風俗勤務は18歳(高校生不可)以上!?19歳で働けないお店も?!

 記事のURLとタイトルをコピーする

風俗勤務の年齢制限は18歳以上と…様々な求人誌や情報誌でみかけますよね。しかし、本当に18歳以上は大丈夫なの?法律的に問題はないの?といったことが気になりますよね。調べていくと未成年が全般NGなお店もあるという噂も。

この記事では

  • 風俗は18歳以上からOKか?
  • 18歳以上から働ける風俗の種類
  • 非風俗「ミテコ」には要注意!

といったことについて解説していきます。

風俗は18歳以上なら勤務OK?

まず、真っ先にきになるところですが風俗は18歳以上なら勤務ができるかどうかというところだと思います。

風営法では18歳未満の接待が固く禁止されていると記載されています。ということは18歳は上記の法令で定められた違反年齢には含まれません。結果、18歳以上の風俗での勤務は法律的にはOKという判断になります。

意外かもしれませんが高校生はダメ!専門学生はダメといった細かな詳細は設定されていません。しかし、高校生を雇っている風俗を見たことがありませんよね。

求人情報にも18歳以上(高校生不可)といった制限が必ずといっていいほど設けられています。なぜなのでしょう?

風俗で18歳以上の高校生が採用されないのはなぜ?

風屋業界の暗黙の了解

まずは風俗業界の慣習というのが一つです。どこもかしこも「高校生は不可!」と求人に書かれている中で「高校生大歓迎!」という求人広告があったたらどうでしょうか。杭が出てしまい叩かれやすい状態になりますよね。例えばライバル店が「あそこは高校生を雇っている!」と掲示板やSNSで発信すればどうなるでしょうか?

世の中の批判やバッシング

ほぼ、100%の確率で風俗店で高校生を雇用するとありとあらゆるバッシングを食らうことになりますよね。違法ではないにしろ条例に触れたり、それ以前の倫理観の問題などで取り上げられることになるでしょう。

そんなお店にお客さんが行きたい…とは思いませんよね?風俗店から出たらテレビのインタビューなんてワイドショーの格好の餌食になる可能性もありますからね。

警察に目をつけられる可能性も高い!

そして、さらに恐ろしいのはそういった標的は警察に目をつけられやすいということですね。「高校生大歓迎!」なんて書いてあったら18歳未満も雇っているんじゃないか?と目を光らしたくもなりますよね。ということで高校生を雇わないのには様々な自主規制せざるおえない理由が隠されていることが判明しました。

18歳・19歳の未成年が採用されない風俗とは

19歳にもなると18歳以上ですし、高校生の可能性は限りなく低いのでファッションヘルス・デリヘル・オナクラなどほとんどの風俗で働くことができます。

しかし、油断は禁物です。なんと、風俗の王様といわれる吉原遊廓のほとんどの女性求人は20歳以上なのです!

求人を見てみると20歳以上の募集がズラリ!未成年ということは19歳も対象外ということ。元スタッフに話を聞いてみると理由は定かではないけど条例や特殊入浴協会の関係で未成年は基本的には雇わないとのことでした。

東京や神奈川県は未成年(20歳未満)を雇わないソープが大半です。最も高収入が狙える業種なので他府県に働きに行く女の子も少なくありません。

ただし、都内圏は地方に比べると派遣型の風俗もかなり平均収入が高いのでお店選びさえこなせば他府県へ移動せずともある程度の収入を稼ぎ出すことも可能です。

風俗の寮は18歳・19歳の未成年でも利用できる?

18歳・19歳の風俗嬢に重宝されるのが寮です。求人では決め台詞のように「寮完備!」と書いてありますが、都内においては半数以上が「不動産屋を紹介する」レベルでそのまま入居というケースはほとんどありません。

都内近郊は家賃が高くお店が維持できないので寮が完備されている風俗店はほとんどありません。しかし、地方は土地が都内ほど高くないため寮を完備しているお店も結構あります。基本的に従業員なら18歳でも19歳でも入居可能です。(お店の判断によります)

(関連記事:風俗の寮って家賃はかかる?持ち込み道具&部屋の内容が知りたい!

未成年は基本的に親の承諾なしでは家は借りることができません。しかし、夜職専門の不動産屋などの仲介業者は存在します。(関連記事:風俗嬢でも賃貸契約できる?入居審査で「即」家を借りる方法!

こういった不動産屋を風俗店とつながりがあることも多く、女の子に紹介をすることもあります。

超危険!18歳未満が働く違法風俗「ミテコ」とは

10代の女性が気をつけないといけない点は、非合法風俗の存在です。合法だと思って入店したら18歳未満を雇う非合法なお店ということがたまにあります。

「友達がお店をやっている」「身分証なしでも働ける!」といった内容で届け出を出していない裏風俗の一種です。ミテコとは「身分証を提出できない子」の略。

合法の風俗は「年齢確認」「本人確認」のためにマイナンバーや免許証などの顔つき身分証の提示が不可欠です。「身分証はいらないから!」というお店で働くのは本当に危険なので絶対にやめましょう。

(関連記事:風俗バイトの身分証は悪用される?提示できなかった時はどうする?

18歳で風俗面接を受けるのに「顔つき身分証」は必須!

風俗で働くのには身分証は必須です。20歳以上なら保険証+本籍入りの住民票」などで受かることもありますが未成年は顔つき身分証が必須。

お店側からすると姉妹で身分証をすり替えてるかも…という疑いが残るからです。有効な身分証は

  • 免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

 

の三点です。さらに高校生ではない!という証明(退学証明・在籍証明など)が必要になります。

まとめ

風俗は18歳以上なら働けるということがわかりましたよね。ただし、高校生を雇っているところは違法点を除いてほぼゼロです。また、高校生なのに積極的に雇おうとすることはかなり危険なので注意してくださいね!