2020.12.18

メンズエステが裏風俗化|警察に摘発?!逮捕者も出ているってホント?

 記事のURLとタイトルをコピーする

ネットニュースを眺めていると「メンズエステ店の経営者逮捕」「メンズエステ違法サービスで事情聴取」といった記事を見かけることはありませんか?! メンズエステって怖いところなんだ。 と勘違いしても仕方がない記事の書き方が多いのも事実です。

メンズエステは非風俗なので性的サービスは一切ありません。ではなぜこういった悪徳メンズエステが逮捕されるのでしょうか?

実はメンズエステの裏風俗化が深刻な問題になっています。 この記事ではメンズエステと裏風俗の関係性について解説していきたいと思います。

裏風俗ってなに?

裏風俗とは性風俗関連特殊営業などの営業届を公安委員会に提出せずに国に認められてない違法風俗店舗のことを指します。例えばよく知られる裏風俗ではちょんの間や本番サロンが知られています。

利用者や従業員などに関わらずトラブルが多く、警察の検挙対象にもなります。 ヘルスサービスだけでなく本番サービスや援助交際を彷彿させるような プレイが行われることも少なくありません。 

メンズエステの裏風俗ってどんなところ?

では、メンズエステの裏風俗ってどんなところなんでしょうか?詳しく調べてみました。

ヌキや本番など違法サービスのオンパレード 

裏風俗メンズエステのサービス内容ですが正規のメンズエステ店で行われるようなリラクゼーションサービスは一切ありません。

マッサージやもみほぐしではなく性行為がメインになります。 似ているお店として裏オプションとして本番サービスをしている違法メンズエステ店があがります。(関連記事:メンズエステの裏オプションって何?絶対にダメな理由と対策法とは

違法メンエスと裏風俗メンエスの違いはメンズエステの看板を掲げて集客しているかどうかです。裏風俗メンエスはそもそも届出のみメンズエステでお店を大々的にお店を営業していることはほとんどありません、。

マンションのワンルームで経営している非合法風俗

主にメンズエステの裏風俗はワンルームなどマンションの一室を借りて運営しています。マンション型のメンズエステに似ていますが、サービスは全くの別物です。(関連記事:メンズエステの種類|店舗型・派遣型・マンション型のどこで働く?

また集客方法も独特でメンズエステとして表立って経営しているわけではなく、マッチングアプリや出会い系サイトを利用して「女の子の自宅」「女の子のプライベート空間」として一般男性を売春の目的で誘い出すといった行為が行われることがよくあるようです。

お店の届けをメンズエステとして提出している

一時期は無許可のデリヘルが本デリとして様々なネットツールを駆使し一般男性を勧誘することが流行しました。しかし、営業方法が一般の方にも大きく知れ渡り素人女性を好む男性等の理由客は激減。そこで現れたのが裏風俗メンズエステです。

裏風俗メンズエステでは基本的に女性はセラピストではなく一般の素人を演じて接客するのです。

メンズエステの裏風俗は警察に摘発されるってホント?

メンズエステの裏風俗と知らずに働いていても警察にお店が摘発されてしまうことはあるのでしょうか?

新聞やニュースで摘発が話題になってる

新聞やニュースでもメンズエステの裏風俗は格好のゴシップネタになっています。メンズエステ自体が衣装がセクシーで個室接客がメインのため誤解されやすいサービスということも関係しているのかもしれません。

メンズエステ裏風俗とメンズエステは全く関係がないことも多々あるのですが、届出がメンズエステ店のためそういった悪い印象が加速しているようです。もちろん裏風俗メンズエステは違法サービスなため警察に摘発されます。

経営者は逮捕者も続出している

また経営者は売春を管理していたとして逮捕されているケースも多々あります。「警察に絶対ばれやしない」「誰もが裏オプションをやっている」などの 甘い誘惑には絶対乗らないようにしましょう。 キャストも事情聴取や買春をした当事者として警察署に連れて行かれることもあるので気をつけましょう。

要注意!メンズエステ裏風俗のキャストの集め方とは

メンズエステ裏風俗は集客の仕方も独特です。もちろん違法サービスなので一般的な求人サイトやスカウトなどは取り扱っておりません。拠点がない逃げやすいインターネット上でのやり取りが主流なようです。

TwitterなどのSNS 

悪徳業者はSNSのアカウントを多用する傾向にあります。Twitterは本人確認のためSMS認証が必要ですがネット上でアカウントがよく売買されています。時には同業者の風俗嬢を装ったり、スカウトとして破格な求人を出したりといった様々な集客方法でキャストを勧誘しているようです。

詳しい手口は (関連記事:Twitterで風俗のネットスカウト!?公式マークのなりすましとは)にて細かく説明しています。

出会い系サイト・マッチングアプリ

出会い系サイトやマッチングアプリなどパパ活女子を狙って「高額の報酬でアルバイトしない?」といった勧誘も増えています。「メンズエステだから大丈夫」など安全性を確保しているような口ぶりで違法店舗へと紹介する悪徳ネットスカウトも後を絶ちません。

共通しているのはありえないぐらいの高額なバックを提示することです。

インフルエンサーを買収して宣伝する 

またインフルエンサーを2万円から3万円といった価格で買収し、宣伝してもらうこともあります。有名なスカウトマンや風俗嬢の紹介だからと安心していると痛い目を見ることもあります。必ず店舗が実在するかどうか確認を取り、対抗策を考えましょう。

メンズエステは非風俗なので性的サービスは一切ありません!

メンズエステは非風俗なので性的サービスは認められていません。(関連記事:グレーな非風俗メンズエステ|違法な性的サービスは本当にないのか?!

そもそも違法サービスが見つかってしまうとお店が 警察に目を付けられ、最悪の場合は営業停止にもなりかねません。一般的な経営者は広告費や店舗運営費にお金をかけているため営業停止は絶対に避けたいところ。

そういった違法店は一時的に稼げても必ずと言っていいほど最後には潰れてしまいます。またそもそもが違法行為なので継続的に稼ぐことはほとんど不可能です。また、最悪の場合自分に火の粉が降ってくることも容易に考えられます。

違法サービスに手を出さなくても合法でも十分収入を得る方法はナイトワークでは少なくありません。お店選びいや稼げる業種・稼げない業種を間違うことなく判断することが大切です。

リボンではお店選びのサポートをお手伝いさせて頂いております。どんな些細な悩みでも相談に乗りますので気軽にご連絡くださいね♪