メンズエステの技術習得は楽?難しい?会話で技術不足を回避しよう!

 記事のURLとタイトルをコピーする

メンズエステは、「脱がない・舐めない・触らない・触らせない」の4Nで人気の高収入バイトです。ただし、エステ…ってなんだかしんどそうじゃない?体力がきつそう?といった疑問が出てきますよね。

この記事では、

  • メンズエステの技術習得は楽なのか?
  • メンズエステで学んでおきたい技術とは?
  • メンズエステでリピートを獲得する技術ポイントは?

などについて解説していきます。

メンズエステに技術習得は必要?

まず気になるのはメンズエステで働くのに技術習得は必要?ってところですよね。これに関してはお客さんから料金を頂くのである程度のもみほぐし・鼠径部マッサージなどの一通りの技術を習得しないとお店に出ることが出来ません。

といってもメンズエステのマッサージは資格などがいらないリラクゼーションサービスになります。(関連記事:メンズエステは資格が必要?新人・未経験が押さえておくポイントとは

本格的な資格はいらないし、未経験でもはじめることができます。

メンズエステの技術習得は楽?難しい?

メンズエステの技術習得…と言葉に出すととても難しそうですよね。とても楽には思えません。確かにリラクゼーションは奥深くベテランのセラピストはリピーターを繋げるために日々勉強している方も少なくありません。

しかし、メンズエステには講習や体験入店などで先輩や講師の方が直接仕事の流れを教えてくれる実技講習があります。

(関連記事:メンズエステの講習ってほんとに必要?目指せ売れっ子セラピスト!

(関連記事:メンズエステの面接〜体験入店までの流れを解説!体入後は即入店ってホント?

1・DVDでお仕事の流れを確認

DVDで技術習得やお仕事の流れを確認していきます。だいたい45分程度で終了します。メモを取りながら見るだけなので簡単です。

2・先輩や講師とマッサージの流れを確認

先輩や講師からメンズエステで使用するマッサージを直接教えてもらいます。交互に教えて貰いながら実践していく実技講習になります。

3・体験入店で実技

体験入店で実際に学んだ技術をお客さんを相手にしながら確認していきます。初期の技術習得までは5~6時間なので風俗よりは難易度は高く、一般職よりは楽といっても過言ではないでしょう。上記のように流れを確認しながら行うので普通のアルバイトのレベルをイメージして問題ありません。

メンズエステ初心者が学んでおきたい技術とは

まずは初めてメンズエステに働く【初心者・未経験者】が講習中に学んでおきたい技術を紹介していきます。

初級的なマッサージ(リラクゼーション)の技術

メンズエステのメインはもちろんリラクゼーションマッサージになります。講習中に学んでおきたいのは

1・どこが凝りやすいか?といったポイント

2・どのやり方が気持ちいいか?といったコツ

3・オイルやローション量

4・全体的なお仕事の流れ

5・鼠径部マッサージなどのメンズエステオリジナルマッサージ

この5つは初級で覚えておきたい技術です。揉みほぐしやオイルマッサージは友人や家族などで「エステの資格を勉強している!」などで試すことができます。

しかし、鼠径部を中心のマッサージはなかなか出来ないので特に念入りに教わっておくのがポイントです。

(関連記事:メンズエステマッサージとは|やり方・種類・流れをまとめてみた!

ヌキや本番交渉の回避方法

お客さんが初心者・未経験者に入ると必ず言う決め台詞が「みんなヌイてくれるよ?」「みんな本番しているよ?」といったヌキや本番の交渉です。

もちろんメンズエステは風俗ではないのでそのような裏オプション的なサービスはアウトです。(関連記事:メンズエステの裏オプションって何?絶対にダメな理由と対策法とは

ベテランは断る接客術を持っていますが新人は「どう断って良いのか?」と悩みますよね。

必ずといっていいほど交渉を断る方法を講習で教わります。しかし、人によって断る方法は千差万別。先輩やスタッフに何通りもの意見を聞いて本番やヌキを回避する技術を習得しておきましょう。

基本的な会話術

メンズエステはマッサージだけではなく会話を求めているお客さんが沢山います。しかし、セラピストからすると全く興味のないオジサンがほとんど。言葉に詰まる人も少なくないのです。

そんな時は5W1Hという会話法を使用します。(いつ・なにを・どこで・誰と・なぜ・どのように)

講習で会話のテンプレートも教えてくれるので接客前に前もって準備しておくとスムーズに話ことができるでしょう。

メンズエステでリピート獲得への技術ポイント

メンズエステで数ヶ月以上働いているとある程度の技術は習得できます。しかし、難易度が高くなるのはココからです。

メンズエステはお客さんが何回も足を運ぶことで枠が埋まっていく人気商売。リピーターを常に意識しないといけません。ここからは、中級者・上級者向けのリピート獲得への技術ポイントについて解説していきます。

じらしの心得

リピーターをつけるにはじらしの心得をマスターするのが効果的です。マッサージに緩急をつけピークで終わる・会話でサービスを盛り上げるなど過剰サービスにならないギリギリの範囲でじらしテクニックを心がけてみましょう。

とくに、鼠径部を中心としたディープリンパマッサージを上手に操れるようになるとリピート獲得のチャンスがグンと近づきます。是非チャレンジしてみてくださいね。

時間配分を徹底したサービス

一流のメンズエステセラピストは時間配分が頭の中に叩き込まれています。お客さんがシャワーを浴びている間の準備・一つ一つのプレイ・盛り上がりのポイント…などが体内に染み込んでいるんですね。

時計を見ながらの時間配分だとお客さんも現実世界に引き戻されてしまうので、あくまでナチュラルさが大切。

お客さんも個々で違うサービスを要求してきますが数種類の型の中から「これだ!」というものを探してくる空気を把握する力も鍛えられていきます。

マッサージのクオリティ向上

リラクゼーションといえど中級者レベルになると揉みほぐしやオイルマッサージのクオリティも意識したほうがいいでしょう。実際にメンエスで働きマッサージの資格を入手するセラピストも沢山います。

民間でもメンエスセラピスト達が集まって開く講習会や、講師が教える講習会などが定期的に行われているので参加してみるのもいいでしょう。

マッサージの資格を取得していると卒業後に昼職につきやすいなどさまざまなメリットがあるのも魅力的ですよね。

メンズエステの技術不足は会話で補おう!

メンズエステのマッサージの技術不足は一日では解消できません。まさに日進月歩で亀のようにゆっくりと身についていくイメージです。しかし、接客は待ったなし状態。

マッサージを磨こうと思うと並大抵の努力ではなかなか難しいもの。しかし、会話はどうでしょうか?出勤のときに挨拶するスタッフさんや待機所で他のセラピストにも会いますよね?

そんな時に内輪ネタやお客さんの悪口で盛り上がるのではなく、「どんな会話が誰に受けやすいか?」などチェックしていくと会話術はメキメキと伸びていきます。

マッサージではなく会話を楽しみなお客さんもいるので、接客において会話は立派な技術の一つ。技術不足を補う最大の武器になることを覚えておいて下さいね♪

リボンは大型サイトのように沢山は苦手ですが一人一人丁寧にがモットーのアットホームな求人サイトです。小回りのきくお仕事探しをお手伝いしますのでお気軽にご相談くださいね!

また、ライン登録では最新の求人情報もお伝えしてますので興味のある方はどうぞ♪