在籍風俗vs出稼ぎ風俗|どっちが良い?メリット・デメリットを徹底比較!

 記事のURLとタイトルをコピーする

風俗といわれるとだいたいどんな仕事か想像がつきますが、具体的なシステムはなかなかわかりませんよね。

まず、風俗勤務の未経験者が知っておきたいことは、風俗には通勤できる範囲内でお仕事する在籍型と、泊まり込みでお仕事をする出稼ぎ型の2つの方法があるということ。

この記事では、出稼ぎ風俗と在籍風俗の比較について解説していきたいと思います!

在籍風俗と出稼ぎ風俗の違い

出稼ぎを探す女

在籍風俗とは

まず初めに自分の家から電車やバス…送迎車に乗ってその日のうちに通勤できる距離で働く風俗のお仕事を在籍風俗といいます。略して「在籍」と呼ぶことも。同じお店に所属して定期的に勤務することを指します。

自分が通勤できる範囲内からお店を選び、同じエリアのお客さんを接客するといった特徴があります。

出稼ぎ風俗とは

出稼ぎ風俗とは、通勤範囲外のお店に泊まり込みで働きに行くことを指します。在籍風俗とは違い同じお店に何度も働きに行くこともあれば、一定期間のみの短期集中型で働きにいくこともあります。

出稼ぎ風俗には

・田舎から都会に出稼ぎに行く
・都会から田舎に出稼ぎに行く

と2パターンの種類があり、メリットやデメリットなども大きく変わってきます。この記事では田舎から都会に行くタイプの出稼ぎ風俗にフォーカスをあてて解説していきます。

在籍風俗のメリットを解説

家にいる女

気軽に通える

在籍風俗の最大のメリットは気軽に通えるということ。いつも使っている交通手段で知っている土地に足を運ぶので不安もなく、スムーズに働くことができます。 電車の遅延などで遅刻してしまっても、リカバリーができるのも在籍風俗ならでは。

いざ体験入店して

・店の人と合わない
・客層が良くない
・雰囲気がよくない

といった問題があってもすぐにトラブルシューティングができるのも在籍風俗のメリットのひとつです 。

スケジュールが組みやすい

風俗は自由出勤でシフトも自分で組むことが魅力です。突然の予定やスケジュール変更でも在籍風俗なら融通が利きやすいのもポイント。子供がまだまだ小さいシングルマザーや、通学や通勤で大きい移動ができない方にも向いています。

好きな時間に働き、好きな時間に退勤する。空き時間に勤務してお小遣い稼ぎをするなどフレキシブルで柔軟なスケジュールを組みたい方には在籍風俗がおすすめです。 

関連記事:風俗とシフトについて

お店の情報収集がしやすい

知らない土地に働きにいく出稼ぎ風俗だとSNSや掲示板などインターネットを使った情報収集がメインになるので不安が残ります。その点、通勤範囲内で働きにいける風俗はいろいろな情報収集の方法があります。 

店舗型だと「存在するのかどうか?」「朝は流行っているのか?」といったことを実際に現地へ行き確認することもできます。

また、地元付近だとどういった客層が寄り付くかといったところも想定しやすく、自分の情報収集次第でハズレのお店をひく可能性を下げることができます。

リピーターを繋げやすい

風俗の働き方として新規顧客を獲得し続けるよりも、リピーターを増やすほうが安定して稼ぎやすいといわれています。常連客の方が長時間で来店することから、体力的にも精神的にも安心と考える人も少なくありません。

また、リピーターをたくさん作ることで、ボーナス時期やお正月などにチップがもらいやすいといったことも。出稼ぎ風俗に比べ、在籍風俗のほうがリピーターをつなげやすい傾向にあります。

在籍風俗のデメリットを解説

家で悲しい女

マンネリ化しやすい

良くも悪くも在籍風俗はマンネリ化しやすい傾向にあります。風俗業で最も集客効果があるのは新人期間といわれています。新人期間にお客さんがつかないとなかなか新規客をリピーターにすることは困難です。

売れっ子になって、人気が定着するのには問題ありませんが、もし売れない期間が長い場合は在籍風俗がデメリットなることもあります。

身バレするリスクがある

都内近郊や都市部だと通勤範囲内にいくつもの繁華街や風俗街があり身バレするリスクを分散することができます。しかし、地方都市や地方に行くと働く場所はどんどん限られて、同時に身バレするリスクもあがります。 

また、友人や知人などが同じエリアでばったりと出会ってしまう可能性もありえます。 身バレする確率を下げる方法はあっても、ゼロにはなりません。知人や友人用の対応策を前もって考えておくことで予防することをおすすめします。

関連記事:風俗嬢の身バレ・顔バレ対策について

保証・交通費は基本的に出ない

風俗求人の広告でよく見かける「〇〇円保証!交通費〇〇円!」というキャッチコピー。実はほとんどのケースで受け取ることができません。「あんなにどうどうと書いているのに嘘でしょ?」と思いますが、業界の求人広告は基本的に偽りだらけ。

実際に電話したり、面接に行くと一般的なお店はキチンと回答してくれます。入店が決まる前に保証・交通費の有無など金銭トラブルの原因になるような交渉を済ませておくようにしましょう。

関連記事:風俗の保証制度と条件の交渉術
関連記事:風俗で交通費は支給される?されない?

閑散期の影響を受けやすい

風俗にはボーナス時期などにお店が忙しくなる繁忙期と、暇になってお客さんが来なくなる閑散期という期間が存在します。2月・8月が一般的な都市部の風俗の閑散期。しかし、観光スポットやイベントごとなどで盛り上がる地域も。

在籍風俗だとどうしても地域性の影響で利益に浮き沈みが出て、閑散期の影響をモロに受けやすいということを理解しておく必要があります。

関連記事:風俗の閑散期を徹底的に網羅する方法!

出稼ぎ風俗のメリットを解説

旅にで稼ぐ女

新人扱いでスタート

出稼ぎ風俗のメリットとしてどこに入店しても「新人」として入店できることです。新人期間は風俗業ではもっとも稼げる期間のひとつ。

在籍風俗なら期間内にリピーターを作らないと後々が大変ですが、出稼ぎは期間が決まっているため、新規顧客のみを接客していくスタイルです。もし人気が出たり、リピーターが大量に獲得できるようならホームに切り替えることもできますよね。

保証や交通費が出やすい

在籍風俗は保証や交通費はほとんど出ません。しかし、出稼ぎ風俗は保証や交通費の交渉の難易度はそこまで高くありません。

お店側にとっても、新人期間のみで働く出稼ぎ嬢はお客さんへのPRポイントになるため重宝するのです。

コロナウイルスの影響で地域によっては上下しますが、地方部ではまだまだ狙いめな案件がゴロゴロと転がっているようです。

何度でも再スタートができる

風俗嬢は新人期間で人気が出るか出ないかでお店でのポジショニングがほぼ確定してしまいます。ほとんどはスター的な人気ではなく一般的な扱いです。

わかっていてもどのタイミングで移籍すれば良いのか?という見切りをつけることは判断が難しいところ。

その点、出稼ぎ風俗はあらかじめ期間が決まっているので、何度でもリスタートできるのも嬉しいところ。気に入れば再度受け入れてもらえるように手配すればいいだけ。人気嬢になるまで色んな場所でチャレンジすることができるんです。

身バレのリスクが低い

出稼ぎ風俗は在籍風俗と違い、親族や友人が住んでいない場所だとほぼゼロ近くまで身バレする確率を下げることができるところもポイントです。

どうしてもエリア内だと知人の遭遇確率が上がってしまうため、在籍風俗より身バレリスクは低いといえるでしょう。

気分転換ができる

在籍風俗のように、同じ場所に毎日通勤するのは気持ちが滅入ったり、ストレスにかんじることもあります。出稼ぎ風俗は自分の好きな土地をピックアップして働きにいくことも可能です。

仕事が終わればオフタイムを満喫することもあるでしょう。お休みやお仕事最終日に友達と一緒にご当地グルメや観光スポットへリフレッシュへ出かける女の子も少なくないようです。

出稼ぎ風俗のデメリットを解説

出稼ぎで失敗した

拘束時間が決められている

出稼ぎ風俗でネックなのは拘束時間が前もってしっかり決められていることです。自由出勤ではなく、あらかじめシフトを作成してから現地に行くことがほとんど。

まったくシフトがないデリ系で働いてる方にとっては、ストレスを感じることもあるかもしれません。

突然のスケジュール対応が難しい

また、出稼ぎ風俗は「明日から稼ぎに行く!」といった突然のスケジュール対応が困難です。前もって写メ面接を行ったり、寮やホテルなど宿泊場所を手配したりなどどうしても準備が必要になります。

新規店に出稼ぎに行く場合は1ヶ月前~遅くても2周間前までには手続きを済ませておきたいところ。

関連記事:関東エリアなら突然のスケジュール対応が可能!?

トラブルになると負担が大きい

出稼ぎ風俗のデメリットはトラブルになるとデメリットが大きいところです。保証・交通費・給料未払いの金銭トラブルから、条件の相違などいろんなことが考えられます。

知らない土地に行くだけでも心細いのに、トラブルリスクを抱えるのはかなりしんどいところ。信用のおける求人サイトや友人紹介などを利用しでリスクを軽減するようにしましょう。

関連記事:出稼ぎのトラブル対策やおすすめの地域はどこ?

出稼ぎと在籍はどちらが良いか?

出稼ぎと在籍のどちらが良いか?という議論はずっとあります。正直なところお店次第なので答えはありません。

コロナウイルスの影響もあり出稼ぎが稼ぎにくい地域が出てきているのも事実ですし、突然の緊急事態宣言でお店が休業…となったら在籍嬢はかなり厳しい生活をしいられることになります。

2020年以降のもっとも賢い風俗の働き方は

・異業種の在籍店を掛け持ちする
・在籍と出稼ぎを掛け持ちする

といったリスク分散です。エリア内で風俗業の掛け持ちは基本的にNGなので、「風俗と健全メンズエステ」や「風俗とコンカフェ」など業種を変えて掛け持ちするのが一つ。

同じジャンルでも遠いエリアだと掛け持ちOKなお店を探して、出稼ぎと在籍の二本柱で掛け持ちするといった方法がひとつ。

「短期集中なら出稼ぎ!」「長期型は在籍!」というのはもう昔の話です。当サイトリボンはナイトワーク探しのカウンセリング型求人サイト。

希望エリアや「こんな職種がいい!」「こんなプレイは嫌だ」といったお悩みからお仕事探しをサポートします。どんな気軽なご相談もOK!ご連絡お待ち空いております。

また。リボンLINEでは最新の求人情報も発信中!興味のある方はご登録よろしくおねがいします。