向いている女の子は

  • コミュニケーションが得意ではない
  • 体型や体の傷などコンプレックスがある
  • 本番サービスは絶対したくない

キャンパブに向いていない女の子は

  • 容姿端麗
  • 体力に自信がない
  • 新人・未経験で他業種の面接を受けたことがない

キャンパブはどちらかというと経験者向けのサービスです。短時間で濃縮したプレイを求められることもあり新人・未経験の方は他の業種を経験してから働くのが無難と言えるでしょう。

当サイトリボンはカウンセリング型の求人サイトです。エリアやNG行為だけではなく、どんな小さなお悩みでもOK。まずはお気軽にご相談下さい!

また、リボンLINEでは最新のお仕事情報をお伝えしています。ご興味のある方はぜひぜひ登録よろしくお願いします!