2020.11.30

メンズエステで過剰要求!対処方法や回避のコツ教えます!

 記事のURLとタイトルをコピーする

メンズエステは風俗店とは違い、性的なサービスは一切禁止されています。にもかかわらず、メンエスに通うお客さんのなかには過剰要求をして女の子を困らせたり、その要求を呑んで過剰サービスをしてしまう嬢も。

この記事では、メンズエステで過剰接客にあたるサービスや過剰要求を上手に対処・回避する方法などをご紹介。過剰サービスに悩まされるメンエス嬢にとって役立つ情報をまとめてみました。

メンズエステの過剰要求とは

そもそもメンズエステでの過剰要求とは、男性がお店のルールを知らずに行うパターンと、お店の利用規約を知っているにもかかわらず要求してくるパターンがあります。

店舗によっては事前に利用規約を読んでもらい契約書にサインをすることもありますが、スタッフからの口頭説明だけはコンセプトを十分に理解していないことも。男性が知らずに性的なサービスを過剰要求しているのであれば、風俗店との違いをきちんと説明すればあまり問題はありません。

いちばん厄介なのは、ルールや規則を知っているにもかかわらず故意に性的サービスを要求してくるパターンです。

非風俗のメンズエステと分かっていて女性と交渉して過剰サービスを得たいという男性も一定数いますし、施術中にムラムラと興奮して欲に負けてしまう方もいます。禁止事項を知っていて強要してくる男性や、断ってもしつこく要求してくる男性は『確信犯』なので完全にアウトです。(関連記事:グレーな非風俗メンズエステ|違法な性的サービスは本当にないのか?!

メンズエステで過剰要求サービスとは

メンズエステの主なサービスはアロマオイルやベビーパウダーを用いたマッサージ、指圧やストレッチ、リンパ流しなどのマッサージが主な施術内容です。マッサージ中は男性の身体に密着して行うこともあれば、”鼠径部”と呼ばれる太ももの付け根を重点的にマッサージすることもあるため、性的な印象を持たれやすいこともあります。

(関連記事:メンズエステマッサージとは|やり方・種類・流れをまとめてみた!

ただし、「男性の陰部を触る」「男性から触られる」「衣装を脱ぐ」などの行為はお店のルールに反するだけでなく、立派な法律違反です。

メンズエステの主な施術サービスと違反行為

女性側から男性への行為 男性側から女性への行為
裸になる、服を脱ぐ × 〇(紙パンツ着用)
マッサージをする ×
身体を密着させる ×
フェラチオ × ×
手コキ × ×
キス × ×
セックス × ×

女性側からの行為では「マッサージ」と「密着する」程度のサービスしか許されません。

ここで注目したいのが、手コキやフェラチオをしていないにもかかわらず射精に至ってしまう男性のケースです。

メンエスで男性が射精してしまう理由はこちらの記事に詳しくまとめていますので、過剰サービスとの違いを見比べてみるとより理解出来るかと思います。

メンズエステで過剰サービスするメリットとは

過剰サービスを行えば喜ぶ男性がいるということは、裏を返せばリピーターやチップの獲得になりそうな話ですよね。結論からいえば、過剰要求に応えても自分へのメリットには一切なりません。

一見すると男性から喜ばれそうなサービスですが、全ての男性があわよくば性的な行為をしたいと思っている訳ではありません。同じ金額を払えば性的なサービスを行ってくれる風俗店はたくさんありますし、すぐに過剰をするとお客さんからあっさりと飽きられることもあります。

そればかりか、メンズエステ店では行き過ぎたサービスを行うことによって生じるデメリットのほうが多いのです。

メンズエステで過剰サービスするデメリットとは

性的なサービスが禁止されているメンズエステでは、健全な営業を行っているお店側からすればリスクしかありません。

在籍している他のメンエス嬢も同じような要求をされるのを嫌がり、ルール違反の噂は自分の知らないところで広がり、告発を受けてクビ宣告されることも。お店のスタッフも一般客を装って抜き打ち調査をするケースも多いので、過剰なサービスをこっそりやっていてもすぐにバレてしまいます。

特にフェラチオやキスなどは性病感染の危険性もあるので、一時的に儲けることが出来ても病気で働けなくなっては収入もなくなってしまいます。

メンエスでの過剰要求に応じたり、自分から行き過ぎたサービスを行うことは「百害あって一利なし」といえるでしょう。

メンズエステで過剰要求された時の対処法

特にメンズエステ初心者の女性が陥りやすいトラブルで、過剰要求を上手く断れず泣く泣く応じるケースもあります。「〇〇ちゃんはやってくれたよ」などの誘いにも応じる必要は一切ないので、上手な断り方をマスターしておきましょう。

「お触り禁止です」というダイレクトな言い方は嫌われてしまいますし、逆恨みを買ってしまいかねません。

お触りを求められた時はあくまで優しい口調を忘れずに、いったんは相手の言い分に嘘でも共感して

「触りたいと言ってもらえるほど気に入ってもらえて嬉しいです。」
「でも時間いっぱいマッサージでご奉仕したいので、我慢してくださいね。」

断る言葉にワンクッション共感の言葉を添えて伝えてみましょう。何度断っても伝わらないようであればスタッフに助けを求めますが、トラブルにもなりかねないためできるだけ納得してもらうようにできればプロのセラピストの仲間入りです。

メンズエステの過剰要求を事前に回避するコツ

過剰要求されない手段として、そもそも要求をされないような空間づくりやサービスの工夫も大切な仕事です。
心理テクニックを使った過剰要求の回避方法は身に着ければ誰でも簡単に施術に取り入れることができる接客術なので参考にしてみてくださいね。

「過剰要求しない人」の固定概念を植え付ける

『ラベリング効果』という心理学の言葉を聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか?

一番広く知られている例でいえば、【トイレをいつも清潔に使っていただきありがとうございます】という張り紙。相手がキレイに使うことを前提に伝えることで、相手はいい意味で”トイレを清潔に使う人”のレッテルを貼られる気持ちになり、自然と行動してしまうという心理術です。

ラベリング効果を使った工夫はビジネスシーンなど幅広く使われるテクニックで、もちろんメンズエステのお客さんに対しても応用できます。

  • 〇〇さんは触ってくるような人じゃなくて嬉しい。
  • ”抜いて”って言わなさそうだから安心してマッサージできます。
  • 過剰な要求をしないような優しい人で良かった

事前に「過剰要求をしない人」のラベルを相手に張り、心理的に要求しづらい雰囲気を作ってみましょう!

お客さんをマグロにさせるマッサージ心理術

マッサージのやり方によってもお客さんからの過剰なリクエストを回避することができます。

女の子の身体を触ろうとするお客さんには手先や腕のマッサージを一定間隔で行い、”手を動かしてはいけない雰囲気作り”をしてみましょう。「下手に動くとマッサージが止まってしまう」と思わせることで、気軽に手や腕を動かせなくなってしまう心理的テクニックです。

特に手のひらや指先に隙を与えると胸やお尻など手近なパーツを触られてしまいます。片方の手で腕をマッサージし、もう片方の手は恋人つなぎでガードすれば、相手の手の稼働範囲を制限できますよ!

メンエスで過剰サービスするなら〇〇したほうが良い理由

メンズエステセラピストのあなたがもしも既に過剰サービスをしているのであれば、思い切って転職をしてみるのも検討してみてください。お店にバレるリスクや性病を貰うかもしれない不安のなか働くよりも、自分ができることを活かせる仕事に移籍するほうが結果的に良い場合もあるのです。

Ribbonでは、あなたの【できること】や【できないこと】に合わせた女性専門の高収入バイトをマッチングしています。自分のスキルを最大限活かして高収入のお仕事で稼ぎたいという方はぜひご相談くださいね!

まとめ

メンズエステ店では性的なサービスを過剰に要求されることもありますが、法律上の違法行為にあたるため必ず断る必要があります。

事前に回避する方法や心理テクニックを使って、過剰サービスを【しない】【強要されない】ように意識してみましょう。